2018年04月03日

立てば筋痛座れば筋痛

歩く姿は生まれたての鹿。




  

Posted by いのうえさきこ at 22:42runabout

2018年04月02日

陸王杯 第34回行田市鉄剣マラソン大会

帰ってから爆睡してしまい、はからずも日記更新をサボってしまいましたが、
「陸王杯 第34回行田市鉄剣マラソン大会」無事完走しました。



記録は2時間9分38秒。
結果から言うとナイスラン!とはいかなかった。
「練習不足」
この一言につきる。

桜舞い散る緑道も勇壮な古墳群も、アップダウンのほぼないフラットなコースも、暑かったけどさわやかな気候も、すべてすべて最高に走りやすいすばらしい大会だったのに、途中トロトロ歩いてしまってこの結果。
前半14キロメートルぐらいまではキロ5分30〜40秒ペースで走っていたので「初のハーフ2時間切りいけるかも!」と欲をかいたのもよくなかった。
一度脚を止めてしまうと、もうあとはずるずると歩いたり走ったりの繰り返し。
道路脇で応援してくれていた行田マダムたちと
「大阪から来たの?」
(OSAKAとでかでか書かれた昨年の大阪マラソンのTシャツを着ていた)
「東京なんですよー」
「でも関西の方でしょ?」
(なんで一言で関西弁がバレるのでしょうか)
「ええ。でももう18年東京に住んでるんですよー」
という埒のあかない会話を楽しむまでにスローダウン。

私がマラソン大会に出る最大の理由は
「マラソン大会がなければ行かなかった土地」を
「いろんな人と楽しく走る」
ことなので、タイムはさほどでなくても(まあくやしいけど)いいのですが、ゴール残り5キロがつらくてつらくてヘロヘロだったのが自分でも思いのほか堪えています。

楽しく走るためには地道な走り込みをしなくてはいけない。
いい絵を描く為にはデッサンを繰り返さねばいけない。みたいなもんでしょうか。

個人的に悔いは残りましたが、運営もスムーズで快適。
とってもいい街、とてもいい大会でした「行田市鉄剣マラソン大会」。


桜吹雪が舞い散るベストタイミング。このへんまでは非常に快適でした。


鉄剣が出土されたという稲荷山古墳。形状がかわいい。


ドラマ「陸王」で足袋メーカー「こはぜ屋」さんが着ていた法被を着て走るランナー。
大会に出る理由のひとつに、たくさんの人のフォームを観察できるというのがありますが、この方、理想的な走りでした。すぐ離されましたが。

そしてアフターランは赤羽にて



ラム肉で健康的にプロテイン補給です。
もちろん筋肉を破壊するビール生中3杯もセットです。

汗臭い上にジンギスカン臭をたっぷりまとって店移動。


七田しちだ 純米おりがらみ 無濾過生(佐賀/天山酒造)


而今じこん (三重/木屋正酒造 )


春霞はるかすみ 純米瓶囲い 花ラベル (秋田/栗林酒造)

21キロ走ってついた筋肉をすべてプラマイゼロにしたような気がしますが、後悔はしていません。

すべてはおいしいお酒のために!
  

Posted by いのうえさきこ at 13:52runabout

2018年03月31日

お帰りなさい上原浩治

巨人・上原浩治のロッカーは、ロッカールームの一番奥にあって「コージーコーナー」と呼ばれているらしいです。
で、その隣のロッカーはエース菅野の定位置。

かつて19番をつけていた男が戻って来て、いま19番をつけている男と並んでいます。
この「コージーコーナー」がある限り、巨人ファンに甘い夢を見させてくれるかもしれない、と思ってしまうのです。


  

Posted by いのうえさきこ at 23:10常なる日々

2018年03月30日

酒と米の日々

母から面妖な形状の荷物が届きました。


クロネコさん(画像見たらJPさんでした)が
「重いですよ。絶対持ち上げられないと思いますよ」
と深刻な顔で言うので床に置いてもらいましたが、
予想通りビクともしないので玄関で開封作業。

まずはやはりこの突起部分を…

おおお!


わああ!


一升瓶の緩衝剤に米。

お母さん、なんという富豪っぷり(いや食べるんだけど)。


お米を掘っていくとかわいい紅茶缶出現。
姪のイギリス短期留学土産だそうな。
餞別も渡していない情けない伯母に、優秀な姪がいたものだわ。
ありがとう、おいしくいただくわね。


というわけで


「宗玄 しぼりたて生原酒」は兄から。
実家のお米みずかがみ(ぴかぴかもちもち冷めてもおいしいニューフェイス近江米)は両親から。
紅茶は姪から。

しばらく強く生きていけそうです。
  

Posted by いのうえさきこ at 22:16常なる日々

2018年03月29日

妹尾和夫のパラダイスKYOTO

明日30日(金)『妹尾和夫のパラダイスKYOTO』という番組に
『ヤバい生きもの』(集英社みらい文庫)の著者・小野寺佑紀氏と監修の大西信弘先生が出演し
「ヤバい」系生きものについて30分語りまくるそうです。



関西の方限定になってしまいますが、生きもの愛にあふれたおふたりのマニアックな生きもの電波を、ぜひ受け止めてください!
radikoプレミアム会員の方ならネットのエリアフリーで聴けると思います。

妹尾和夫のパラダイスKYOTO
(毎週金曜10時〜12時/12時30分〜13時55分オンエアー)

出演は午前11時頃かららしいですよ。  

Posted by いのうえさきこ at 20:02常なる日々

2018年03月28日

主役にならなくたっていいじゃないか




  

Posted by いのうえさきこ at 18:24常なる日々

2018年03月27日

キノコ財布効果いきなり

金の詰め物をしていた奥歯が欠けたのでしぶしぶ歯医者に行ったら、
患者に人気でいつもは担当してもらえない大先生が見てくれ
「せっかくなんでジルコニアのクラウンにする?
5年の保証期間内なのでタダで入れるよ」と。



ネットで検索したんですがジルコニアのクラウンって一本10万〜20万が相場らしいですよ!

もちろん私に異存があるわけもなく。
帰り受付で、それまで歯に詰めていた金を持って帰るかどうか聞かれたとき
「そちらで処分しておいてください」
と余裕の笑顔で答えられたのも、すべてこのジルコニアクラウンのおかげ。

自分がわかりやすく現金になった瞬間を目の当たりにしたのでした。
  

Posted by いのうえさきこ at 23:59常なる日々

2018年03月26日

人類は菌類

『ヤバい生きもの』(小野寺佑紀著 集英社みらい文庫)の仕事で
ウシグソヒトヨタケを描いたのですが。

こんなん。

その名の通り牛の糞に生える糞生菌と呼ばれるキノコです。
彼らの人生はウンチから始まりウンチで終わる。
キノコから飛んだ胞子が風にのって草にひっつき、さらにその草を牛が食べ、胃や腸で刺激されることによって芽が出やすくなった胞子が糞と共に外に出た後、この糞生菌がにょきにょき生えてくるというしくみ。
ときにはひとつの糞から何種類ものキノコが生えてくることもあるとか。

菌類がいなければ、多くのうんちはうんちのまま、森の朽ち木や落ち葉もそのまんまになってたまる一方だ。
これらが分解されて、豊かな土地になっているのは、きのこたち、菌類のおかげなんだ。

(『ヤバい生きもの』より)

毎日食べて消化して糞を出し、出たあとは自然に還り肥料となり、またそこから栄養をいただく。
キノコすごいなあ〜という気持ちが高まり、こんな財布を買ってしまいました。


めっちゃかわいい。

今のところ出て行く一方のキノコ財布ですが、
いつかまたここに帰ってきてくれることだけは間違いないのです。
  

Posted by いのうえさきこ at 23:34常なる日々

2018年03月25日

圧縮!西郷どん

まだアップはされていませんが、『圧縮!西郷どん』次回いよいよ最終回です。
右肘をひきつらせつつ描いた西南戦争と西郷さんの最期、
自分で描いておきながらいま思い出してもちょっと泣けます。
我ながら安上がりです。

で、次回が最終回ではあるのですが、いまちょっとした西郷さんエピソード漫画を描いてます。



愛加那タンも登場予定。
ご覧いただけるようになったらまた告知いたします。
よろしくお願いします。

  

Posted by いのうえさきこ at 23:29お仕事

2018年03月24日

闇鍋音楽祭2018

ソウル・フラワー・ユニオンが毎年3月にゲストバンドを呼んで開催されるライブイベント「闇鍋音楽祭」。



今年のゲストは怒髪天ということで、めいっぱい踊らされてきました。

聴くと踊らされるのだけど、ソウル・フラワー・ユニオンのVo.中川敬という男は徹頭徹尾
「力を持つ人間の都合のいいほうに踊らされるんじゃないよ」
としゃがれ声で歌い続けるソウルシンガーでありパンクロッカー。
ニューエスト・モデル時代に中川の声と歌詞の力に打ちのめされて以来30年、彼のやっぱり変わらないスタンスを確認したライブでした。

怒髪天のVo.増子兄ィ曰く

「音楽がやりたくて音楽をしてる人間は多いけど
中川君は言いたいことがあって音楽をしている人」


どちらがいいとか悪いとかではなく、この両者にはロックミュージックをやる上で大きな違いがあるんだなあ。

私のゼッケンナンバーをぜひ中川に捧げたい!



と思った夜でした。

  

Posted by いのうえさきこ at 23:59ライブ

2018年03月23日

古墳に土器土器

来週4月1日にこれ走ります。



『陸王杯 第34回行田市鉄剣マラソン大会』
池井戸潤原作小説でTVドラマ化もされた『陸王』の舞台になり、足袋の最大生産地でもあった埼玉県行田市で行われるハーフマラソン大会です。

「陸王杯」とついているのはもちろんドラマ化の影響なのですが、もう34回も続いている歴史あるマラソン大会ですし、さきたま古墳群の周囲をまったりと走る風光明媚なコースがランナーにも好評らしく、いまから非常に楽しみなのです。
さらに優勝者にはオリジナル「土器カップ」が手渡されるらしく。
マラソンで入賞とか優勝にからんだことは一度もないし、もちろん目指そうとも思えないレベルなのですが、今回はかなりうらやましい。

ちなみに郵送されてきたゼッケンナンバーは2436

語呂合わせとして有名なのはこちら↓でしょうが



私は当日こっち↓のスタンスでのぞみたいと思います。



がんばれ私!
  

Posted by いのうえさきこ at 22:36runabout

2018年03月22日

餅論

桜餅を買おうとしてこっちを買ってしまった。
山正製菓の杵つきおもちバー
本拠地は徳島のようです。



アイスキャンディーにしか見えませんが、米粉で作られたおもちです。
ついつい無難な味を選んでしまいましたが、きな粉もあずきもいいあんばいの甘さで
もちろんもちだからもっちもち。

肉を食べるとアグレッシブになりがちですが
もちはどこまでもピースフルな食べ物です。  

Posted by いのうえさきこ at 22:26常なる日々

2018年03月21日

You know me.

「だじゃれはビジネスでやってるだけなんでしょ?」
とたまに言われます。



煮詰まったときはこの↓だじゃれ湯のみでお茶を飲み肩の力を抜くのです。



  

Posted by いのうえさきこ at 23:21常なる日々

2018年03月20日

本日の最高気温8℃(前日比−10℃)



明日はさらに2℃下がるらしいです。  

Posted by いのうえさきこ at 14:53常なる日々

2018年03月19日

鮒寿司はちみつトースト

アルザスのチーズ&シュークルートを愛するY女史に教えてもらったこちらの↓記事。

琵琶湖の伝統食ふなずしをアレンジした「ふなずしサンド」が食べられる!滋賀県野洲市『ビワコドーターズ』

鮒寿司とチーズと自家製チャバタパンのサンドとな!
いやそりゃこれはおいしいでしょう。
鮒寿司もチーズも発酵食品の人気の双璧(たぶん)、どちらがキングかクイーンか。うまくないわけがないですよ。
あいにく今うちにはチーズが皆無だけども、鮒寿司の存在自体がチーズみたいなものなのだから鮒寿司のみでいけるでしょう。
ということでマネして作ってみました。

我が家の冷凍室にお宝のように眠っている自家製鮒寿司を
うやうやしく取り出し


ファミマの食パンを軽くトーストさせた上に雪印のバターをのせ
自家製鮒寿司の卵たっぷりのおいしいとこをオン!

うちにはトースターがないのでフライパンで蓋をして焼きます。

思い立って成城石井のセールで買ったはちみつをたらーり。


記事のお店に比べると食材のグレードがかなり下がっている上に、
マネというわりには別物の食べ物になってしまいましたが、気にせずいただきます。


………いや、だいたい予想はしていましたが


鮒寿司のくさ酸っぱしょっぱいテイストと、はちみつの甘みと、パンの糖質がからみあい、
庶民の食材が、本格クワトロフォルマッジ的な何かに!
(語彙が少なくてすみません)。
細胞が若返り、ちょっと美人になってしまうほどの旨さです。

ブログ更新再開からじわりじわりとカテゴリを増やしてきましたが、
本日からさらに「ふなずし」項目を追記することにしました。
よろしくお願いします。
  

Posted by いのうえさきこ at 19:26ふなずし

2018年03月18日

今日見たわんこ

いや自分は毎日してるんだけど、ご主人様にされるとなんかつらい。



みたいな顔でうなだれてました。

  

Posted by いのうえさきこ at 23:16常なる日々

2018年03月17日

『アンナチュラル』

今クールで一番ハマって観ていたTVドラマ『アンナチュラル』(TBS系)最終回。

『図書館戦争』 『空飛ぶ広報室』 『重版出来!』 を書いた野木亜紀子脚本なので面白いことはわかっていたし、基本悪いキャラが出ないこともわかっていましたが、最後までものすごく面白かった。

大杉蓮が亡くなったタイミングともあいまって話題にもなりましたが、
やはり心に残ったのはUDIラボ所長を演じる松重豊のこのセリフ。


死ぬのにいい人も悪い人もない。
たまたま命を落とすんです。
そして私達はたまたま生きている。
たまたま生きている私達は、
死を忌まわしいものにしてはいけないんです。




ゴシップ週刊誌編集長(池田鉄洋)が、最後にジャーナリストとしての矜持を見せたのも良かった。

続編を熱く希望します。
  

Posted by いのうえさきこ at 13:26常なる日々

2018年03月16日

咲くRUN

ジョギング途中の新宿中央公園で今年の初桜。



この後けっこうな冷たい雨にふられ、かといって中年の脚力ではダッシュで帰ることもかなわず、泣き濡れながら帰りました。  

Posted by いのうえさきこ at 19:18runabout

2018年03月15日

甘い辛い酸っぱい

店名の意味はタイ語で「3つの味」。
新宿のタイ料理店「サームロット」で、ナガハマ先生と共に甘い辛い酸っぱいものを食べながら、文字通り甘い辛い酸っぱい話しをしてきました。



ソムタムの種類がものすごく充実していたのでまた別種を食べに行きたい






生きてると一筋縄でいかないことだらけですが「甘い辛い酸っぱい」がたくさんある人生はきっと面白いし、本日も「おいしい・お腹いっぱい・楽しかった」が着地点です。

  

Posted by いのうえさきこ at 23:59常なる日々

2018年03月14日

慣性の法則こそ完走の法則

年に1、2回フルマラソンを走るようになってわかったことがあります。

しんどくなって途中で脚を止めると、



次走り出すときはそれ以上にしんどい。



そりゃそうですよね。
車は走り始めるとき、
機械は動かし始めるとき、
仕事はとりかかるときに一番エネルギーを使うものですし。

2月13日に告知ブログを書いてから(一日休みましたが)毎日更新し続けて一か月。
毎日書いてみると、とぎれとぎれに書いていたときより
むしろ楽しく書けているというこの事実。

マラソンと違ってブログにこれといったゴールはないし
死ぬまで書くわけにもいかないのですが、



毎日更新はもうしばらく続けてみます。
私の周囲半径5mほどのミニマルな内容ですが、よければこれからもおつきあいください。
  

Posted by いのうえさきこ at 23:37常なる日々