2010年04月08日

『薔薇とサムライ』

新感線RX公演『薔薇とサムライ』で赤坂ACTシアター。

どうにもこうにもいろんな予定が滞っている日常のなかで、体にたまっていたオリが一気に流れ去ったかのような痛快活劇。
すんごく面白くて「もうあんまり深く考えなくもていーや!」と思えるほどに楽しかった。

『五右衛門ロック』から続くオタ的小ネタや乙女爆弾が随所に仕込んであって、心のいたるところではじけまくり。
天海祐希はひたすらかっこいいし、古田新太は太ってても輝いてるし、橋本じゅんは激キュートだし、浦井健治 はいいキャラ立ちだし、お客さんはもうやったらみんな笑顔だし。
休憩はさんで3時間半があっという間。

あまみんのオスカル姿が観られたのもよかったなあ。

宝塚版はデコ全開ヅラだったと思うが、原作は前髪の中央ちょろり垂れがセクスィーなのだ。

しかし久々に描いたらヘタになってて愕然だ。
そしてやっぱり『薔薇』が進歩していない。
ここが少女漫画家とポンチ絵描きの超えられない壁というやつか。

蛇足ですが『ゲゲゲの女房』いいです。
『ちりとてちん』以来のわくわく感。
連ドラが楽しいと、毎日がこんなにも楽しいとは。

同じカテゴリー(常なる日々)の記事画像
中年からの缶バッジコーデ
逃げの小五郎
真夏の昼の夢
レイクブルーの夏
麒麟
ミラステ
同じカテゴリー(常なる日々)の記事
 中年からの缶バッジコーデ (2018-08-20 23:36)
 逃げの小五郎 (2018-08-19 22:31)
 真夏の昼の夢 (2018-08-18 18:08)
 レイクブルーの夏 (2018-08-17 23:59)
 麒麟 (2018-08-16 23:59)
 ミラステ (2018-08-15 23:59)

Posted by いのうえさきこ at 23:59 │常なる日々