2010年01月14日

土俵際

大相撲一月場所四日目に行って参りました。

今回もT書店のご招待。
しかも重鎮K先生ご夫妻&編集M女史と共に枡席A。
ご夫婦ともども大の相撲ファンで、おふたりの解説(夫婦漫才風味)を聞きつつ生相撲観戦という、なんともゴージャスな席です。

千代大海が引退を決意した翌日の4日目。
一足お先に到着されていたK先生奥様が、挨拶回りに訪れた千代大海本人とも遭遇したとのこと。
デジカメに残された千代大海本人の背中に勝負師の悲哀がにじみ出ていて、ふいに胸をつかれました。

取り組み後、同じく両国にある「割烹 吉葉」で編集O氏と編集Mちゃんと合流。
このお店、リアルサイズ土俵が店の中央にでーん!と鎮座していて、この日は土俵際に4つだけしつらえられた特別席で、生の相撲甚句を聞きながら、ぷりぷりの刺身桶としみしみのみそちゃんこ鍋と熱燗を堪能。

実際に店の土俵に立ってみて感じたことですが、TVで観て想像していたより、実際の土俵は思いのほか小さい。
ここで巨体の力士ふたりが激闘を繰り広げるのだから、相撲って想像するだにすさまじいスポーツだよなあ。

で、そんな豪華席で交わした会話は、最終的に私の土俵際人生というしょぼいテーマになってしまい。
ええ、同席してくださった皆様、貧乏くさい話しちゃって本当にすみません。

アグレッシブに取りにいくのも、ねばりにねばって逆転するのも同じ勝ち。
そしてたまには

神様どうぞよろしくお願いします。

吉葉で買った相撲四十八手手ぬぐい。

決まり手はもひとつよくわかりませんが、かわいい。


同じカテゴリー(常なる日々)の記事画像
かゆい
はじめての手術
おいしいじゃんかスネジャンカ
僥倖
カーネーション
『夜廻り猫』
同じカテゴリー(常なる日々)の記事
 かゆい (2018-06-24 23:04)
 はじめての手術 (2018-06-23 19:08)
 おいしいじゃんかスネジャンカ (2018-06-22 23:14)
 僥倖 (2018-06-21 23:46)
 カーネーション (2018-06-19 23:24)
 『夜廻り猫』 (2018-06-18 01:50)

Posted by いのうえさきこ at 14:33 │常なる日々