2010年01月04日

あけましておめでとうございます

今年はこんな漫画を年賀状に入れてみました。



早めに印刷して用意していたにもかかわらず、宛名を書いたのがようやっと年末年始、何も考えずにハガキを買い、何も考えず書き始めたせいで、いざとなったら全然枚数が足りなくて途方にくれて日が暮れて、そうこうしているうちにもう4日。

漫画の内容にまったく矛盾しない、すばらしい年明けでございます。
基本、去年年賀状をいただいた方にしか出せていません。お正月早々非礼をお許しください…

昨年末は大阪時代、共に事務所を借りていた仲間とちゃんこ鍋を囲んだ恒例忘年会。
みんな結婚していたり、子供が生まれていたり、子供が育っていたり、家買ってたり、大人になってたり。
私だけが同じ場所を足踏みしているようで「これでいいのか?」と反省してみたり。

でもみんなニコニコしてて、楽しかったなあ。もっと喋りたかったなあ。
とか帰りの電車で思っていたら。
お酒を飲んだせいもあって、電車のなかでじわーっときてしもうた。
これがトシってやつか。

年末年始は姪と甥といっしょに紅白観たり、お雑煮を食べたり、お参りに行ったり、餅まきに熱くなったりのお正月ざんまい。
こちらも半年ぶりの再会で、すさまじい成長っぷりがまぶしすぎる。
小学三年生の姪の勉強にもつきあっていたのだが、分数計算や国語の文章問題が一瞬わからなくなりめまい。
子供の無限の体力にもすでについていけず、ときおり見せる二人の、ヨボったおばちゃんを気遣うような表情に気づいてまたも涙目。

さらに母方の従兄弟が「ヤングチャンピオン」(「倒れるときは前のめり」無理矢理好評連載中!)をこっそり購読していて(幻聴でなければ褒めて)くれてたことを、正月のおよばれに行っていた母と兄づてに聞く。

変わっていないつもりでいて、いろいろ変わっているのだなあ。
周りの人がどれだけ私にやさしくしてくれていたか、東京に来てよりいっそうわかった気がする。

今年は上京して10年め。
(私の漫画を読んでくれるような)やさしい人々が、少しでも楽しい気持ちになれるような漫画が描きたい。

今年もどうぞよろしくお願いします。

同じカテゴリー(常なる日々)の記事画像
かゆい
はじめての手術
おいしいじゃんかスネジャンカ
僥倖
カーネーション
『夜廻り猫』
同じカテゴリー(常なる日々)の記事
 かゆい (2018-06-24 23:04)
 はじめての手術 (2018-06-23 19:08)
 おいしいじゃんかスネジャンカ (2018-06-22 23:14)
 僥倖 (2018-06-21 23:46)
 カーネーション (2018-06-19 23:24)
 『夜廻り猫』 (2018-06-18 01:50)

Posted by いのうえさきこ at 18:11 │常なる日々