2009年10月10日

『食わせろ! 県民メシ 47都道府県のお国自慢グルメ 』

久々に更新しようとPV数などをのぞいてみたら、わずかながらも一定数の方がのぞきに来てくださっていたようで、ただいま盛大にうれし泣き中のいのうえです。

トップに脳みそ画像を置きまま半年以上放置したことも、今となっては反省できない自分のつるつる脳への暗示だったのかと思ったりもしましたが、もちろんそんな意図はさらさらなく。


ごぶさたしておりました。

このような共著本がもうすぐ書店に並びます。

『食わせろ! 県民メシ 47都道府県のお国自慢グルメ 』
(文:永濱敬子 漫画:いのうえさきこ 発売:講談社 税込1050円)


ISBN-10: 4062157780
ISBN-13: 978-4062157780

中身は『まんがライフオリジナル』(竹書房)にて、足掛け4年連載していたものをまとめたもの。
全国47都道府県の名物料理と呼ばれるものを食べ歩いた(とはいえほぼ都内調達ですが)、血と汗と編集経費の縛りと胃袋のせめぎあいの軌跡です。

数年前の漫画になるので、今読み返すと自分的にはこっぱずかしい部分も多々あるのですが、この連載の取材自体はひたすら楽しかった思い出しかありません。

偉丈夫ならぬ胃丈夫・ナガハマ先生、連載当時の担当編集N女史、そして私の女3人で、各県の郷土料理を堪能しながらああだこうだと語り合う。
気の合う、そして胃袋の合う人間と同じ料理を囲んでおしゃべりすることほど楽しく幸せなことは、そうそうないような気がします。


ちら見せ。

子供の頃はなんとも思わなかった地味〜な郷土の味も、大人になって食べると不思議な懐かしさと、他県の人間には説明しがたい強烈な魅力を感じたりするもの。
取材のときにしみじみ思った、そんなうきうきとした気分を感じ取ってもらえる本に…なっていれば幸せです!

というわけで長期にわたるブログの休業空けリハビリ記事として、今後ぼちぼちと、この『県民メシ』関連の思い出エピソードなどを綴っていきたいと思います。よろしければおつきあいください。

アマゾンでは絶賛予約中。
書店では週明けあたりに並ぶ予定です。
見かけたらどうぞ手にとってやってください。

「紹介してやってもよい」と思われたプレス関係の方がいらしたら、右欄下記の「オーナーにメッセージを送る」までぜひにご一報を。
オーバーオールの似合う単行本担当編集S君が、ありったけのこってり味で対応させていただきます。

ちなみにS君の尽力でさっそくナガハマ先生が電話取材でラジオ出演決定です。
●10月13日 15:10〜15:20 山陽放送「ごごラジViViっと」
美人ライター(記号)の顔は確認できませんが、周波数の合う方がいらしたら、ぜひともお聴きください。

どうぞよろしくお願いします。

同じカテゴリー()の記事画像
読んだ人から最強で最高の2018に
『いのうえさきこのだじゃれ手帖』
『会社で恥をかかないための言いまちがい正誤ブック』
さよなら『TVぴあ』
重い思いの未来 
ゴールのビール
同じカテゴリー()の記事
 読んだ人から最強で最高の2018に (2018-02-13 00:34)
 『いのうえさきこのだじゃれ手帖』 (2017-10-25 19:30)
 『会社で恥をかかないための言いまちがい正誤ブック』 (2017-05-26 07:39)
 さよなら『TVぴあ』 (2016-01-28 18:15)
 重い思いの未来  (2015-12-22 17:25)
 ゴールのビール (2014-05-29 18:51)

Posted by いのうえさきこ at 02:32 │