2018年11月17日

『オリチャ占い』

『2019年版: 8人の精霊たちと歩む「あなたの1年間の物語」』(越川芳明著 猿江商會)
にオリチャ(精霊)の絵を描きました。



毎年この時期は数々の占い本がいっせいに発売される時期で、もういろいろお買い上げされてる方も多いかと思うのですが、ま、何を隠そう私もあながち嫌いでは………

いいえすみません。



西洋占星術はもちろん、四柱推命、六星占術、手相人相姓名判断、タロット、東洋易学、風水、動物占い、気学九星、0学占術なんてのもありましたな。若くて男運も仕事もなく人生に迷走していたときは、まずは雑誌の占いページを見て心を落ち着かせ、ない金はたいて当たると評判の占い師さんをはしごしたりもしていたものです。
そうして数々の占い師さんにみてもらったとき、どの方にも共通して言われたことが2つ。

「無理して結婚しなくていいんじゃない」
「たぶん死ぬ直前まで仕事してるね」



「結婚しなくてもいい」というのは、「結婚できないよ」をふんわりと言い換えてもらったんでしょうな。
人のやさしさが身にしみるぜ。


今回発売されたこの占い本『オリチャ占い』は上のどれとも違う、日本初上陸の占い。
サンテリアという西アフリカ起源のキューバの民間信仰から発祥したオリチャ(精霊)占いなのです。
著者の越川芳明先生は、日本を代表するアメリカ文学研究者であり、明治大学の教授であり、日本人唯一のサンテリア最高司祭(ババラウォ)。つまりは人にオリチャの言葉をつたえる資格をもった、かなりすっごい人物なのです。

占い方はいたってプリミティブ。
自分の直感や希望だけで、自分が一年間のパートナーとなるオリチャ(精霊)を決める。
ただそれだけ。
自分が選んだオリチャ、つまり「推しオリチャ」が、2019年の幸福のあり方や生き方の指針を教えてくれる占いなのです。
こんなにもシンプル、かつ人が本来もつ直感力を信じている占いはないような気がします。

私も当然すでに来年の推しオリチャを選んでおりますが、まっこと素敵な一年になりそうだとここに書いておきます。
ああ来年楽しみだなあ。

明日から火曜日まで取材で関西方面に行ってきます。
そのあと人間ドックが待っているのでお酒はほどほどにしておこう(希望)。
緊急のご用件の方は、GmailかMessengerかDMかLINEでお願いします。



同じカテゴリー()の記事画像
『夏井いつきの おうちde俳句』
矢切のたわし
ありがとうございました
中川明紀×いのうえさきこ「料理で旅して、世界と出会う」
重いコンダラ9月6日
オリチャ占い
同じカテゴリー()の記事
 『夏井いつきの おうちde俳句』 (2018-11-09 16:30)
 矢切のたわし (2018-10-28 12:49)
 ありがとうございました (2018-09-06 23:59)
 中川明紀×いのうえさきこ「料理で旅して、世界と出会う」 (2018-09-05 23:59)
 重いコンダラ9月6日 (2018-09-03 22:43)
 オリチャ占い (2018-09-02 23:59)

Posted by いのうえさきこ at 23:59 │お仕事