2018年10月19日

赤岳の雪

17、18日の1泊2日で八ヶ岳最高峰の赤岳(2899m)に登ってきました。
美濃戸口から出発し、行者小屋を通って地蔵尾根から赤岳山頂へ。
赤岳頂上にさしかかったあたりから細かいあられ状の雪がふりつけ、赤岳頂上山荘に到着した頃には完全に雪景色。
雪渓登山などもちろんしたことはないし、翌朝には岩場にまんべんなくうっすら積もったシビアな雪に泣きそうになりながらも、横岳から硫黄岳への尾根を地蔵のような表情で淡々と足をすすめること7時間。



いやー楽しかった。
楽しかった(二度言う)。

無事に登らせてくれてありがとう八ヶ岳。

というわけで体はへとへとながらうきうきしながら帰宅して、録画しておいた「マツコ&有吉 かりそめ天国」をチェックしたら、私の映像はちょっと流れて書影も紹介していただいてましたが、ヘロヘロコメントはすべてカットされておりました。

地上は赤岳よりも厳しかった。

作品を世に送るためシビアな編集が必要なのは、映像だろうが書籍だろうが同じ事。
ということを身をもって知ってしまったよお母さん。

ともあれ、ご覧いただいた皆様、ありがとうございました!
マルタ共和国のレストランは取材では取り上げておりませんが
『東京世界メシ紀行』(芸術新聞社)もよろしくお願いします。


同じカテゴリー(常なる日々)の記事画像
贋作・桜の森の満開の下
きのコラボレーション
火のないところに煙は
たまごかけごはんGP
くりからこれから
『夏井いつきの おうちde俳句』
同じカテゴリー(常なる日々)の記事
 贋作・桜の森の満開の下 (2018-11-16 23:59)
 きのコラボレーション (2018-11-15 23:59)
 火のないところに煙は (2018-11-13 23:59)
 たまごかけごはんGP (2018-11-11 22:16)
 くりからこれから (2018-11-10 23:59)
 『夏井いつきの おうちde俳句』 (2018-11-09 16:30)

Posted by いのうえさきこ at 21:41 │常なる日々