2018年08月07日

『東京世界メシ紀行』まだまだ

滋賀代表の近江高校が、春の甲子園準優勝校の智弁和歌山に勝って初戦を突破しました。



「いい試合をしてくれればいい」
ぐらいのぬるい気持ちで観ていた私ですが、高校野球のこの何がおこってもおかしくない感じはやっぱりいい。

またも阿久悠の話になってしまいますが、阿久先生は「ふり向くな君は美しい」という高校サッカーのテーマソングも作っていて、こちらもやはり敗者の姿を歌ったものなのですよね。

うつ向くなよ
ふり向くなよ
君は美しい


どちらが勝とうが負けようが関係ない。
全力で闘う姿が美しい。
敗者の美学のようなものが歌詞にこめられていて、こっちのほうも聞くたび胸にじわ〜とくるものがあるのですが。



↑あまり美しくない

というわけで『東京世界メシ紀行』(芸術新聞社)、書店用POPができました。



芸術新聞社の書籍担当の方と営業の方には本当にがんばっていただき、私という作家の数字を考えれば過分な部数を刷ってもらいました。
けれどどんな書店でも見つけられるというわけにはいかないと思います。

書籍の世界に勝ち負けはありませんが、せっかく紙の本を出す以上、紙資源の無駄にならないよう、できるだけたくさんの読者の方にお届けできるよう。
なにがなんでもこのPOPを使ってもらわなければ!と、鼻息荒い夜なのです。



同じカテゴリー()の記事画像
『オリチャ占い』
『夏井いつきの おうちde俳句』
矢切のたわし
ありがとうございました
中川明紀×いのうえさきこ「料理で旅して、世界と出会う」
重いコンダラ9月6日
同じカテゴリー()の記事
 『オリチャ占い』 (2018-11-17 23:59)
 『夏井いつきの おうちde俳句』 (2018-11-09 16:30)
 矢切のたわし (2018-10-28 12:49)
 ありがとうございました (2018-09-06 23:59)
 中川明紀×いのうえさきこ「料理で旅して、世界と出会う」 (2018-09-05 23:59)
 重いコンダラ9月6日 (2018-09-03 22:43)

Posted by いのうえさきこ at 23:59 │お仕事常なる日々