2018年07月04日

いまさらのハイユニ

引き出しを整理していたら三菱ハイユニBの鉛筆が何本か出てきたので、


これ↑(画像はお借りしています)。

ちょっとお絵描きしてみたら、なんとまあおっそろしくやわらかく描きやすい。
仕事を始めて以来、ラフを切る時はほぼほぼシャープペンシル生活だったので、久しく忘れていました、このなんともいえないしっとりとした描き心地。
最近は全面デジタルにしたいなという気持もがあり、iPadとAppleペンシルで練習がてら簡単なカットは描いていたのですが、アナログな鉛筆はまったく別物の心地よさです。

で、そのままお絵描きしてみました。
先週放送の大河ドラマ『西郷どん』を受けて描いてます。



同じタッチはAppleペンシルでもほぼ変わらず出せるでしょうが、絵を描く快感、みたいなものは断然こっちが上だなあ。
鉛筆で描いた方が絵がうまくなる、というわけでもないのが悲しいところなのですが。



同じカテゴリー(常なる日々)の記事画像
贋作・桜の森の満開の下
きのコラボレーション
火のないところに煙は
たまごかけごはんGP
くりからこれから
『夏井いつきの おうちde俳句』
同じカテゴリー(常なる日々)の記事
 贋作・桜の森の満開の下 (2018-11-16 23:59)
 きのコラボレーション (2018-11-15 23:59)
 火のないところに煙は (2018-11-13 23:59)
 たまごかけごはんGP (2018-11-11 22:16)
 くりからこれから (2018-11-10 23:59)
 『夏井いつきの おうちde俳句』 (2018-11-09 16:30)

Posted by いのうえさきこ at 21:47 │常なる日々