2018年03月17日

『アンナチュラル』

今クールで一番ハマって観ていたTVドラマ『アンナチュラル』(TBS系)最終回。

『図書館戦争』 『空飛ぶ広報室』 『重版出来!』 を書いた野木亜紀子脚本なので面白いことはわかっていたし、基本悪いキャラが出ないこともわかっていましたが、最後までものすごく面白かった。

大杉蓮が亡くなったタイミングともあいまって話題にもなりましたが、
やはり心に残ったのはUDIラボ所長を演じる松重豊のこのセリフ。


死ぬのにいい人も悪い人もない。
たまたま命を落とすんです。
そして私達はたまたま生きている。
たまたま生きている私達は、
死を忌まわしいものにしてはいけないんです。




ゴシップ週刊誌編集長(池田鉄洋)が、最後にジャーナリストとしての矜持を見せたのも良かった。

続編を熱く希望します。


同じカテゴリー(常なる日々)の記事画像
定点観測
気温が体温
SANABAGUN.
肉と革
目を閉じればそこはアントワープ大聖堂
我が家のヒミツ
同じカテゴリー(常なる日々)の記事
 定点観測 (2018-07-15 22:39)
 気温が体温 (2018-07-14 23:45)
 SANABAGUN. (2018-07-13 23:58)
 肉と革 (2018-07-11 23:59)
 目を閉じればそこはアントワープ大聖堂 (2018-07-10 23:59)
 我が家のヒミツ (2018-07-09 23:59)

Posted by いのうえさきこ at 13:26 │常なる日々