2013年03月11日

茶事deチャージ

2年目の3月11日。

葉月京先生のお誘いで、宗和流の茶事にご招待いただきました。


すてきな巻き紙の招待状。
こう、次の文面がはらり、はらりと現れるお手紙ってなんかコーフンしますね。

大寄せの茶会には参加したことはあるものの、本格的な茶室での茶事のフルコースは生まれて初めての体験。
5時間もの長丁場が本当にあっという間。
懐石、濃茶、薄茶の流れが、次の展開に目が離せない華やかな三幕もののお芝居を観ているかのようでした。

ご亭主である宇田川宗光氏の、果てしなく広がるオタク話に興味はつきず。
その場その場でとことんくつろがせてくれる細やかなおもてなし手腕に、帰宅してずいぶんたってから

と気づかされてます。

私も人に、こんなふうに接することができる人でありたい。

そう感じた2年目でした。


同じカテゴリー(常なる日々)の記事画像
定点観測
気温が体温
SANABAGUN.
肉と革
目を閉じればそこはアントワープ大聖堂
我が家のヒミツ
同じカテゴリー(常なる日々)の記事
 定点観測 (2018-07-15 22:39)
 気温が体温 (2018-07-14 23:45)
 SANABAGUN. (2018-07-13 23:58)
 肉と革 (2018-07-11 23:59)
 目を閉じればそこはアントワープ大聖堂 (2018-07-10 23:59)
 我が家のヒミツ (2018-07-09 23:59)

Posted by いのうえさきこ at 23:59 │常なる日々