2013年02月16日

『ホロヴィッツとの対話』

『ホロヴィッツとの対話』を観にPARCO劇場。
『コンフィダント・絆』、『国民の映画』に続く、三谷幸喜作・演出による“海外芸術家シリーズ”の第3弾。
今回も前から4列目。上手寄りの良席。



渡辺謙のなんと12年ぶりの舞台出演&和久井映見の初舞台+手練の段田安則&高泉淳子というキャスティングは、話題性においてもスター性においても文句のつけようなし。
実際4人こっきりの出演者なのに、劇場ロビーの胡蝶蘭率は過去観たお芝居のなかでもダントツ。強い香りが劇場中にただよっておりました。
加えて三谷幸喜が描く「脚光を浴びるアーティストとそれを支える裏方との人間模様」設定。おもしろくないわけがなく、皆達者でそれなりの充足感はあったのですが。

『コンフィダント・絆』(ちなみにこの作品は画家であるゴッホ、ゴーギャン、スーラ、シェフネッケルの友情、というかドロドロを描いた舞台)を観たときのような、



あらゆる感情が揺り動かされるような、うわーっっとした感覚は最後まで出てこず。
画家と音楽家という部分での、共鳴度合いの違いか、あるいは期待値が高すぎたのか。

モヤモヤしつつ、でも謙さんはさすがの存在感。超かっこよかったねえ~重厚だったわ〜グレートよねえ〜ライブでいいもの観せてもらったわ〜と終演後友人たちとあれやこれや語っていたときにふと1人から出た言葉。

「謙さんの役、中井貴一でも観たかったかも」

……ああそれだ。これは貴一さんでも観てみたかった。

渡辺謙の演じるフランツには(私の渡辺謙さんへのグレイトなイメージのせいで)、大天才に振り回され、妻との板挟みにアタフタする「小市民」感がいまいち感じられなかったのです。
変な話、ルックスも佇まいもムードも、渡辺謙はかっこ良すぎる。
中井貴一も本人はとてもスタイリッシュですが、彼には軽やかさがある。
これはもう誰が悪いわけではなく、三谷脚本との相性なんでしょうね。

全体通してコミカルな展開の中、唐突に重い事実が明らかになるシーンもあるのですが。
重いテーマを重厚にではなく、「軽く」表現するってやっぱりとてつもなく難しい。

「軽さ」の重さをずっしり感じた芝居でした。

ここから宣伝↓↓↓

夏目漱石は神経衰弱(当時の病名)をはじめ、強迫観念、肺結核、胃潰瘍、糖尿病と、本人は死ぬまでありとあらゆるストレスにまきこまれた一生でしたが、『坊ちゃん』の文体は非常に軽やかで読みやすい。
軽さの中に文豪の偉大さを感じる作品です。





同じカテゴリー(常なる日々)の記事画像
勉強はしないよりも
老化不幸か
井上界のチャンピオン
いのうえの赤備え
愛加那
棒ノ折山
同じカテゴリー(常なる日々)の記事
 勉強はしないよりも (2018-05-27 21:44)
 老化不幸か (2018-05-26 11:42)
 井上界のチャンピオン (2018-05-25 21:51)
 いのうえの赤備え (2018-05-24 23:59)
 愛加那 (2018-05-23 23:59)
 棒ノ折山 (2018-05-21 23:59)

Posted by いのうえさきこ at 23:59 │常なる日々