2011年03月14日

常なる日々へ

醤油が切れたので近所のスーパーにいったら缶詰やインスタント麺やパンの棚からごっそり商品が消えていて、どの人のカゴも備蓄モードで、あせって思わずチョコやお菓子をまとめ買いしてしまった私は群集心理に流されやすい小心者。


かように非常事態への耐性がないせいで、お恥ずかしながら今回の揺れの瞬間も、1人部屋のなかを右往左往してしまいました(買ったばっかりのテレビが倒壊したらイヤー、奮発して買った食器が割れたらイヤー、というせこい理由で)。

で、長い長い最初の揺れがいったんおさまったとき、部屋のインターホンが。

お隣に住む女性が様子をうかがいにきてくれたのです。

たまたま仕事の休みをとって自宅にいらしたらしく、とりあえずはマンションの同じ階の住人全室に声をかけていくつもりだと。
不安でたまらなかったときだけに、ありがたくて本当に泣けました。

阪神淡路大震災のとき、私は京都から大阪に向かうJRの始発電車に乗っていました。
電車は淀川の鉄橋上で緊急停車し、車内に閉じ込められたまま3時間立ち往生という事態にもかかわらず、乗客同士が声をかけあい、1人のおっちゃんの持っていたラジオのニュースに耳をすますことでずいぶん冷静になれたと思っています。

まず自分と身内を守ることを最優先に。
余裕ができれば自分の一番身近な隣の人に声をかける。
改めて胸に刻みました。


節電と募金は無理のない範囲で「継続」していきたいと思っています。
原発問題も含め、完全な日常に戻るには本当に長い時間がかかるでしょう。
継続こそ真の力。


そして、できる人間からあえての日常生活を続けること。
仕事をし、ご飯を食べ、お酒を飲み、さまざまなサービスを受け、必要な消費をする。
そうすることがまわりまわって、わずかでも個人ができる復興の下支えになると信じてます。


あと私のやるべきことは、こんなときだからこそ一息つける「笑える」漫画を描くこと。


いつかすべての人が当たり前で貴重な日常をとりもどせるよう。

がんばっていきましょう。

同じカテゴリー(常なる日々)の記事画像
in&out
豊満経営
羊をめぐる日常
赤岳の雪
マツコ&有吉 かりそめ天国
鬼には笑わせておく
同じカテゴリー(常なる日々)の記事
 in&out (2018-10-22 23:59)
 豊満経営 (2018-10-21 23:06)
 羊をめぐる日常 (2018-10-20 23:59)
 赤岳の雪 (2018-10-19 21:41)
 マツコ&有吉 かりそめ天国 (2018-10-17 05:00)
 鬼には笑わせておく (2018-10-16 23:59)

Posted by いのうえさきこ at 08:33 │常なる日々