2018年11月09日

『夏井いつきの おうちde俳句』

ぼーっとしてたらものすごい勢いで日記をすっとばしてしまいました。
というわけで、お仕事の告知です。
「プレバト!!」(MBS)の辛口コメントでおなじみ、俳人・夏井いつきさんの新刊に絵をつけました。

『夏井いつきの おうちde俳句』(朝日出版社)



おうちにだって季語はある。
出かけなくても季節を感じることはできる。
様々な事情を抱え、外へ出られない方々が自由に俳句がつくれるように。
感性のアンテナをめぐらせて、おうちの中で俳句を作ってみませんか?
という、とっても素敵なコンセプト。
ここ1週間、自主的にとはいえとじこもりっぱなしの私にもぴったりです。

カバーと読者の方の投句にくすりと笑える(自画自賛)イラストを入れてます。
どうぞお手に取ってご覧ください。

ちなみに夏井先生とは以前『TVぴあ』での「プレバト!」の取材でお話をうかがったことがあり、それがご縁で一度句会にも参加させていただきました。
そのとき作り、いまでも気に入ってるのがこの句。



句会に出る事を決めたはいいものの、仕事の〆切りラッシュと重なってまったく外に出られず、うんうん言いながら詠んだ5句のうちの一句です。
そして「南アルプスの天然水」も「新茶」も、ネット購入したもの。
いま思うとまさにこれぞ『おうちde俳句』です!

あいもかわらず風情も情緒もない日常を過ごしていますが、これから少しずつ、自分なりの句を詠めるようになれたらなあと思っています。
  

Posted by いのうえさきこ at 16:30常なる日々お仕事