2018年07月08日

みんな敵がいい。

敵がいないと何もできず。

と言ったのが勝海舟。

無理に味方にする必要はない。
敵は敵としていたほうが大きな事を成し遂げることができる、ということを言っていたのですね。
国づくりから人間関係にいたるまで、この世のあつれきや悩みは考えの合わない者を無理に味方に取り込もうとするところから生まれてしまうのかもしれません。

で、きょうは大河ドラマが一回お休みで『西郷どんSP』だったのですが、歴史学者の磯田道史先生がだじゃれにからめ幕末の人物を語っていました。

勝海舟には分厚いビーフステーキを用意して

ビーフステーキがいい。
(ス)テーキがいい。
……敵がいい!



その場がどんなに寒くなろうとも、私はだじゃれの味方です。


『圧縮!西郷どん』(集英社文庫)


『いのうえさきこのだじゃれ手帖』(集英社コバルト文庫)


  

Posted by いのうえさきこ at 22:19常なる日々お仕事