2018年02月19日

金色のダッシュ

今度はスピードスケート女子500m、小平奈緒がオリンピックレコードで金メダルですよ。
「ぎゅぎゅっと圧縮!西郷どん」最終回のネームまっただ中ですが、描くしかないです(鼻息)。
ええもちろん誰にも頼まれてません。



駆ける小平

最速で風を切るって気持ちいいだろうなあー。  

Posted by いのうえさきこ at 00:38

2018年02月18日

時の過ぎゆくままに

はやめにやっちゃえば還付金があるのはわかっているのですが、なかなか手をつけられない確定申告。

しかたない。あんなすっばらしい演技の数々を見てしまったあとじゃ、何も手につかないのはしかたない。
















平和って尊いですね。
  

Posted by いのうえさきこ at 16:42常なる日々

2018年02月17日

羽生と羽生

本日は羽生(朝日杯将棋オープン)と羽生(平昌冬季五輪)がかぶってしまい、落ち着かない日でした(敬称略)。



かっこいい羽生



美しい羽生

結果はそれぞれ違えど、全力で闘う人の姿はやはり美しい。

ヘタだろうが求められてなかろうが、ついつい描いてしまう動機もそこにあるのだなあ。

藤井聡太五段の美しい姿もいずれ描くときがくると思います。

  

Posted by いのうえさきこ at 15:04常なる日々

2018年02月16日

意識高い普段着

私はわりかしいつもやる気はあるのです。

仕事の隙間時間にさっと走りに行けるよう、起きたら即ランニングウエアに着替えるのも日常です。



しかし走らないまま一日が過ぎていくのも日常です。

結果、日常生活をジャージで過ごしている、まったりした体型の中年女の出来上がり。



結果がすべてとは言いませんが、やる気だけで判断するのもとても危険なのです。

それはさておき、これからやる気と結果のかたまり、羽生くんが滑ります。
ランニングウエアで応援します!

  

Posted by いのうえさきこ at 13:37

2018年02月15日

夢は夜開く

打ち合わせ後に連れて行っていただいた鹿児島料理店(←店HP)で
「銘柄が全部当たれば森伊蔵を一杯サービスいたしますよ」
と言われたので、焼酎界のプレミア3M飲み比べセットを注文しました。

もちろん貧乏舌の私にノーヒントでわかるわけもなく、
メニューにかかれていた味解説をたよりに全力で推測。


どや!


はたして正解は!


ということでサービスにもかかわらず、グラスなみなみの太っ腹な森伊蔵が運ばれてきました。



酒がかかれば、あるかなしかの可能性の扉をもこじあけることができる。
と確信した夜でした。

  

Posted by いのうえさきこ at 17:48常なる日々

2018年02月14日

春立ちける日食べる

徒歩圏内にスーパーが4件、加えて産直系とか昔ながらの八百屋さんとか、さらにちょっと足をのばせば業務スーパーとか、買い物には不自由しない環境なんだけど、なんせ料理をするのは自分なので、今まではほとんどベーシックな野菜しか購入してこなかったのですが、この冬の葉もの高騰に、ふと思い立ち野菜の定期宅配を頼んでみたら、先週の便に「春立ち菜」という初対面の菜っぱが入っていました。

こういうの。
↑生産者のサイトです。

これがとってもおいしい。



茎も葉も甘くて、かみしめるとちょっととろみもあって、シャキシャキした歯ごたえも感じられて。
オリーブオイルで炒めて塩こしょうしただけなのに、自分が料理上手になったかのよう。
思わず生産者の方に届くというラベル裏に春立ち菜愛をしたため、配達クルーに渡してしまった。



チョコレートはほぼ毎日食べてる気がするので、野菜愛を語ってみたバレンタインデー。
春が近づくにつれ日増しにふくらむ食べ物への熱い情熱(カロリー)が、日々の仕事で消費されることを願ってやみません。
  

Posted by いのうえさきこ at 16:13常なる日々

2018年02月13日

読んだ人から最強で最高の2018に

なんだかんだ言っても、トップアスリートたちの姿はキラキラと美しいものですな。
日本選手がメダルをとるとやっぱり嬉しいし。
表彰台をのがして涙にくれている姿もせつないが、チームメイトや周囲のサポートへの気遣いを見せる若い人たちにも、ただただ賞賛しかない。
なんかもうお腹いっぱいおいしいもの食べさせてあげたくなる感じ。


…でまあ、こんな流れで書くようなことでもないのですが、お仕事告知です。

2月23日(金)集英社みらい文庫から発売の新刊にイラスト描きました。
『ヤバい生きもの』(集英社みらい文庫 691円)




ほ乳類から植物から虫からなにから、
「きみヤバいっすよ!」(いい意味で)と言いたくなる生きものから
「みんな生きているから友だちなんだ」とは言いたくない生きものたち36種を、月刊科学雑誌「ニュートン」の元記者という経歴の著者・小野寺佑紀氏がみっちり解説されてます。
ちなみに、描いてて一番ぞわぞわしたのが「ウオノエ」という生きものです(画像検索される際は覚悟の上で)。
しかしこのウオノエですらゆるキャラが存在していたりして、虫愛づる姫君のテリトリーと価値観の広さに改めて自分の小ささを感じましたね。

発売に先立ち、現在発売中の「最強ジャンプ」に告知漫画も描きました。

こういう表紙。


こんなかんじ。


集英社みらい文庫のサイトで中身も読めます。

なんにせよ、これで私も晴れて「ジャンプ」デビュー!



遅まきながら今年もよろしくお願いします。  

Posted by いのうえさきこ at 00:34