2018年02月15日

夢は夜開く

打ち合わせ後に連れて行っていただいた鹿児島料理店(←店HP)で
「銘柄が全部当たれば森伊蔵を一杯サービスいたしますよ」
と言われたので、焼酎界のプレミア3M飲み比べセットを注文しました。

もちろん貧乏舌の私にノーヒントでわかるわけもなく、
メニューにかかれていた味解説をたよりに全力で推測。


どや!


はたして正解は!


ということでサービスにもかかわらず、グラスなみなみの太っ腹な森伊蔵が運ばれてきました。



酒がかかれば、あるかなしかの可能性の扉をもこじあけることができる。
と確信した夜でした。

  

Posted by いのうえさきこ at 17:48常なる日々