2017年10月25日

『いのうえさきこのだじゃれ手帖』

メドックマラソンの記事からすさまじく日がたってしまいました。
当初の目標通りすべての給ワイン所でワインを飲み、無事完走を果たしました。
語りたいことは山ほどあるのですが、とりあえず一言だけ。

酒を飲んで走ってはいけない。

いまの私に言えることはこれだけです。
事の顛末は、またブログにでも。あ、ルポ漫画も描きます。
よろしくお願いします。

さて、暑くなったり寒くなったり台風が去ったと思ったらまた台風が来たり。
なんだかんだともう10月も末ですが、皆さん来年の手帳はもうお買い求めでしょうか。
世の中には名作手帖があまたありますが、そのどれにも属さず、それどころか恐ろしいほどに役立たず、ライフハックとは無縁の手帳ができました。
というか作ってしまいました。

その名も

『いのうえさきこのだじゃれ手帖』
(集英社コバルト文庫 定価500円+税)



刷り立てほやほや。

昨年一年間、webコバルトで日替わりで掲載していた「ひめくりさきこ」を一冊にまとめたものです。

その特徴は


忙しい毎日をいのうえさきこのダジャレが癒してくれます。
自分の考えたダジャレが書き込めるウイークリーとマンスリー手帖。
当たり前ですが日々の予定も書き込めます。
コンパクトで持ち運びに便利な文庫サイズ。
なので機会があればいつでもマイダジャレを他人に披露できます。


あなたのクオリティ・オブ・ライフを支える「いのうえさきこのだじゃれ手帳」。
書き下ろしだじゃれも若干入っております。


ちなみに日付を自分で書き込む方式なので、使いたい年から使い始められますが、ちょっとびっくりするほど刷っちゃってるので、紙資源を無駄にしないためにも、無駄に倉庫の幅とらないためにも、いま、このタイミングでお買い上げいただくことをおすすめします。誠に勝手なお願いですが、エコにご協力いただければ。
シャレのわかるお子様に、お年玉と共にそっと手渡すのもいいかもしれません(あくまで「お年玉と共に」がポイントです)。

ご購入いただければ、私も正月の餅が買えます。


最後に、これだけはどうしても言いたいのでひっそりというか大きな級数で書いてしまいますが。
この手帖、手帖という体はとっておりますが「コバルト文庫11月の新刊」から出ております。

「コバルト文庫」といえば、その波瀾万丈のストーリー、華やかで美しい挿絵と魅力的なキャラクターが乙女の心を持つすべての人々の魂をわしづかみにしてきた、日本が誇る最古で最高のゆるぎなき少女小説レーベル。
氷室冴子先生なんて、どれだけ私の血となり肉となっていることか。

そのコバルト文庫のラインナップに、この、私の、いのうえさきこの著書が、長尾彩子先生や、我鳥彩子先生といった超人気作家の著書にうっかり混じって発刊されてしまうのです。



いやほんと、生きてるだけでいいことってあるもんですね。
ここを読んでくださってるみなさんも、私と一緒に楽しく長生きしましょう。

11月10日発売。ただいま絶賛予約中。
『いのうえさきこのだじゃれ手帖』

どうぞよろしくお願いします。  

Posted by いのうえさきこ at 19:30