2016年12月31日

そばも雑煮もおせちもいいけどカレーもね

少し前、松屋のクリームシチュー定食についているみそ汁を巡る議論がありましたが。

メインのおかずが肉だろうが魚だろうが、
クリームシチューだろうが焼きそばだろうが
さらにはたこ焼きだろうがお好み焼きだろうが、
私はここであえて断言します。



変えようのないものはそういうものとして、ありのままを受け入れる。
フラットな気持ちで向き合うことで、ベストな対応ができるんだと思います。
ごはんも人生も。

「ダルバート」は、ダル(豆カレー)とバート(ごはん)のネパール版「定食」。
これにタルカリと呼ばれる各種おかず(いわゆるカレー)がいろいろつくスタイルです。
アチャールと呼ぶ漬け物的な副菜もあったりして、日本人にもしっくりくる組み合わせ。
お腹いっぱいの幸せを味わえる「セカオカ」ネパール編、更新してます。



ひとまずフラットな気持ちで読んでやってください。

そしてほぼ月一更新しかしていなかった2016年の「ことのはマッスル」におつきあいいただき、ありがとうございました。
皆様、よいお年をお迎えください。  

Posted by いのうえさきこ at 16:17お仕事

2016年12月27日

圧縮北方水滸伝

大水滸伝サイトで北方謙三著「水滸伝」&「楊令伝」の圧縮漫画を描きました。

こっちは紙の小冊子版↓


自分がした仕事を「おもしろい」と人にすすめるのはなかなかに勇気がいることですが、
北方版水滸伝のおもしろさときたら、歴史的知識皆無の私が

と仕事を忘れてやばいぐらいに読みふけってしまうレベルなので、私の漫画で圧縮されようがどうしようが、間違いなくおもしろいはずです。

ちなみに私が個人的に大好きなキャラは「鮑旭(ほうきょく)」。
無学で暴れ者だった鮑旭が、王進の母に字を教えてもらって初めて自分の名前を書くシーンは、思い出すだけで胸とまぶたが熱くなります。

活字でわくわくできるって、やっぱり最高なのです。  

Posted by いのうえさきこ at 14:53お仕事

2016年12月16日

裏地見るぷーさん

前々回のブログがアメリカ大統領ネタかと思ったら、なんと今回はロシア大統領ですってよ。



   と、と、と…とらんぷ!



   ぷ、ぷ、ぷ…ぷーちん!



       しりとり終わり。


国際色豊かな空気感をかもしつつ、『セカオカ』ミャンマー編の更新をお知らせします。
https://courrier.jp/columns/68909/

酸味とほんのり苦みも感じるボリューム満点の大人のお茶っ葉料理「ラペットゥ」をつまみつつ、甘ーいコンデンスミルク入りのお茶をいただくのが、ミャンマーの定番喫茶スタイル。
読んでやってください。  

Posted by いのうえさきこ at 17:22お仕事