2014年05月29日

ゴールのビール

先週日曜に「スポニチ山中湖ロードレース」のハーフを走ってきました。
空気がおいしくて、富士山がすばらしくて、心身ともに



と実感できるランイベントだったのですが。

4日後の現在。

体脂肪→現状維持。
内臓脂肪→現状維持。
体重→2キロ増。
ふくらはぎ→ごんぶと化。

絵にするとこんな感じ。



ふくらはぎごんぶと化は、たぶん走り方に問題があるんだな。

しかしながら曲がりなりにも21キロを走り終えた、今現在の私の自己肯定感はハンパなく。

体重が増えたのは筋肉量が増えたせい!
ゴール後に摂取した地ビール3杯と無料配布の豚汁と屋台のベーコン串とウインナ串と甲州牛串と富士宮やきそばは無関係!!
と前向きメンタルはMAX継続中でございます。

さて、今年、めでたく完走したものもう一本。

第2巻、できました。


『私のご飯がまずいのはお前が隣にいるからだ2』


グルメうんちくを垂れ流す輩に毒づきまくる、かわいい24歳女子が主人公です。
あいかわらずとってもかわいいこのカバー。
2巻はグリーンを基調にした、さわやか初夏仕様です。
メニューは串カツ、BBQ、ナポリタン、ピザ、おでん、ショートケーキ、バインミー、卵かけ御飯、山菜天ぷら等々にダジャレエッセンスを大量に。
私の大好きなものばかり描いてしまってどうもすみません。
描いてる間中苦しみましたが、大好きなお仕事でございました。

マラソンゴール後に飲むビールと、この仕事とどっちが好きかと言われたら、



…このお仕事を選ぶでしょう。

読んでいただければ嬉しいです。

そして。
実際、この連載もフルマラソンとはいかず、私のなかではいわゆるハーフでゴールを切ってしまったのですが。

描くべき美味しいネタはきっとまだまだあるはず。
次こそ漫画の42.195キロを完走したい。
と、今缶ビール飲みながら誓っています。

  

Posted by いのうえさきこ at 18:51

2014年05月12日

『おしまいのデート』と、まだ試合終了していない『文学男子-BUNDAN』

『おしまいのデート』(著/瀬尾まいこ 集英社文庫440円+税)



ひとさまの書いた本を取り上げることはめったにないのですが、本日はこの本を。

紹介しない理由は主として、だいたいの本や漫画を読むと

という感想が多すぎるためなんですがね。

瀬尾まいこさん、大好きな作家さんです。
『卵の緒』『幸福な食卓』等々、名作ぞろい。
『図書館の神様』も好きだったなあ。
出てくる食べ物が、いちいちおいしそうなところもいいです。

淡々とした筆致で描かれたさりげない日常風景が、するりと心に滑り込む作風が

と思うのです。

話はそれますが私は女優の泉ピン子さんと、年は違えど同じ誕生日。
会話のつかみでそのことを言うと、人はたいがい

私はどうやらそういうキャラのようです。

なのでなおさら瀬尾さんの書く「さりげない」作風に、憧れがあるわけです。

で、今回文庫化されたこの作品集、さまざまな「デート」にまつわる日常が取り上げられているのですが。
たとえば表題作の「おしまいのデート」
どこかとぼけたじいちゃんと中2の孫娘の、淡々とした、でもなんだか二人ともかっこいい最後のデート。
このおじいちゃんの台詞がいちいちすばらしい。

いろいろあってこうして定期的に会うのも最後の日、じいちゃんは「またな」と孫の彗子に声をかける。
「またな?」
いぶかしむ彗子にじいちゃんは言う。

「生きてればどんなことにも次がある」

寂しさも、執着してしまう気持ちも、つらい想いも、この言葉さえ知ってれば大丈夫。
次に行こう。
そうすればまた次が来る。
そう思わせてくれる物語でした。

でまあこのようにどの作品も楽しく読み進めていくと。

やや?


ややや?

この構図はLが目立ちすぎた…

ややややや!

あいかわらずピンがあまくてすみません。

なんと『文学男子ーBUNDAN』試し読みチラシです。

集英社さん、私の本を気合いで売ってくださろうとしてます。
あまっ…いやいや。

だって瀬尾さんのような売れっ子さんの文庫本にはさまっているんだもの。
まだまだ売る気まんまんよ!



うんうん、だって面白いものこれ(誰も言わないなら自画自賛しよう運動中)

というわけで、瀬尾さんの文庫本を買うと中身が面白いだけでなく、もれなく『文学男子-BUNDAN』が3話ぶんタダで読めるミニチラシがついてます。
ちなみにこちらで試し読みもできちゃいます。

電子書籍版(マーガレットBOOKストア、Kindle等々)でも好評配信中!
改めまして、よろしくお願いします。  

Posted by いのうえさきこ at 00:05

2014年05月11日

先立つモノをお許しください

大根仁節もますます脂がのってきたドラマ『リバースエッジ 大川端探偵社』大プッシュ中、『週刊漫画ゴラク』にて


第八回『ことだま放浪記』掲載されてます。


今回は言葉の旅人「いのうえ」が、路銀を稼ぐお話です。

自由気ままに世界を旅して「だじゃれ」を発掘している設定の主人公ですが、やはり先立つものは必要。
いついかなるときも、ファンタジーには徹していられない小市民な私を、どうぞよろしくお願いします。  

Posted by いのうえさきこ at 17:41

2014年05月05日

『私のご飯がまずいのはお前が隣にいるからだ 2』

粛々とゲラの最終チェック中。



自分で漫画を描き、自分で読んで面白い。
と思っている私は幸せなのか不幸なのか。
つらつら考えながら作業してます。




  

Posted by いのうえさきこ at 18:17

2014年05月04日

今月のボツ原稿



「あの歌」の「♪アンアンアン」の「アン」は、もちろんあの「アン」ではないはず。

ちなみにこのボツ原稿の元である『TVぴあ』占いページ、いつもの巻末からちょっこし移動しております。
現在絶賛発売中ジャニーズWESTが表紙の『TVぴあ』では、乙女座絶好調なGWです。

  

Posted by いのうえさきこ at 22:39お仕事