2014年04月28日

『ちびまる子ちゃんの古典教室』

名作圧縮漫画を描きました。

『ちびまる子ちゃんの古典教室』(集英社刊 918円)


日本人ならぜひ知っておきたい、代表的古典文学6作(『』竹取物語』『枕草子』『源氏物語』『更級日記』『平家物語』『おくのほそ道』)を、圧縮漫画にして、収録していただいてます。
子ども向きのシリーズとはいえ初めて知ったことも多く、苦しみつつも改めて名作原典の面白さにふれられた、楽しいお仕事となりました。

なかでも私の一番のお気に入りは「更級日記」。

作者は菅原孝標女(すがわらのたかすえのむすめ)。
特別頭が良い訳でもなく、容姿も平凡、どこまでいってもあか抜けない地方公務員の娘さん。
なぜこんなごく普通の女性の日記がここまで有名になったかというと。

彼女がいわゆる「オタク」だったから。

この世に「物語」という、それはそれは心ときめくものがあると知ってしまってから、彼女の人生は激変します。
毎日毎日考えることは
「早く物語が読みたい!」
という、ただそのことだけ。

「早く続きが読みたい読みたい読みたい」
「都にいれば即新作チェックができるのにぃ!」
たまに殊勝に仏様にお祈りしているかと思えば
「仏様!  早く私を京に帰らせて!  私に物語を読ませて!」



ほうぼうにせがみまくり、ついに「源氏物語」をコンプリートすることになるのですが、それからは

今はこんな(もっさりした)私だけど、
そのうち夕顔(源氏物語に出てくる薄幸の美女)みたいになって、
光源氏みたいなスーパーセレブイケメンに見いだされて、
めくるめく恋をするのよ!!


お約束の妄想炸裂。

……………。



良くも悪くも十人並み。
王子様に選ばれないほうの、その他大勢のモブキャラ。
イケてる美男美女の話を、お金出して(本)読んだり(芝居やドラマ)観たりするほう。

でもそれでいい。
いやむしろそれがいい。
現実に美女が味わう波瀾万丈の人生は、どう考えても私には乗りこなせないしね。
と、悔し紛れの台詞をはくところまでがアングル。

「更級日記」を読んでいると、若いときのダサかったりしんどかったりした部分をほじくりだされて、なんともこっぱずかしい気持ちになります。
と同時に、
物語を前にした彼女のキラキラとした熱い想いがひしひしと伝わってきて。

人生は「自分の好きなもの」を、たったひとつでも見つけられれば大成功なのだ。

と、強く思わせてくれる作品でもあるのです。
菅原孝標女さん、あなたという私に出会えて本当によかった。


でまあ、それはそれとして。

発表するつもりなどみじんもなかった思春期の妄想を、死後千年以上(そしてたぶんこれから)も世間にさらされるようになるなんて!
という部分には、心から同情を禁じ得ません。

なんでもかんでも赤裸々にさらけ出すことが常態となった、ログばやりの昨今としても、人ごとではないと思わせてくれる名作。
小さいお子さんをお持ちの親御さんに、教養面はもとより、個人情報管理の観点からも強くおすすめしたい一冊でございます。
  

Posted by いのうえさきこ at 09:26

2014年04月10日

今週の「花子とアン」

今週の連続テレビ小説「花子とアン」。

英語教師のスコット先生が、消灯後に夜な夜な歌っている歌は、
スコットランド民謡の「The water is wide」なのですが。



これ、昔、尼崎競艇のTVCMに使われていた曲で、関西にいるときはけっこう日常で聴いてました。
歌の途中でseaとかboatとか出てきてるし、競艇のCMだし、CMバージョンはアレンジがややアップテンポだったこともあり、てっきり水面をすべるボートの爽快さを歌っているものと思っていたのですが。

本日検索してびっくり。
失った恋人を思う歌だったのです。

目の前に広い水が立ちはだかって
私には飛びこえる翼もない。
私にボートをください。
そうしたら恋人と二人漕いでゆくのに。
(テキトー翻訳)


最初はこんな切ない歌をなんで競艇場のCMソングに。
と思っていましたが。

「広い水」をのっぴきならない状況。
「私」を鉄火場にいるおっちゃん。
「恋人」を競艇選手。
「ボート」を舟券と考えると。



歌詞の後半は、「私」がかなわぬ愛に打ちのめされる展開となっております。
ご興味のあるかたは検索なさってみてください。

ちなみに邦題は「悲しみの水辺」。
選曲した人のセンスにうち震える昨今です。
  

Posted by いのうえさきこ at 12:31常なる日々

2014年04月07日

飽きない商い

2回目をまだ描いていない、と書いてから灼3か月。

現在発売中『週刊漫画ゴラク』4月18日号に
「ことだま放浪記」掲載されてます。



今号の注目はなんといっても「男塾」三部作の最終章『極!!男塾』の新連載でしょう。
今度の塾生たちの相手は、なんと太陽系外の惑星からやってきた「スサノヲ」なる異星人。
宮下あきら先生のペンの突っ走りっぷり、まったく衰えておりません。
いやもうめちゃめちゃ面白いです。

で、私の漫画ですが。


思い出したように唐突に、ページ数も増えたり減ったりしながら、ぼちぼちと6回目。
「男塾」にひっかきまわされた脳みその、箸休めにもおすすめです。


さらにこちらも現在発売中『コミックフラッパー』5月号。
かわいい新妻スイちゃんが表紙です。



そして非常に悲しいお知らせですが、我が連載
「私のご飯がまずいのはお前が隣にいるからだ」
ついに最終回です。

苦しみつつも連載中本当に楽しかった、大好きな作品です。
そして執筆中は、その時々のテーマであるメニューを食べまくり、確実に体重を増やした連載でもありました。

浅田真央選手が先日の世界選手権で
「悔しさもうれしさもいままでいろいろあったけれど、あらためてフィギュアスケートっていいなと思いました」
という言葉を残していましたが。

並列で語るにはおこがましいのですが、読者の立場でも書き手として仕事する立場でも、あらためて
「漫画っていいな」
とか思っている今日この頃です。

あ、私はもちろん描かせてもらえる限り、現役は続行していきますが。

どうか読んでやってください。


  

Posted by いのうえさきこ at 09:40お仕事

2014年04月06日

本日のボツ原稿



今となってはなぜこの4コマが採用されると思っていたのか。
まあ誰しも自分のことが一番わからないものなのでしょう。

春まっただなか、私も昨日は「ら行」で浮かれながら桜を愛でておりました。
ピンクの花の下にいると、みんな幸せそうでなによりです。  

Posted by いのうえさきこ at 13:18お仕事