2013年09月14日

『私のご飯がまずいのはお前が隣にいるからだ』

コミックスが出ます。



『私のご飯がまずいのはお前が隣にいるからだ』(メディアファクトリー刊580円税込)
「コミックフラッパー」に現在連載中のショートをまとめた初単行本。
9月21日発売です。

主人公サユちゃんの食事現場をうろうろし、ごちゃごちゃとグルメ談義をくりひろげるめんどくさい人々のお話です。
まだ現物を見ていないのに言うのはなんですが、とってもシャレオツでナイスな配色。
帯は『花のズボラ飯』の水沢悦子先生に描いていただいてます。
私の絵とは思えない女子感満載の素敵デザイン。
非常に気に入っております。

加えてこのコミックスがいままでと違うところ。
それはカバーに大きく「1」と書かれているところです。
私が今まで出してもらった単行本で、初めての「1」。
「1」があるということは「2」の可能性があるということです。
何を当たり前のことと思われるかもしれませんが、世の中には通算連載回数が500回を超えているにもかかわらず、2003年に単行本の「1」巻が出て以来、「2」巻めがいまだ出ていない『解体屋ゲン』(原作:星野茂樹、作画:石井さだよし)という傑作があったりします。
いろいろと思うところはありますが、とりあえず可能性はゲンさんにも私にもあるということで、次に希望をつなげたい。

よろしくお願いします。  

Posted by いのうえさきこ at 01:55