2013年04月06日

『趣味の部屋』

豪雨で渋谷の坂という坂が川になった一日。
『趣味の部屋』鑑賞でパルコ劇場。

『相棒』好きで『リーガル・ハイ』好き、ならば周知の古沢良太脚本&映画『クローズド・ノート』の行定勳演出。
出演は中井貴一 戸次重幸 原 幹恵 川平慈英 白井晃。

間違いないと思って観に行ったら、やはり間違いなかった。
ミステリ仕立てなのでネタバレはできませんが、最大値の期待に全身で応えてくれたエンタメ作品でした。
手放しでおもしろかった!

全体の構成は演劇オタならず、古書オタ、ガンダムオタをくすぐりまくった「あるある」なつくりとなってます。
TEAM NACSの戸次重幸が演じる「趣味を探し求め、今はクロスワードパズルを趣味にしようとしている男」の、情けない存在感もひときわ際立っておりました。

観劇後感は、それこそ巨大なジグソーパズルのすべてのピースがカチッとハマったときの爽快感。そしてなんともいえない虚脱感。という感じでしょうか。

…まあ私自身は大きなジグソーパズルを完成する気力も能力にも欠けているので、真にそういう気持ちになるのかどうかは知らないのですが。

フィクションを観て他人の「趣味」の喜びに同調できる。
古沢良太の脚本の凄さに、またしてもやられてしまった。

キーワードはThe Show Must Go On.
作る方も演じる方も観るほうも、趣味だろうが仕事だろうが。
始めてしまったからには続けなければ、真実はつかめないのかもしれません。  

Posted by いのうえさきこ at 23:59常なる日々