2013年03月20日

春runrun

WBCの総集編VTRと帰国会見観てたらあらためて涙と鼻水が。
もちろん花粉症の鼻水とは別物です。


ときどき神田川遊歩道を走っています。



南こうせつの歌う「神田川」の歌碑もコース途中にあったりしますが、実際の神田川は特に風情もなく、コンクリートで護岸されたU字構の非常に地味な川です。
しかしながら今の季節は別。
両岸にびっしりと植えられたソメイヨシノの、



という本番直前のワキワキ感が、側を走っているだけでひしひしと伝わってくるのです。
そのワキワキ感に伴い、通常



と発泡酒片手にブツブツつぶやいているおっさんしか座っていないベンチスポットに、桜目当てのオシャレなカメラ女子が出現したりして、



そんなとこらへんにも



と感じるわけです。

川はちょうど中野区と新宿区の境界線にもなっているので、両岸から見る景色は似ているようでちょっと違います。

花見の人気スポットはやはり中野区と新宿区の両岸からこぼれるように咲き乱れているエリアなのですが、数百m、新宿区側にしか桜がないエリアがあり、私はほんの数年前までそこを走るとき



とか思いながら走っていたのですが。



この中野区側エリア、桜はないものの、ちょっと前まではジンチョウゲがすさまじく香っていたし、今の時期はコブシの白い花が愛らしいし、新宿側の桜が散った後の5月6月にはツツジやクチナシやアジサイが彩りを添えてました。
名前は知らないのですが、夏も秋も白やマゼンタピンクの小さな花が咲いていた記憶があります。
思い起こせばこの冬は寒椿が見事な花をつけていた。

あ〜だから私はこのジョギングコースが好きなんだ。

と、今なら思えます。
パーッと派手に咲いて、パーッと華やかに散る美学もあり。
ときどき犬におしっこかけられても文句言わず、地味だけどニコニコひっそり脇道に咲く美学もあり。



「文学男子ーBUNDAN」に登場する『車輪の下』の主人公ハンスは、親や教師から刷り込まれた価値観と自分の気持ちとのギャップに悩み、大きくコースアウトした後、若くして死を選んでしまいます(流れ的には事故死なんですが)。
地味でも自分なりに戦い、文句言いつつ生まれた限りは生きていく。
そういう花の咲かせ方もあるってことを、ハンスが知っていたら人生大きく変わっていたろうになあ。

もっとも文句言う相手は、目に見えた方がいいですけれど。


『文学男子ーBUNDAN-』(集英社刊 税込980円)
  

Posted by いのうえさきこ at 02:46常なる日々

2013年03月18日

ラストホープ



嵐の相葉君主演『ラストホープ(THE LAST HOPE)』の舞台挨拶取材に行って来たとき、オマケにいただいたマスクです。
中学時代から鼻炎だの寒冷じんましんだの、筋金入りのアレルギー体質の私。当然花粉症にも人より先んじておりますが、今年もマスク&目薬消費量がハンパない感じ。

普通の使い捨てマスクにLAST HOPEとスタンプが押してあるだけですが、このマスクだけは、なんとなく使えず手帳の間に温存してあります。まさに頼みの綱(LAST HOPE)。

違いますけどね。


「文学男子ーBUNDAN」のなかの「THE LAST HOPE」といえば、やはり「レ・ミゼラブル」のスーパーヒーロー、ジャン・バルジャン。

身体能力と心肺機能の高さはオリンピック選手級だと思われますが、その能力が中年になって花開いたというのも、注目すべきところだと思います。
中年期をいかに生きるべきか。そもそも生きるとはなんなのか。
大量の鼻水たらしながら、ぼんやりした頭で考える日々です。

  

Posted by いのうえさきこ at 10:15常なる日々

2013年03月11日

茶事deチャージ

2年目の3月11日。

葉月京先生のお誘いで、宗和流の茶事にご招待いただきました。


すてきな巻き紙の招待状。
こう、次の文面がはらり、はらりと現れるお手紙ってなんかコーフンしますね。

大寄せの茶会には参加したことはあるものの、本格的な茶室での茶事のフルコースは生まれて初めての体験。
5時間もの長丁場が本当にあっという間。
懐石、濃茶、薄茶の流れが、次の展開に目が離せない華やかな三幕もののお芝居を観ているかのようでした。

ご亭主である宇田川宗光氏の、果てしなく広がるオタク話に興味はつきず。
その場その場でとことんくつろがせてくれる細やかなおもてなし手腕に、帰宅してずいぶんたってから

と気づかされてます。

私も人に、こんなふうに接することができる人でありたい。

そう感じた2年目でした。
  

Posted by いのうえさきこ at 23:59常なる日々

2013年03月07日

ダ・ヴィンチ4月号発売中

『文学男子ーBUNDAN-』(集英社 税込980円)紹介してもらってます。



上スペースは山下和美先生、お隣は益田ミリ先生。
売れっ子ふたりに挟まれて、オセロのように黒字になーれー。

同じく、メディアファクトリー刊『コミックフラッパー』4月号も発売中です。

「私のご飯がまずいのはお前が隣にいるからだ」連載中です。

こんな漫画です。

あなたのそばにもきっといる。
ひんしゅくのウンチク語りが毎度毎度登場します。
ぜひ!読んでやってください。
  

Posted by いのうえさきこ at 16:29

2013年03月02日

今月のボツ原稿



いやいや、こんな画像をアップしている場合ではないのですが。

「文学男子」と書いて「ぶんだん」と読む『文学男子ーBUNDAN』(集英社刊 税込980円)絶賛発売中です。
新宿のブックファーストさんでは平積みしていただいているという目撃情報がございます。
お近くの方は、ぜひお手に取ってその表紙のかわいさをお確かめください。
そして中身も…きっと面白いはず。
描いた私が言うのだから間違いない!はず。

当然ですが、刷り部数は多くはありません。
言い方を変えれば希少です。
でも、今ちょっと不安になってWiki見たら「欲望される量に比べて利用可能な量が少ない状態」と書かれてありました。
ああ、それだとちょっと違うかもしれない。

昨日は春一番がふきました。
私も一泡、じゃなくてそよ風ぐらいは吹かせたいと思う今日この頃です。  

Posted by いのうえさきこ at 10:58常なる日々