2013年02月13日

今月のボツ原稿



どんな文章でもどんな絵でも、後で見返すと「なんでこんなの描いたんだろう」と思うことは、ままあることです。

明日はいろいろなところでチョコレートが飛び交うのでしょうね。みなさんの成果を祈ってます。

さて、貧しくせつなく美しいカップルのプレゼント交換(季節はクリスマスですが)といえばO・ヘンリー作『賢者の贈り物』。
もちろん「文学男子ーBUNDAN」でも取り上げてます。

金がないなら身の丈に合わんプレゼントなんか買わんでええがな、と思うのは宗教観の違いでしょうか。
そもそも妻が買ったプラチナの鎖って金時計と合わんがな、と思うのは私のセンスが古いのでしょうか。

  

Posted by いのうえさきこ at 00:01常なる日々