2013年01月31日

おめでたい第5弾

もうおめでたいという時期はとうに過ぎてますが、1月駆け込み更新です。

今年の年賀状はこんなのでした。


ここ数年は、いつも近所の小さな印刷屋さんに頼んでいたのですが、昨年は30日昼過ぎになってもなにも用意ができていない状態で。

と。しょんぼりしていたとき当の印刷屋のご主人から電話がかかってきて

仕事以上のプレッシャーとスピードでイラストを仕上げ、3時間後にデータ送信したところ、2時間後、またも電話が。


まあ結局は、ビシッとし終えたご主人から、直接印刷済み年賀状を受け取り、無事代金をお支払いできたのですが。

このご主人、毎年
「あなたの年賀状印刷するの楽しみにしてるんだよねー」
とか言ってくれるわりには
「で、あなたお仕事は何してるの?」
とか聞かれてしまうので、今年の年賀状は少しわかりやすくしてみました。

前置きが長くなりました。

そうなのです。
年賀状に書いていた通り、「YOU」(集英社)で連載していた「文学男子bundan」の単行本が2月26日に発売されるのです。


http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-782490-2
■ISBNコード:978-4-08-782490-2
■判型/総ページ数:A5判/120ページ
■定価: 980円(税込)
■発売年月日:2013年2月26日

デザイナーさんにとてもかわいく作っていただいたカバーは、後日アップいたします。
2月の更新はくどいほどに本の告知をからめてくると思いますが、どうかどうか、よろしくお願いします。


ちなみに、印刷屋のご主人には「漫画を描いてるんですよ」と伝えたところ

というとてもフラットな返事が返ってまいりました。

強くなりたい。

強く思う2013年です。

  

Posted by いのうえさきこ at 23:59

2013年01月18日

『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ』

新感線RX『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ』観劇のため、東急シアターオーヴ。

“五右衛門ロックシリーズ”第3弾にして完結編。
第1弾『五右衛門ロック』を今はなき新宿コマ劇場で観て大興奮。
第2弾『薔薇とサムライ』では天海祐希の、まさかのオスカル風コスに心を射抜かれ。
満を持しての第3弾。
もうそりゃテッパンでバカバカしく華やかな、お約束の楽しい時間でございました。

今回は特に三浦春馬に惚れました。


顔立ちが正当派の美形なうえ、立ち姿がすらりと美しく、殺陣もダンスもキレッキレ。
歌がうまいことはCMで知ってはいたものの、改めて聴く生歌ののびやかさと声量にくぎづけでした。

歌は若干素直すぎる気がしたので、もうちょっと個性がほしいなあ、とか、ちらりと感じたものの、まあこれは彼が旨すぎるが故のぜいたくな感想です。
まだまだのびしろもたっぷりありそうですし。
今後映像でも、さわやか苦悩イケメンだけじゃなく、もうちょいアクの強い役を観てみたいと思うわけです。

私の心のイケメン枠・古田新太シートをおびやかす若手がまた1人。

世のおばちゃんが元気な理由がわかりつつある、今日この頃です。


  

Posted by いのうえさきこ at 23:59常なる日々

2013年01月16日

おめでたい第4弾

誰も期待してないですが、まだ続くおめでたいシリーズ。

ハブを食べてきました。

にょろにょろしたものが入っています。

…えーっと。
干支だから?

私の人生初めての蛇食体験は、「ヤングチャンピオン」(秋田書店)連載中の「倒れるときは前のめり。」でご確認ください。  

Posted by いのうえさきこ at 23:59常なる日々

2013年01月14日

おめでたい第3弾

爆弾低気圧で初雪が大雪な本日の東京。

「泣くな、はらちゃん」(日本テレビ系列 1月19日夜9時スタート)の会見取材に行ってまいりました。
「成人の日」会見ということで、新成人も数十人招待されていたのですが、その応募条件というのが

*長瀬智也演じる「はらちゃん」と同じ服装で来られる方

「はらちゃん」の服装はざっくりこんな感じ。


午前中、成人式に出席し、この会見に来る途中の車中で振り袖から着替えたという猛者もいて、正真正銘二十歳のエネルギーをびしびし感じました。

私が二十歳のときは日本もまだ景気が良かったというのに、将来の展望も、スキルも、資格も、学歴も、そしてもちろん就職先もないという状態で、何も考えずのん気に振り袖着てへらへら成人式に出ておりました。
こんな大人から、こんな厳しい時代に生きる新成人にかけられる言葉などありません。
が、「まだ何者でもない」ということは「これから何にでもなれる可能性」があるということ。
信じて進んで苦しんで悩んだとき

どちらにしようか 迷ったら
どっちがROCKだ?
コレで決めるゼ!
(怒髪天/「ロクでナシ」)


という方向性で行くのも手です。
私はいままでこの方針で、わりと後悔はないです。

ご成人、おめでとうございます。

会見の様子は「TVぴあ」(隔週水曜発売)の「TVの細道」にて、チェックしてあげてください。

  

Posted by いのうえさきこ at 18:07常なる日々

2013年01月13日

おめでたい第2弾

年初の目標のひとつは、BSNHKでアンコール放送している連続TV小説「おしん」の全話チェックです。

せっかく年初めなのでさらにおめでたい画像を。

薄いおせんべいでできた紅白の、その名も「久寿玉」。
落雁諸江屋の迎春菓子です。
漫画家のS先生からいただいた超プリティーなお年賀なのです。

これを

と開けると

柴舟と舞鶴、金平糖、おはじき飴、紅白梅型の小粒の落雁。

左上の白いおせんべいが「柴舟」。
生姜が利いた甘いおせんべいで、金沢の銘菓。
実家の滋賀にいた頃はよく食べてましたが、東京ではあまり見かけないかも。
右下の「舞鶴」は、やはり生姜砂糖を薄いさくさくのもち種せんべいで包んだもの。
シュワッとした口溶けで、くせになる食感です。

現物はとうに消滅しましたが。


酒だけじゃなく、ときどきこういうカワイイものを体内に入れておくと、アンチエイジングにも効果がありそうです。
  

Posted by いのうえさきこ at 14:11常なる日々

2013年01月06日

いつもより多めにおめでとうございます。

2013年一発目の取材は「私服だらけの『中居正広増刊号』〜輝いてpart2」発売記念イベント。
タレントさんはお見せできないので、会場となったお台場フジテレビの「キラキラWINTERステージ」の写真を。



クリスマスツリーとお正月のしつらえが共存するという、非常におめでたい風景。
日本の年末年始大集合って感じがして、私はとっても気に入っております。

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

  

Posted by いのうえさきこ at 23:59常なる日々