2010年09月24日

朝ゲ昼ゲ夕ゲ

タイトルは某巨大掲示板の「ゲゲゲの女房」スレの書き込みから拝借。

うちはBShiが観られる環境にないので基本BS2→NHK地上波→NHK地上波再放送→BS2再放送の一日4回ゲゲゲローテ。
つまり朝ゲ2膳、昼ゲ1膳、夕ゲ1膳をテレビ前でいただいているというのがここ半年の日課だった(ちなみに時間のあるときは土曜の一気放送も観てた)。

前夜どんなに飲んだくれていても、私を毎日まがりなりにも朝に起こしてくれていたふみちゃん。
「ゲゲゲの女房」がついに明日で終わってしまう。


イカルに怒られることももうない。

しかしパブロンのCMの竹下景子はものすごく若くてびっくりだ。

イトツの胃の突出っぷり、もうちょっと見てたかった。


スピンオフがあるなら、イカルとイトツの出会いから映画館経営のあたり希望。
あ。戊井さん夫婦の美しい物語もいいなあ。
てんてん菅ちゃんと倉田さんと小峰さんの初代アシスタント三人組の青春物語もいい!

あああ、でも本当に終わってしまうのだなあ。

笑わせて泣かせて、テーマがじんわり心にしみこんでくる、すばらしい脚本だった。

出演者のすべてが(憎たらしい役どころですら)魅力的で、時代の空気感を作る音楽やキーワードや小道具や衣装や食事のひとつひとつにいたるまでが画面の細部に息づいてて、それをさりげない演出で見せていた。
出演者やスタッフみんながこのドラマにほれこんでるのが伝わってきた。

私のなかで「ゲゲゲの女房」というドラマ、そしてこのドラマに登場するすべての登場人物は一生
  

Posted by いのうえさきこ at 12:40常なる日々