2010年06月13日

お帰り、はやぶさ君

仕事は相変わらずぐるぐるブラックホールに飲み込まれ中だが、きょう、7年間60億キロの宇宙の旅を終えて帰ってくる小惑星探査機がある。

みんなの人気者「はやぶさ君」だ。

はやぶさ君は本日夜、オーストラリアの砂漠に回収カプセルを投下後、機体は大気圏で燃え尽きる。
次々とエンジントラブルを起こし、ぼろぼろの状態で必死にミッションを果たしてきたけなげな姿を確認できるのも今日が最後。
…うう、ちょっと涙出そう。

新聞で読んだのだが「日本人は工場のラインのロボットにあだ名をつけて仲間意識を抱くという世界でも珍しい国民」(京都大学・木下冨雄名誉教授)らしい。
確かに、こういうシチュエーションに出会うたび、自分が本当にベタな日本人だなあと思う。

ちなみにこんなのも出てた(今知った)。

〜帰還祝い〜はやぶさ迎え酒


すんごく飲んでみたいけど、もう間に合わないし、きょう飲んじゃったら私にははやぶさ君のような仕事っぷりはかなうまい。
我慢して、エア迎え酒でその時を待ちます。  

Posted by いのうえさきこ at 12:34