2010年05月22日

『裏切りの街』

演劇ポツドールの三浦大輔書き下ろし作品『裏切りの街』(←音出ます)でパルコ劇場。

いやーめちゃめちゃ面白かった。

人妻・秋山菜津子とフリーター(てかほぼヒモ)・田中圭とのずるずるとした関係を主軸に、2人の周囲の、これまたろくでもない、そしてどこにでもいるだらしない人間の日常が、これでもかってぐらいリアルに描かれていく。
主な登場人物は若者カップルと中年(なんだけど結婚2年目の)夫婦。
実年齢の若さに関係なく、いろんなことをゆっくりあきらめた、倦怠感あふれる人たち。
もう観ているだけで胸がちりちりする。
なぜなら私もそんなだらしない、先送り人生を生きている人間のひとりだから(そうはなりたくないと思ってはいるけれど)。

田中圭は大好きな俳優さんだが、今回の役どころはあの細い肩に手をかけてぶんぶんゆさぶりたくなるぐらい、マジでいらつくキャラ設定。

積極的な悪意があるわけではなく、見た目も頭も決して悪くない。言われたことはそれなりにこなせて、それなりに友達もいて、それなりにモテたりもして。そこそこ善良でもありながら、「自分では何も決めない」「アクションを起こさない」というだらしなさゆえに、日常はぐずぐずと煮くずれていく。

「やればできるんですよね~。イチローぐらいには。あ、でもやっぱ年200本も打ったりするのめんどくさいか~」
「明日からがんばるから。バイトも探すからね」
あいまいな表情のまま同棲している彼女から毎日2000円もらい、人妻とずるずるセックスしてる若い男の、なんという救いのなさ。

仕事やる気はないけど、彼女とのエッチもめんどくさいけど、性欲だけはきっちりある。
ってこれじゃヒモの役目すら果たしてませんが(秋山演じる十分いい大人のあきらめきれない主婦も同じスタンスなんだけど)。
中央線沿線が舞台なのだが、「あーこういう子いるいるいる!」と、自分のことを棚に上げておばちゃん憤りまくりでなのであった。

まあここまで思い込めるのも三浦大輔の脚本と演出の力。
会話の流れや言葉選びのセンス、初対面で出会ったときのなんともいえない居心地の悪い間合いもいい。
いっしょに行った社長が「映像で観たかった」と言っていたが、確かに映像的演出かも。映画化も視野にあるかもしれないなあ。

もちろんこんなのすべてが現代の若者の感覚とは思ってないけど、いまどきのそういう無気力な気分を描いているっていう点ではいいとこついているんだろう。

「こつこつ努力したってどうせどうにもならない」という状態へのぼんやりした絶望感、みたいな。

確かにかつてより結果がともないにくい時代なのかもしれない。
生まれたときからそういう時代に生きてきて、そういう状況しか知らなければ、希望も生まれにくいのかもしれない。
知らず知らずのうちに閉塞感や諦念みたいなものが、しみついちゃってるのかもしれない。

でも、たとえ結果が出なくても、正しい方向に努力したことは絶対に本人の血肉になると思うし。
刹那的ですぐ手に入る快楽よりも、地道な積み重ねから得られる喜びは宝物だし。
結果的に傷つくとわかっていても、血まみれ泥まみれになっても行動することが糧となるのは若いうちだけだし。
「かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう」(by早川義夫)の裏返し、かっこ悪いことは実はすごくかっこいいことなんだから。


て、感想がなんか全然違う方向に流れちゃってるけれども。

ついつい熱く語ってしまう体感温度の上がるお芝居だった。
おそまきながら三浦大輔、今後チェックしていかなければ。

ちなみに噂のセックス描写は予想通りてんこもり。
田中圭と秋山菜津子とのからみが下世話で猥雑であほっぽくて良かった。
銀杏BOYZの音楽もこの世界観にばっちり。
気鋭の若手の才能と、実力派の俳優陣にしてやられた舞台なのでした。  

Posted by いのうえさきこ at 23:59常なる日々

2010年05月21日

共通語な方言

捨てウイーク、まだまだ絶賛開催中。
脳内もクリアになりつつあるところで、たぶんここでは告知してない仕事を思い出したので忘れないうちに。

「web日本語」内で、コラムにつける2コマ漫画連載やってます。

こちら↓
「共通語な方言」

筆者は東京女子大教授の篠崎晃一氏。
学生たちには「シノリン」と呼ばれているそうです。
若い女性に愛称で呼ばれるというスタンスがちょっとうらやましい、私もそんなお年頃。

月一だいたい20日前後の更新です。
どうぞよろしくお願いします。

本日の「飲酒整理術」認定おつまみ。

滋賀が誇るブランド「近江牛」の干し肉by千成亭。

追記
今気づきましたが、干し肉パッケージの右端が折れ曲がったままです。
こういうずさんさは性格的なものなので、飲酒整理術理論をなんら脅かすものではありません。  

Posted by いのうえさきこ at 01:37常なる日々

2010年05月20日

捨てウイーク

うちの界隈は火曜日が燃えないゴミの日なのだが、先日火曜に大量のCDケースばかりを45リットルのゴミ袋3袋につっこんで出しておいたら「燃えるゴミの日に出してください」シールがはられて置き去りにされていた。

東京23区、プラスチックは「燃えるゴミ」カテゴリーなんですと。
しかも2008年から。
…知らなかった。
まるまる2年間も。
どんだけ取り残されてたんだ私。

自分のほうけ具合に少なからずショックを受け、再度ずっしり重いゴミ袋をかかえて自分の部屋にもどったとき、スイッチが入ったのだと思う。



まず3回に1回紙づまりとエラーを繰り返していたFAXを捨てた。
起動しなくなった旧PCを、データ救出業者に出した。
引き出しからあふれかえっていた過去の仕事資料をほぼ捨てた。
切り抜いたものの、一度も目を通さなかったファイルを捨てた。
漫画を専用ケースに全部納め、いらない本はブックオフに売り払った。
ぐずぐずとっておいたかさばる掲載誌をしばって資源ゴミの日に出した。
捨てられない掲載誌はバンカーズボックスにつっこんだ。



3年着てない服を問答無用でゴミ袋につっこんだ。
着心地はいいが毛玉のできている服を捨てた。
デザインは好きだが着心地の悪い服を捨てた。
着心地がよくてデザインも好きだがまったく似合わない服を実家に送った。
3分歩くと足が痛くなる靴を捨てた。
中敷きで調整しまくってもすっぽ抜ける靴を捨てた。
たまりまくったコスメ用品を、女捨てない程度に捨てた。
液体系の化粧品をお風呂上がりカラダに塗りたくった。



冷蔵庫のアンタッチャブルな食べ物をすべて捨てた。
冷凍庫の冷凍ごはん玉と冷凍ネギと冷凍ショウガと冷凍カレーをすべて食べた。
数年前に消費期限切れになっていた紅茶と中国茶と乾物をすべて捨てた。
香りがまったくしなくなったスパイス類をまとめて捨てた。
冷蔵庫にスペースができたので整理してお酢でふきまくった。
たまりまくった割り箸を松居棒にして使いまくった。
変な食器を捨てた。



というわけで、更新していない間ひたすらモノを捨てていた。

人の一生は重きゴミを背負いて遠き道を行くがごとし 。
不自由を常と思えば不足なし。

とか思っていたが、いざゴミが減るとやはり不自由も減って非常に風通しがよい。
なにより障害物をよけながら歩かなくてもいいのがすばらしい。
そして探し物の時間が格段に減った。
さらに掃除がものすごく簡単になった。
そのうえ朝7時台に起きられるようになった(これは「ゲゲゲの女房」を観ているためなんだけど)。

ああ、なんでもないようなことが、こんなにも幸せなんて!

ちなみに、やはり大量に在庫をかかえているお酒は、捨て作業中にも順調に胃袋と肝臓に吸収させている。
「まだとっておきたい」というモノに対する執着が、酔いがまわるにつれ「まあいっか」に変わっていき、ある意味非常に効率がいい。

以前、漫画で「飲酒ダイエット」を提唱していたが(賛同者はほとんどいなかったが)、今度は「飲酒整理術」が描けるかもしれない。

さあみなさんごいっしょに。



不思議なのはこれだけ捨てまくったのに、まだまだ私の部屋にはモノがあふれかえっているというこの事実。
今夜も飲まずにはいられない。  

Posted by いのうえさきこ at 13:55常なる日々

2010年05月09日

逢ひみての後の心にくらぶれば

セブンイレブン限定「ハッピーパウダー250%ハッピーターン」を今さらながら。



もう普通のハッピーターンには戻れない…。  

Posted by いのうえさきこ at 23:59常なる日々

2010年05月06日

華麗なるおつカレー!

先日遊び(飲み)にいった少女漫画家M先生宅で用意されていた思わぬサプライズ。



予想だにしていなかっただけに、ぐっときた。


私は絵を描くのが好きでお話を考えるのが好きで、あとお金のためとか生活のためとかお買い物のためとかお金のため(2回目)に漫画を描いている。
でも基本は「誰かに喜んでほしい」という気持ちで描いているはずで。

その「誰か」が本当にいるのかどうかという問題は


一部の天才をのぞき、その「誰か」を妄想たくましくイメージできる人間は、ウケる漫画を描けるような気もする。
だから人気のある漫画家は、いい意味で期待を裏切る、思いもかけないプレゼントができる人間なはず(断定)。

漫画も贈り物も考えすぎて一周してしまうことの多い私だが、こういう真のプレゼントができる女になりたい。
と強く思った夜だった。

ちなみに当日私が持っていったのは、自分が飲むためのスパークリングワイン。
S先生は野菜高騰のおり、手作りのお煮染めと季節を感じる菜の花のおひたし。

…日々修行だ。
  

Posted by いのうえさきこ at 14:38常なる日々