2010年04月24日

『2人の夫とわたしの事情』

『2人の夫とわたしの事情』でシアターコクーン。
原作サマセット・モーム。脚本と演出ケラリーノ・サンドロヴィッチ。

3幕まんべんなく笑いっぱなし。

松たか子が「わがまま放題でずるくて身勝手で浪費と自分のこと(だけ)が大好きで、けれど可憐でかわいくて、どうにもこうにも憎めない、いい女」ヴィクトリアを演じる、とことん軽くてしょーもなくて、けれど底抜けに楽しい喜劇。

松たか子って、こういうS気質なわがままキャラを演じさせたら本当にうまい。
アテ書きか!と思えるほどにぴったりの役どころ(いや、松たか子ご本人の人間性は知らないので、あくまで女優としての、なんですが)。
私利私欲のためならどんな手段もさらりと実行しつつ、常に保身も忘れない。
自分の魅力を十二分にわかっていてあっけらかんと利用し、常に上位の男を渡り歩く生き方は、女ならば一度は目指してみたいものだ(笑)。

ヴィクトリアのおかん(新橋耐子)もこの親にしてこの子あり。
人妻である娘に、次なるターゲットである成金男を盛んにけしかける。
貞淑さのかけらもないんだが、本人たちはいたって貴婦人然たる態度を崩さない。
こういうたくましい母子、好きだなあ。

2幕のすっとんきょうで寒々しいインテリアの客間、3幕のしょぼくれた食堂シーンなど、一見凡庸に見えるセットも、うまーく物語の流れに生かされていて、ケラらしいくすぐりがいたるところに埋め込まれており、そうとうに可笑しい。

1人めの夫役・段田安則と2人めの夫役・渡辺徹の小物っぷり、友情と愛情と諦念と我欲、そして非常にせこい押しつけあいも見どころ。
全幕徹底してヴィクトリアにひどい目にあわされてるのに、なんだかんだで最後までこの妻に対する愛情がにじみ出てしまう展開も、男性というものの根底にあるやさしさとかわいさを感じる。


宣伝イラストは金子國義画伯。
オマール海老のモチーフがシニカルでおかしくてそれでいてエロチック。
このお芝居になんともぴったり。  

Posted by いのうえさきこ at 23:59常なる日々

2010年04月23日

グランビエール2010

東京ミッドタウンにて「グランビエール2010」

どこも本当に個性的で情熱こもってて非常に迷ったのだが、さすがに全部の試飲は厳しいので去年出店していなかったメーカー中心に、やはり去年好きだったところを再確認しつつ足下おぼつかなくなるまで飲みまくり。
個人的にはベルギービールのアウト・グース、パレスチナのタイベビール、それに足柄ハッピーモルトがおいしかったなあ。

続きはwebで! 
じゃなくて紙媒体「ヤングチャンピオン」連載中の「倒れるときは前のめり。」で!


より香りが楽しめるという形状の試飲グラス。  

Posted by いのうえさきこ at 23:59常なる日々

2010年04月18日

春を待ちながら

恵比寿にあるカウンターのみの割烹「かみはら」で食べた菜の花の茶碗蒸し。


具は菜の花オンリー。
ほんのりと苦みを感じる菜の花の緑と、たまごの黄色がどこまでも春爛漫。
器と胃袋に充満した暖気が、ずるずる続く外の寒さを忘れさせてくれる。

ちなみにここで食べられるのは、ごくごくゆったりのペースで出される季節ごとのおまかせ料理7品コース5500円のみ。
〆の土鍋ごはんとお味噌汁が出るまで飲み放題で5500円。
ビール(これは1人中びん2本まで)、焼酎(「黒霧島」等)、日本酒(宮城の地酒「宮寒梅」2種)、ソフトドリンク(「ビワミン」という健康ドリンクがおいしかった)、どれだけおかわりしても5500円。

酒飲みでいやしくて優柔不断で、貧乏性なのにお金の計算ができない私にとってのパラダイス。  

Posted by いのうえさきこ at 18:13常なる日々

2010年04月17日

怒髪天初野外ワンマン

極寒のなか、日比谷野外音楽堂で怒髪天
結成26年目にして、初の野音ワンマンライブ。
と書き出して、確認のためにググってみたらデイリースポーツのサイトでこんな記事になってるのを見つけて驚愕。

ライブの様子が、ニュースサイトにのるバンドになったんだ。
たとえ極小記事でも。たとえデイリーでも(失礼)

と思ったら。


私がはじめて怒髪天のワンマンライブを見たのは、確か渋谷のO-WESTあたり(てかまだON AIR WESTと呼んでた時代だったかも)。
で、その後O-WESTより倍ぐらいキャパの広いO-EASTでワンマン、ということになったらいきなり客席がスカスカ。
現実の厳しさを自分のことのように思い知ったのだった。

しかしきょうの野音はこの寒さにもかかわらず、みっちみちのお客さんで。
客の1人であるはずの私まで

増子兄ィはいきなり2曲めから滝のような涙。王子も坂さんもシミさんまでもがほほを濡らしてた。

メンバー全員40overで、ここにきてどんどんライブ会場を大きくしてきて、しかもライブに来ているファン層がいわゆる慣用句でなく老若男女(まあ10代から50代ぐらいではあるんだが)。
こんな奇跡もあるんだなあ。

怒髪天のライブに行くと、年齢で自分に限界を作ってしまうことのつまんなさをつくづく思い知る。
年をとるって意外に悪くない。
そう思ってもらえる大人に、いつか私もなりたいものだ。  

Posted by いのうえさきこ at 23:59常なる日々

2010年04月14日

ごっつマザー!

『you』(集英社発行)に連載していた4コマ漫画「ごっつマザー!」が、明日15日発売の回で大団円を迎えます。

結婚も出産も、当然嫁姑戦争も経験したことのない私が、あつかましくも東の嫁と西の姑のあつれき同居バトルという、これまためんどくさいテーマで描き続けてきた「ごっつマザー!」。
当然現場のシリアスさなど、想像はできても本気の部分はわかりえないわけで。

それでも、赤の他人同士がいくつもの山を乗り越え泣き笑いながらいつしか「家族」になっていく。
そんな未知の課程に憧れを持っているからこそ、描き続けてこれたのかもしれません。


その憧れが、たとえファンタジーであったとしても。


毎週描いていたキャラクターと離れるのは少し寂しいですが、今後行き詰まったとき、毒舌の彼女たちに心のなかでつっこませていこうと思います。

いままで読んでくださっていた読者の皆様方、現在育児休暇中の前担当編集Tさん、現担当の編集Kさん、本当にありがとうございました。

数ヶ月お休みいただいた後、再び『you』で新連載をスタートさせる予定です。
今から脂汗が出まくりの企画ですが、がんばります。
どうぞよろしくお願いします。  

Posted by いのうえさきこ at 19:41常なる日々

2010年04月12日

『素直になれなくて』

『TVぴあ』細道取材で今週木曜夜10時スタートのドラマ『素直になれなくて』完成披露試写と舞台挨拶。

ツイッターを通じて知り合った若者5人の人間ドラマが交錯する、いわゆる青春群像劇。

主要登場人物の1人、中堅出版社勤務の美形の男性編集者(玉山鉄二)が、女性編集長(渡辺えり)から路上で激しいセクハラを受けるシーンがあるのだが、「それはあからさまに脅迫レベルではないのか!?」とつっこみたくなる場面で、と同時に「なるほど! こういうリアルタイムのドラマを観ているときにツイッターでつぶやけば、仲間とこの思いを共有できるのか!」と独り合点がいったのであった。
ツイッターしてないんだけど。

なんにせよセクハラアタックを受けて苦悩する玉鉄のその後が楽しみだ。
セクシーダイナマイト渡辺えりも楽しんで演ってるような気がする。
こんな編集部があったら納品を装いつつ、市原悦子のように見つめていたい。


そしてこんなツイッターならフォローしたい…。

あ、イケメン裸祭も少々ありました。  

Posted by いのうえさきこ at 19:53常なる日々

2010年04月08日

『薔薇とサムライ』

新感線RX公演『薔薇とサムライ』で赤坂ACTシアター。

どうにもこうにもいろんな予定が滞っている日常のなかで、体にたまっていたオリが一気に流れ去ったかのような痛快活劇。
すんごく面白くて「もうあんまり深く考えなくもていーや!」と思えるほどに楽しかった。

『五右衛門ロック』から続くオタ的小ネタや乙女爆弾が随所に仕込んであって、心のいたるところではじけまくり。
天海祐希はひたすらかっこいいし、古田新太は太ってても輝いてるし、橋本じゅんは激キュートだし、浦井健治 はいいキャラ立ちだし、お客さんはもうやったらみんな笑顔だし。
休憩はさんで3時間半があっという間。

あまみんのオスカル姿が観られたのもよかったなあ。

宝塚版はデコ全開ヅラだったと思うが、原作は前髪の中央ちょろり垂れがセクスィーなのだ。

しかし久々に描いたらヘタになってて愕然だ。
そしてやっぱり『薔薇』が進歩していない。
ここが少女漫画家とポンチ絵描きの超えられない壁というやつか。

蛇足ですが『ゲゲゲの女房』いいです。
『ちりとてちん』以来のわくわく感。
連ドラが楽しいと、毎日がこんなにも楽しいとは。  

Posted by いのうえさきこ at 23:59常なる日々