2010年03月27日

THE FINAL

「立川談春25周年スペシャル独演会ーTHE FINAL-」で東京厚生年金会館。


演目は「粗忽の使者」「愛宕山」「たちきり」。

定評のある談春の「たちきり」。
談春バージョンは、若旦那にお灸をすえるため、芸者からの手紙を隠して百日間蔵に閉じ込める番頭さん自身の人生と心情にけっこうな時間を割いていて、これが、ベースにある若旦那と小糸の悲恋話に深いコクを加えている。

「たちきり」という噺に出てくる登場人物は、女将さん以外ピュアが過ぎて、「あほちゃうか」っちゅうほど不器用に感じる。
悲恋の物語ゆえ人々がピュアなのは当然なんだけど、正直「そんなに好きならなんで信じられなかったのか」と、どうしても思ってしまうのだ〜。
特に小糸。
花柳界で生まれ育って、男と女の酸いも甘いもいやというほど見て来ているだろうに。
古典にツッこむのは無粋とはいえ、人情噺として聴くとどうしてもねえ。
結局私は最初に米朝で聴いた「たちぎれ線香」の、あえてのにぎやかな上方演出のほうが好きなんだなあ。

とはいえそこはさすがの談春。
薄汚れた私の心にも、女将の語りシーンはしんしんと響く。
あっちこっちですすり泣きの渦。
「愛宕山」で爆睡していた両隣の初老の紳士も、「たちきり」ではわれんばかりの拍手を送っていた(いや「愛宕山」もすばらしかったですよ。念のため)。

ちなみに東京厚生年金会館は、この3月いっぱいで49年の幕を下ろす。
ファイナル公演は談春、さだまさし、松山千春という、なんともマイ思春期スターな顔ぶれ。

またひとつ、昭和が終わる。

  

Posted by いのうえさきこ at 23:35常なる日々

2010年03月16日

シェー!婆


タイトルはクライアントの商品がらみで。

『TVぴあ』取材で有明のパナソニックセンター。
KAT-TUNの亀梨くんがCM新キャラクターをつとめるメンズシェーバー「ラムダッシュ」シリーズの新キャンペーン発表会です。
この電気シェーバー、お風呂剃りができるってことで、シャワーあびまくりシズル感ありまくりな亀くんの新CM映像のご紹介ルポは次回『TVの細道』にて。

初めて描くタレントさんは資料写真をPCいっぱいにアップにし、いかなるときも目につくようにしている(準備運動みたいなもんですね。ま、どんなに準備してもコケるときはコケるんだけど)。



で、人気芸能人はアイドルや二枚目俳優はもとより、どんな芸人さんでも三枚目キャラでも、ちゃんと視線に耐える顔だちだなんだなあと毎回思う。
自分の写真なんか眺めてると2秒も耐えられないし。
てか比較する対象がアレではあるんですが。

今回の亀梨くんの顔も本当に隙がないのだ。
巨大にしても美しい。
もうちょい貼付けておけば女性ホルモンが出てシェーバーいらずかも。

油断するとヒゲがね…。


話は変わるが今回の発表会、パナソニック広報のアラフォー男性(自分で言っていた)が進行担当だったのだが、この方がけっこうなイケメンなのにやったら話に自虐小ネタを仕込んできていて、妙にツボに入った。
自分では上方のお笑いを特別視しているつもりはないけれど、こういうのってやはり大阪発祥の企業ならではだなあ、と思う。

というわけでWikiから拾った松下幸之助語録を引用。

「ご苦労さん。ええもんが出来たな。さあ、今日からこの商品が売れなくなるような新商品をすぐに作ってや。」(新製品内覧会で)

ちょっと笑えて、すごく怖くて、そしてやっぱり面白い。  

Posted by いのうえさきこ at 23:59常なる日々

2010年03月11日

各停申告

領収書を整理しながら
「なんでこんな本買ってんだろう」とか
「このリュック、一回しか使ってないな〜」とか
「辛旨チキン食べ過ぎだろ」とか
「ここの生レバ絶品なんだよね〜」とか
「それにしたって焼き肉多すぎ」とか
「いくらなんでも飲み過ぎた」とか
「早くここのたらの芽の天ぷら食べにいかなきゃ!」とか。
そりゃいつまでたっても目的地に着かないわけだ。

そして、自分の収入と支出のバランスの悪さに、真正面に向き合えない弱い心をなんとかしたい。
  

Posted by いのうえさきこ at 11:49常なる日々

2010年03月06日

啓蟄

今月のボツ原稿。


しかしながら明日の東京は雪予報。
ほんま、わややわ。  

Posted by いのうえさきこ at 10:12常なる日々

2010年03月02日

『TALK LIKE SINGING』

赤坂ACTシアターで『TALK LIKE SINGING』。

今ちょっとせっぱつまり中なので印象だけを覚え書き。

NYオフブロードウエイ初上演の逆輸入ミュージカル。
作・演出 三谷幸喜 音楽 小西康陽
出演 香取慎吾 堀内敬子 新納慎也 川平慈英

小西さんの音楽がい〜んです(慈英風)。
かわいくてオシャレでキラキラ。理屈抜きで楽しい。

脚本も安心して笑える。
慎吾ちゃんというキャラを生かした、ほのぼのとあたたかい物語。

香取慎吾。主役としての歌とダンスは少々厳しいかな〜。
しかしその疑問符を上回るかわいさ。ああターロウかわいい。
と書くと「かわいいだけ?」と思われるかもしれないが、「かわいい」ってすごい才能だと思う。
舞台に上がっているだけで、にこりと笑うだけで周囲をピカピカにする。ついつい微笑んでしまうかわいさ。
そういう意味で希有な存在感。

堀内敬子。透明感のある歌唱力とキレのあるダンス。
この人が慎吾ちゃんの歌にハモると、歌が生き生きと踊り出すように会場のすみずみにまで広がっていく。
お固くてけなげで、でも慎吾ちゃんの相手役としても遜色ない愛らしさ。はあ、本当女優さんってすごいなあ。

新納慎也。モデル出身だけあってスタイルがよくって舞台映えもいい。お得なキャラクターというせいもありすごく目立ってた。

川平慈英。さすがに達者。舞台に出ているだけで場がしまる。くどいギャグもこの人ならハマる。

字幕の使い方に小技が効いてておもしろい。こういう洒落っ気のある遊びは好き。

お客さんはおそらく慎吾ちゃんのファンが8割以上だろうか。
案内係のお姉さんが不思議なアナウンスをしていて、なんともいえないアウェー感。

そんなこんなで連日立ち見席も出る満員御礼なわけで、そんな状況じゃ望むべくもないのだが、この舞台にACTシアターはちょっと大きいんじゃないかなー。
ステージ上がちょっとスカスカな印象。もうちょいこじんまりした箱のほうがぐーんと映えるお芝居な気がする。
それにともなってチケットもあと2000円ぐらい安くなってくれれば(笑)。

とはいえ、なんのかんの言いつつもおおむね満足。
早春にふさわしい気持ちのいいミュージカルでした。
  

Posted by いのうえさきこ at 23:59常なる日々

2010年03月01日

8年前と4年前と現在

いろいろ思うところだらけなバンクーバー五輪であったが、なにはともあれ終わった終わった。

オリンピックなどまるで興味がないという人もいるだろうが、その年その年のオリンピックを追っていると、選手の成長をおかんのように見守れる楽しみ(一流選手に対して大変不遜ではあるのだけど)というものもあったりして、これがまたオツなものなのだ。

で、そのおかん的しみじみ感を改めて味わった3つの動画(ニコニコ動画なので登録しないと観られませんが、画面に合わせた字幕が秀逸なので、よろしければぜひ!)で、私の中のオリンピックを締めくくりたい。
いいもん観せてもらって、本当にありがとう〜!


2002ソルトレイクシティ五輪 男子シングル表彰式

2006 トリノ五輪 男子シングル表彰式

2010バンクーバー五輪 男子シングル表彰式


おまけyou tube動画。
Evgeni Plushenko - Tribute to Vaclav Nijinsky
「ニジンスキーに捧ぐ」エフゲニー・プルシェンコ
フィギュア採点方式がまだ現在のものでなかった2004年の、プルシェンコ神がかりスケーティング。  

Posted by いのうえさきこ at 19:49常なる日々