2009年10月11日

鮒寿司

『食わせろ!県民メシ』のネタとして、やはり最初は私の地元である滋賀の名産・鮒寿司の話を。

名産、と書いたものの、いまや滋賀の人間でも祝い事の場所ぐらいでしか口にしていないかも。お若い方なら特にそう。まして県外なら、よほどの酔狂以外、積極的に食べている人はいないと思われる。

一番の理由はご存知の通り「におい」だ。

例えるならウォッシュタイプのチーズを数日放置したような、すっぱいような、目にしみるような、ひょっとしてフェロモンのような、でも悲しいような、なんとも形容しがたい
とってもいいにおい。

しかしながら、うちの家族はその鮒寿司をなんだかんだでしょっちゅう食べていた。

実家では琵琶湖の沖島(知らない人も多いのだが、琵琶湖には4つの島があり、そのうち沖島には400人以上の人が住んでいる)のとある漁師さんと契約して鮒寿司を樽ごと買っている。
で、この漁師さんの漬ける鮒寿司がそりゃもう絶品で。
安いものではないので「何かあったとき」にしか食べないようにしているのだが、なにせ家族全員根っからのフナズシストなので、消費を抑えるのも一苦労なのだ。

「娘が里帰りしたから」といっては食べ、「息子が家に寄ったから」と言っては食べ、「孫が賞をもらったから」といっては食べ、「お正月だから」「お盆だから」「墓参りだから」「秋祭りだから」「春祭りだから」「親戚が集まったから」「お客さんが来たから」当然食べ、まあ結果的には年がら年中「食べたいときに」食べている。

でもこうして書き並べてみるとやはり、「いいことがあったとき」食べていたのだな。

だから私にとって鮒寿司の匂いと味は、いつも嬉しい、楽しい記憶と共によみがえる。


本日、この本の献本分が届いたので、実家に一冊送っておいた。
明後日あたり、父も母も「不肖の娘が新しい本を出してもらった」と言って、鮒寿司を食べているに違いない。

『食わせろ!県民メシ 47都道府県のお国自慢グルメ』
(文:永濱敬子 漫画:いのうえさきこ 発売:講談社 税込1050円)
  

Posted by いのうえさきこ at 19:31『食わせろ!県民メシ』