2008年08月28日

サルものはヒヒにうとし

暴風雨のなか、「立川志の輔独演会」でなかのZERO大ホール。

昨年から引き続きマイ『ちりとてちん』ブームで、仕事先の落語の先達から米朝や園生の音源をMDに落としてもらったり、自分なりに落語CDを買ってみたりしていたのだが、とりもあえず生落語を聞かにゃどもならん、というわけで時間をふりしぼって聞きにいってきました。

いやいやいやいやすばらしかった。
当代随一の噺家と言われるのが、私のようなど素人でも強烈にわかる2時間でした。
この間の北京五輪と集中豪雨をネタにした長い長い枕は、「熱海小田原間」「新幹線」「グリーン車の車掌さん」だけで10分はもたせただろうか、すでに腸捻転状態。さらにそれに続く演目「猿後家」のあまりのバカバカしさに、笑いのツボが押されまくり。

中入り後、続く「柳田格之進」の迫力ある息詰まる攻防に冷や汗。
これ以上はないという絶妙な間合い。
話し手がお侍さんにかわる瞬間の、凛とした品性あふれる空気を作る志の輔師匠に何度もハッとさせられる。
これが「情景が見える」ということなのか。
気品。緊張と弛緩。笑い。そして涙。ライブの迫力はただならぬものでした。

はあ〜、こんなすばらしいものが3800円で観られるとは、いい世の中だ。
師匠も言ってたが、とりあえず落語を聞くには日本語がわからなきゃいけないわけで。
肝心要の日本語すらおぼつかず、海馬が崩壊しかかっているマイ脳の昨今だが、とりあえずできるだけ老人脳の進行を遅らせないと、と心に誓った一日。

長い人生、笑える機会は多い方がいいだろうから。  

Posted by いのうえさきこ at 23:59

2008年08月21日

STAY GOLD

心から願った夢や希望でも、その気持ちを変わらず持ち続けるのは本当に本当に大変なことだ。だからこそ、そのための努力を続けている人は、きっと誰の目にもまぶしく光り輝いて見える。

女子ソフトボール悲願の金メダル。
誰もが感じたことだろうが、本気でいい試合だった。
阿鼻叫喚の前監督・宇津木氏の解説にも泣き笑った。
ダイジェストを何度見ても嬉しい。おめでとうー!  

Posted by いのうえさきこ at 23:59

2008年08月20日

かっこ悪い日焼け方

年寄りの冷や水焼け(涙)。
しかもなぜななめ。  

Posted by いのうえさきこ at 18:15

2008年08月19日

戦いすんで日が昇り

今年も参戦してきました「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2008 in EZO」(8月15、16、17日)。
汗も涙もいっしょくたの泥まみれの土砂降りで始まり、突き抜けるような青空から目の覚める黄色い太陽で終わった2008年のEZOロック。RSRに行けるようになってまだ3回めの私だが、今年は本当に本当に過去最高に美しいご来光でした。

メンバーは「いつもめんどくさい手配もろもろありがとう!」の社長&Wやん、「大阪からようお越し」の社長ブラザーズ Iちゃん、Iちゃんのサックス友達、大人の女・Yちゃん、と私の計5人。

あああー、いやもう楽しかったなあ。いや毎年楽しいんですが。最近楽しすぎると泣けてくるんですよ。若いときより残り人生少なくなってるからかもしれません。
ライブ以外のトピックはテントサイトで泥酔中・怒髪天の増子ア二ィといっしょに写真とってもらったことだなあ。ピースフルピースフル。

ビールもとっぷり飲みました。暑いともう飲むしかないですよね。
今現在、新千歳空港で仕入れたいくらしょうゆ漬けとか生ウニとかスナッフルズのチーズケーキとかユンケルとかファイト一発とかマカとかでドーピングしまくりなんとか仕事モードを維持している状態だが、これがキレたらいったいどうしたらいいのか。

ライブ所感はまた書けるときにでも。
とにかく力一杯ありがとうライジングサン!   

Posted by いのうえさきこ at 23:59

2008年08月12日

知ったか乗ったか屋形船

漫画家・S森先生presents屋形船の夕べ。
刺し盛り揚げたて天ぷらデザートまでついて、ビール焼酎日本酒が飲み放題の東京湾レインボーブリッジお台場めぐりのコースをみっちり2時間堪能させていただきました。
激しく暑い一日だったものの、船の上にある展望デッキに上がれば風は心地よく。初対面の人も多かったのだが船を降りてからもうきうきお酒を飲んでいたらいつの間にか朝。ええもちろんみじんも後悔してませんよ。

思えば私の生まれてはじめての漫画投稿は、S森先生のボクシング漫画に触発されて(というかひどいありさまの劣化コピーで)描いたラブストーリーもの16ページ。そのときの原稿は箸にも棒にも努力賞にもひっかからないまま月日は流れてしまったのだが、その数十年後、形を変えてまた漫画を仕事にできるようになり、さらにめぐりめぐって今S森先生の目の前でお酒が飲める日がやってきた。

生きてるとこういうご褒美もちゃんと用意されているんだなあ。粗相だらけの生き方ではあるけれど。
少々恥をかいたって死にはしない、という証しかもだ。  

Posted by いのうえさきこ at 23:59

2008年08月11日

高尾山に登ってきました

ダジャレを思いつく隙もないほど絶望的にヘトヘト。

完璧な装備で望んでいたのに、サンダル姿の女子にかろやかに抜かれていく。
これほどまでに体力が落ちていたとは。富士登山をしたいとか周囲に触れ回っていた自分を、過去にもどって回収したい。そして燃えるゴミに出したい。
しかしながら山頂で飲んだビールはこの世のものとは思えないほどおいしかったのだ。

♪この一杯のビールのために生きていると思えるほどさ(by怒髪天)  

Posted by いのうえさきこ at 23:59

2008年08月08日

ストリートひゃー!

Googleストリートビューで、もちろんまっさきに自宅アパート前を歩いてみた。

バーチャルお散歩状態でへらへら笑いながら感心していたのだが、自分の部屋の窓際に置いてあった、友人の中国土産である陶器でできた巨大なチャイナガール貯金箱(顔のみ)の、不気味なシルエットが窓越しに確認できてちょっとびっくりする。
こんな写真を撮るのなら、一言言ってほしかった。
おしゃれげな観葉植物でも置いておいたのに。いや問題はそこじゃなく、こんな置物を常日頃ご近所さまにさらしている状態のほうか。

よれた格好で外歩いている姿を撮られるよりましだったと思うべきか。
映像や写真を通すと、知らなかった自分が見えてくるものです。  

Posted by いのうえさきこ at 21:17

2008年08月06日

ハンサム☆スーツ

『TVぴあ』TVの細道取材で『ハンサム☆スーツ』試写会&舞台挨拶。
脚本/鈴木おさむ 監督/英勉 出演/谷原章介 塚地武雅 北川景子
11月1日“レッツ、ハンサム“ロードショー

着ると「ハンサム」になってしまうスーツを手に入れた「ブサイク」な男が七転八倒しながら真実の愛をつかんでいく、せつなくもばかばかしくそしてきっちり笑えるラブ・コメディ。
よくもまあこんな面白い設定を思いつくもんです。約2時間、ゲラゲラあっけらかんと笑わせてもらいました。

男性はもとより女性ならば誰しも(美人はのぞく)「美人になりたいなあ〜」と思うものだろうが、私も例にもれずいたいけな小学生時代、「ひみつのアッコちゃん」コンパクトを手に飽きずに「お姫さまになーれー♡」と例のお題目をとなえていた。
現実を受け止めるのにそんなに時間はかからなかったが、やがて『つる姫じゃ~っ! 』(土田よしこ)のつる姫さまに出会い「こんなお姫さまでもありじゃない?」とか思ってしまったのが我が人生の歯車の狂い始めだったのかもしれない。こじつけだけど。

ただ、ふだんはお下劣で不潔で周囲に迷惑ばっかりかけているものの、時おりとってもやさしくいじらしい性格がチラ見えたりして、実のところしみじみかわいい女の子だったような気がする、つる姫さま。

どこかで幸せになっていてほしいものだ。  

Posted by いのうえさきこ at 23:59

2008年08月05日

ワシントンのマンハッタンの東京都庁

新宿ワシントンホテル25階のマンハッタン・テーブルにてA社編集K氏と打ち合わせ飲み。
昼間吹き荒れていた雷雨もおさまり、絶好調の都庁(職員残業中の)夜景が眺められる窓際カップルシートではあったが、相手は私の年の半分と言っていいほど若いお嬢さん。まあいいんですが。ビールもワインもおいしかったし。

とりとめのない話がはずみつつも、仕事のお話もきっちりしつつ。もう飲んじゃったしなあ。ということでしばし時間をいただくことに。

ああ、やはり夜景パワーはすごいねえ。  

Posted by いのうえさきこ at 23:59

2008年08月03日

本当の入浴グリル

ライターWやんの誕生を祝ってパークハイアット東京52階のニューヨークグリルで自腹ディナー。気分だけは「セックス・アンド・ザ・シティ」だ。まあいつか背後から殴られるんだろうけど。

息をのむ夜景もさることながら、ウエイターやスタッフ〜が美男美女揃いで入ったとたんびびりまくり。
決して今どきではないのだが、いろいろなタイプのいわゆる「イケメン」といわれる品のいい(重要)男子が、にこやかに料理をサーブしてくれる。全員高身長で顔が小さいのは、立ち仕事におけるビジュアル面を考慮したに違いない。

ポーションが大きいと聞いていたのでアラカルトで注文。女4人で前菜2種、メインを4種選んでシャンパンと赤ワイン(ほとんど私が飲んでいた…)とお願いしていたバースデーケーキとコーヒーで〆。
写真は岩手産`岩中豚`骨付きロース300g。
「クレイジーな料金設定」との噂だったが、夜景とサービスと眼福と思えば至極納得のお会計でした。もうしばらくは来れないでしょうが。

その後、酔った勢いで荻窪駅まで中央線で移動して「なごみの湯 湯〜とぴあ」
ええ、日本人は温泉ですよ。最後はみんなここへ帰ってくるんですよ。でもなんで「ニューヨークグリル」のあと「健康ランド」なのか。連想ゲームのつもりか。今となっては誰にもわからない。

翌朝の太陽が目に痛かったことだけを覚えている。  

Posted by いのうえさきこ at 23:59

2008年08月03日

「忘れようとしても思い出せない」(『天才バカボン』より)

天才・赤塚不二夫逝去。
おもしろい漫画を、ありがとうございました。  

Posted by いのうえさきこ at 23:59

2008年08月01日

sisters

パルコ劇場で「sisters」。
作・演出/長塚圭史 出演/松たか子 田中哲司 鈴木 杏 吉田鋼太郎 中村まこと 梅沢昌代

どっと疲れた。

芝居がつまらないわけではない。むしろめちゃくちゃ面白い(この言葉も語弊があるのだが)。
きりきりと頭の奥をねじ上げられているような、どうしようもなく痛々しい、救いようのない、どこまでもどす黒い、そしてすごみのある舞台だった。

真相が徐々につまびらかになっていく場面では、舞台と客席の空気がピンとはりつめたているのがひしひしと伝わってきて、いや、もう今は「すごいものを観てしまった」という気持ち。
私の斜め後ろの男性は、何度も何度も静かな深いため息をついていて、それすらも静まり返った客席にひびきわたっていたから、たぶん他のお客さんも同じ気持ちだったのではないだろうか。

長塚圭史は苦手だと思い込んでいたが、今回はとてつもなく言葉がしみこんできた。
もちろん役者さんの力量もあるんだろうが。
杏ちゃんは若いのにすさまじくうまいし。松たか子の狂気の表現にも胸をつかれた。
吉田鋼太郎はシェイクスピアものによく出ている人なんだね。さすがの迫力に息をするのもはばかられるほど。

帰りに渋谷駅前の「あくとり代官 鍋之進」にて「焼きメレンゲの艶々伽哩鍋」。
熱々うまうまのカレー鍋で、体中にたまった澱をデトックスデトックス。
しかし年々シリアスなテーマが心身にこたえるようになってきたなあ。現実がシビアなので、舞台ぐらいはエンタメを求めてしまうということか。
「だから30オーバーの女性がジャニーズに走るのですよ」
社長の言葉が今夜はしみる。  

Posted by いのうえさきこ at 23:59