2018年07月25日

イケてる面

名古屋場所で優勝した御嶽海の七夕のお願いは
「イケメンになりたい」だった。



着々と勝ち上がっていくなか、TV越しの関取は間違いなくきりりとしたいい顔つきになっていきました。

あの短冊を見たとき、誰が今の御嶽海関を想像できたか。
「美人になりますように」という私の願いも、叶う可能性はゼロではないということですね。

  

Posted by いのうえさきこ at 22:43常なる日々

2018年07月24日

チッチェ

秋田の友人Sさんからスイカが届きました。


どどーん。

名前は「チッチェ」。
秋田の言葉で「小さい」という意味らしいです。



半分に割り、食べる2〜3時間前に冷蔵庫に入れて冷やしてしょりしょりしゃりしゃり。
みずみずしくてきわきわまで身がつまっててしょりしょりしゃりしゃり。
さわやかな甘さがバテバテのカラダにぐいぐい入って。
しょりしょりしゃりしゃりしょりしょりしゃりしゃりしゃりしゃりしゃりしゃりしょりしょりしょりしょりしゃりしゃりしゃりしゃりしょりしょりしゃりしゃりしょりしょりしゃりしゃりしょりしょりしゃりしゃりしゃりしゃりしゃりしゃりしょりしょりしょりしょりしゃりしゃりしゃりしゃりしょりしょりしゃりしゃりしょりしょりしゃりしゃりしょりしょりしゃりしゃりしゃりしゃりしゃりしゃりしょりしょりしょりしょりしゃりしゃりしゃりしゃりしょりしょりしゃりしゃりしょりしょりしゃりしゃりしょりしょりしゃりしゃりしゃりしゃりしゃりしゃりしょりしょりしょりしょりしゃりしゃりしゃりしゃりしょり。

Sさんありがとう!
最高の夏がやってきました。

  

Posted by いのうえさきこ at 22:51常なる日々

2018年07月23日

仙丈ヶ岳

南アルプスの女王と呼ばれている仙丈ヶ岳に登ってきました。
3000m越えの頂上の気温は13度。終始さわやかな風にふかれながら稜線を歩き、ご来光を仰ぎ、浄化されたような気持ちになって下山したら都内は40度越え。
暑さがことのほか身にしみています。


  

Posted by いのうえさきこ at 23:59常なる日々

2018年07月20日

東京フラフェスタin池袋2018

「東京フラフェスタin池袋2018」に行ってきました。
池袋駅西口広場にて今日から22日までの3日間、総勢180以上のフラチームがステージで舞い踊るという、大変ピースフルなイベントです。


フラの伝道師、アンクル・エド氏。笑顔が素敵。


眺めているだけでここはワイキキ。

しかしもちろん私がフラを披露するわけではなく。

我が親戚の滋賀の菓子店「菓匠いのうえ」が、このイベントブースに東近江市のPRのため出展しているので応援しに行って来たのです。まあ応援といっても、試食しただけなんですが。



推しはこの三種類ある「地酒ゼリー」。
ほのかに香る日本酒がエッセンスとなっていて、お酒が飲めない方でもつるりとした清涼感を楽しめますよ。
土曜と日曜には、私の個人的お気に入りのプリンも並びます。
同じブースには鮒寿司や地酒やトマトジュースなんかもあるので試食してみるのもありかと。

これだけ暑いともう人間、飲んで食べて踊るしかないと思います。
お時間のある方、お気軽にお立ち寄りください〜。
  

Posted by いのうえさきこ at 23:58常なる日々

2018年07月19日

パンが先かランが先かそれが問題だ

たまに代々木公園を走っているのですが、そんなときは「365日」という大好きなパン屋さんでパンを買い込んで帰るのが常となっています。
「パンがなければケーキを食べればいいじゃない」とか言いますが、米と同じくらいパンを愛する身としては、パンはケーキには変えられません。だって食べたいのはパンなのだから!

その365日のオーナーシェフである杉窪章匡氏がプロデュースしたというパン屋さん
「ジュウニブン」



店名の「ジュウニブン」というのは
「使用している国産小麦を分母10とした場合の水分量の割合12」という意味だそうで。



水分量120%ってなんじゃそりゃ、と思っていたのですが。



かみしめるごとにもっちりもちもちじゅわじゅわぶしゅー、
これは確かに通常食べ物に感じる「しっとり」を越えた「十二分」な水分量です。
それもバターで作った油のしっとりではなく、パン生地が蓄えた真の水分。

女性は日々たっぷりの化粧水をのせ、リッチな保湿クリームで蓋をして、お肌の保湿にやっきになっているものですが、食パンにこれだけの水分が蓄えられるのであれば、自分のお肌に水分を蓄えておくことだって、夢ではありませんね!

…ちょっと脱線しましたが、京王百貨店に入っているお店には、他にもバターを使った「ハチブン」、バターと卵を使用した「ニブン」があったので、また買いにいかねばなりません。
いつになったら痩せられるのかよくわかりませんが、大丈夫、走ればそのうちなんとかなります。

そしてまた私は食べるのです。
  

Posted by いのうえさきこ at 23:28常なる日々runabout

2018年07月17日

ole ole ole ole WE ARE THE CHAMP

TVで巨人阪神戦を観ていたら川藤幸三が解説で

と、やたらワシワシ言ってて、


と思えるぐらい元気はつらつ自由な解説っぷりだったのですが、



そういえば最近「ワシ」が一人称の人って少ないなーと考えていたら
「ワイ」という一人称を勝手にインタビュー記事で使われていた清原和博のことをふと思い出しました。
勝手に一人称「ワイ」にされた理由は「関西人だから」
(実際の清原の一人称は「ボク」、プライベートでは「オレ」だったそう)。

やってしまったことはともかくとして、知らない誰かに勝手なイメージを押し付けられ続ける人生って、相当しんどいだろうなあと思います。
なんとなくそんな周囲の期待に応えたくて、「ワイ」のほうのキャラにもっていこうと無理したこともあるんじゃないでしょうか。想像ですけど。

なので、これからも川藤にはありのままに「ワシワシ」言っててほしいな、と思った一日なのでした。

  

Posted by いのうえさきこ at 23:33常なる日々

2018年07月16日

Go for broke あたってくだけろ

プロレス界のレジェンド・マサ斎藤氏が75歳で亡くなり、猪木との巌流島の戦い等々、懐かしくなりいろいろ検索していました。
そこで見つけた
【男の憧れ】マサ斎藤について知っておきたい5つのこと【獄門鬼】
というページに書かれていたエピソード。

カルピスを「あんなおいしい飲み物ないよな」と常々絶賛していた斎藤氏、渡米中、収監されていた際にも大好きなカルピスを差し入れしてもらっていたということから話が飛躍し(以下引用)

「マサ斎藤はカルピスを原液で飲むらしい」
「マサ斎藤は原液一本を一気飲みするらしい」
という噂がまことしやかに囁かれることに。
しかしその後のインタビューで




と本人が証言!

(引用おわり)

なんて素敵な話だろう。
私がマサ斎藤だったら、見栄をはってカルピス原液をそのまま飲んでみせたかもしれない。
本当に強いから、そしてカルピスを愛しているからこそ言えるセリフだと、しみじみ思う。

マサ斎藤、ほんと最高!
  

Posted by いのうえさきこ at 23:30常なる日々

2018年07月15日

定点観測

ちょっと期待して昨日と同じ時間帯、昨日と同じスーパーに行ってみた。



彼(彼女?)は昨日にも増してつらそうだったし、私もどうせならもっと涼やかな絵を描きたいのですが、本日もいい日になりました。

  

Posted by いのうえさきこ at 22:39常なる日々

2018年07月14日

気温が体温

近所のスーパーの外でよく会うこの子もこんな顔になるはずです。



みなさま、どうかどうかくれぐれもご自愛ください。


  

Posted by いのうえさきこ at 23:45常なる日々

2018年07月13日

SANABAGUN.

SANABAGUN.ライブで渋谷O-EAST。



自宅を一歩出れば空気に蒸され、渋谷駅に降りれば人ごみに蒸され、ライブハウスに入れば冷房が効きまくっていようともみっちみち超満員の人いきれに蒸され。
我ながら何やってんだかと思わないでもないですが、ライブがスタートすれば音に向かって猫まっしぐらな3時間でした。

今帰宅して、ガリガリ君を食べながら、ぼんやりさっきまでの熱気を反芻してます。
ジャズでファンクでヒップホップで、そのどれでもない空気感を超絶演奏テクと歌唱力とセンスで下支えした…いやまあ要はとっても楽しかった。
平成生まれ、すごいなあ。
昭和もがんばろう。


  

Posted by いのうえさきこ at 23:58常なる日々

2018年07月11日

肉と革

『圧縮!西郷どん』の打ち上げで丸の内で肉を食べてきました。



アホのような感想しか出ないぐらいおいしかったのですが、肝心のスペシャルなお肉の写真がボケボケだったので、行きがけに見かけたスペシャルなソファの写真を置いておきます。



グラブ型チェア。ミズノ製です。



そう言えと言われているのでしょうが、実際座ってみれば身体中が亀井(巨人)のグローブに包み込まれているようなすばらしいキャッチ具合。
パンフレットには「オープン価格」と書かれていましたが、店頭では「54万円」との表示が。

…うん、明日からまたがんばろう。
そう思った一日でした。


  

Posted by いのうえさきこ at 23:59常なる日々

2018年07月10日

目を閉じればそこはアントワープ大聖堂



きょうはもう寝ますが、あしたはちゃんと起きてます(予想)。
あしたはきっと仕事がさくさく進んでいるでしょう(希望)。
メールの返事はあした朝イチでします(業務連絡)。

  

Posted by いのうえさきこ at 23:59常なる日々

2018年07月09日

我が家のヒミツ

出かけるタイミングでその場その場の書店に立ち寄り、『圧縮!西郷どん』が並べてあるナツイチフェアの棚をチェックしがてら、なにかしらの本や雑誌を購入しているのですが。


池波正太郎と乙一(敬称略)という超ベストセラー作家の間。ありがてえ!

本日、ついにその「なにかしらの本や雑誌」のついでに自分の本を購入してしまいました。


実店鋪で購入していただいた方はナツイチキャラ「よまにゃ」のねこじゃらしブックマークつきです。

これできょうは確実に一冊売れてます。

  

Posted by いのうえさきこ at 23:59常なる日々お仕事

2018年07月08日

みんな敵がいい。

敵がいないと何もできず。

と言ったのが勝海舟。

無理に味方にする必要はない。
敵は敵としていたほうが大きな事を成し遂げることができる、ということを言っていたのですね。
国づくりから人間関係にいたるまで、この世のあつれきや悩みは考えの合わない者を無理に味方に取り込もうとするところから生まれてしまうのかもしれません。

で、きょうは大河ドラマが一回お休みで『西郷どんSP』だったのですが、歴史学者の磯田道史先生がだじゃれにからめ幕末の人物を語っていました。

勝海舟には分厚いビーフステーキを用意して

ビーフステーキがいい。
(ス)テーキがいい。
……敵がいい!



その場がどんなに寒くなろうとも、私はだじゃれの味方です。


『圧縮!西郷どん』(集英社文庫)


『いのうえさきこのだじゃれ手帖』(集英社コバルト文庫)


  

Posted by いのうえさきこ at 22:19常なる日々お仕事

2018年07月07日

七夕の夜

たぶんいま日本中が思っている共通の願い事は、ただひとつ。





  

Posted by いのうえさきこ at 23:59常なる日々

2018年07月06日

23年前

日本中がざわざわした一日でした。
心がばたついたときはまずはいったん落ち着いて。



  

Posted by いのうえさきこ at 22:27常なる日々

2018年07月05日

仕事が終わっていなくても

本日はイタリアのビール醸造会社、ペローニ社のプレミアムブランド、ペローニ・ナストロアズーロの樽生ビール。
すっきりさわやかうまいです!



ビールだけは私を裏切りません。  

Posted by いのうえさきこ at 21:37常なる日々

2018年07月04日

いまさらのハイユニ

引き出しを整理していたら三菱ハイユニBの鉛筆が何本か出てきたので、


これ↑(画像はお借りしています)。

ちょっとお絵描きしてみたら、なんとまあおっそろしくやわらかく描きやすい。
仕事を始めて以来、ラフを切る時はほぼほぼシャープペンシル生活だったので、久しく忘れていました、このなんともいえないしっとりとした描き心地。
最近は全面デジタルにしたいなという気持もがあり、iPadとAppleペンシルで練習がてら簡単なカットは描いていたのですが、アナログな鉛筆はまったく別物の心地よさです。

で、そのままお絵描きしてみました。
先週放送の大河ドラマ『西郷どん』を受けて描いてます。



同じタッチはAppleペンシルでもほぼ変わらず出せるでしょうが、絵を描く快感、みたいなものは断然こっちが上だなあ。
鉛筆で描いた方が絵がうまくなる、というわけでもないのが悲しいところなのですが。

  

Posted by いのうえさきこ at 21:47常なる日々

2018年07月03日

私鉄沿線

抜糸に行ってきました。



傷跡はこんな感じでトータル9針約2センチ。帰り道は



と、思わず口ずさんでおりました。
今回はわかる人だけわかってください。
万一わからなくても、がっかりする必要はまったくないです。


  

Posted by いのうえさきこ at 23:59常なる日々

2018年07月02日

睡眠大事

懸命な方々は明日未明のベルギー戦に備え、すでに眠りについていらっしゃるのでしょう。



いい夢観るよ!

追記
「懸命」じゃなくて「賢明」でした。
でもまあ間違いでもない気がするので、そのままにしておきます。

  

Posted by いのうえさきこ at 22:12常なる日々