2017年07月26日

初めての鮒寿司

鮒寿司を漬けました。

生まれも育ちも鮒寿司県人なので、実家にももちろん鮒寿司樽があり、
鮒寿司は大好物ではあるのですが、これは生まれて初めて自分で漬けた、
正真正銘マイ樽。

指導を受けたのは日本で唯一の淡水湖に浮かぶ有人島、沖島の漁師さん。
一家に一台船所有という漁師町でございます。

(とんでもない雨の日だったので、船から撮ったこんな写真しかない)

その沖島の漁師さんが琵琶湖で獲ったニゴロブナの塩漬けを使います。

鮒寿司の作り方を簡単に言いますと

まず、塩漬けにされたニゴロブナをタワシでこすって鱗を取り、水洗いをします。
「磨き」という作業で、すみずみまできれいに洗いをかけると

下のように青光りしたボディが現れます。

キッチンペーパーで水分をふきとり陰干ししたのち


頭と内蔵部分にご飯を詰め、樽に







と交互に敷き詰めて密閉します。



あとはこの暑さを利用して一気に腐、
…いや発酵させるのです。

自分で漬けといて言うのはなんですが


マイ樽はいま、沖島の漁師さんに預かってもらっています。


樽の中ではいま着々と酸っぱ旨い乳酸菌が生まれつつあるはずですが、
半年後、ちゃんとおいしい鮒寿司になっているかどうか。
期待と不安にいやがおうにも胸は高鳴ります。

ある程度手をかけたら、あとはもう遠くからやきもきしながら見守ることしかできない。
子育ての経験はないですが、これが親心というものかしら、と思ったりしているのです。

  

Posted by いのうえさきこ at 01:44常なる日々

2017年06月19日

XXL

岡崎体育の新譜「XXL」(DVD付)を購入しました。

好きな人のCDを買っているので、音源はもちろん問題なく満足です。

ただ特典DVDのなかの「岡崎体育といっしょ!バーチャル食事デート体験」の映像が、おそらく「同棲している彼氏といっしょに食べる朝ご飯」っていうシチュエーションなわけですが、これがもうダレトクなんだっていう不思議な時間で、ついつい繰り返し観てしまっている私はひょっとしたら何かイヤな現実から逃げたいのか?と自己分析してしまったりもしたのですが、そういえば私、昔からデブ専だったじゃないか!と思い出し、だったら仕方ない、と、いま胸を撫で下ろしています。

楽曲も映像もおすすめです。
  

Posted by いのうえさきこ at 13:20常なる日々

2016年10月01日

9月が終わったら起こして

タイトルはGreen Dayの名曲「Wake me up when September ends」から。



本当に9月中寝てたわけではありませんが、なんせびっくりするほど9月の記憶がありません。
なので、9月の間にカープがよりによってドームで目の前で優勝を決めたことも覚えていませんし、翌日、私がひとつ年をとったこともたぶん悪夢に違いありません。

ついでに言うと、なんと今年はあともう91日しかないそうですよ。

  

Posted by いのうえさきこ at 12:06常なる日々

2016年09月10日

シン・コジラセ

今期の連続テレビ小説視聴では、NHK BSで再放送されている「てるてる家族」にありったけの涙鼻水をもっていかれているのですが。

脇役にも(すべてが語られるわけではない)過去やストーリーがあり、それぞれがからみあいシンクロし、(語られなくとも)ちゃんと人の情を感じさせてくれ、深刻な場面でもふっと笑える台詞を入れる。これぞドラマだなあと思わずにいられない。
これを36歳のときに書いたとは。脚本家の大森寿美男氏、すごすぎる!

そして13年後。
まさかの「シン・ゴジラ」とのシンクロが待っていたとは。

  

Posted by いのうえさきこ at 13:07常なる日々

2016年08月11日

リメークドラマ

オリンピックイヤーのたび、まんまとテレビの前に座りっぱになってしまう自分がベタだなあと思うものの、こんな素晴らしい技を何の努力もせずに見せてもらえるなんて、つくづく

と思うのです。

さらに今は高校野球(故郷代表高校は一回戦敗退してしまいましたが)も観なきゃですし、さらにさらにジャイアンツが首位カープに最大11ゲーム差からの10日現在4.5ゲーム差までに縮めていて、いや〜もう私、今ちょっと忙しいんですよお(困)とアピールしたくなるぐらい、大変嬉しい状態です。

とはいえ私もちょっとはがんばりに、明日からRSRに参戦してきます。
目指すは岡村靖幸、エレカシ、筋肉少女帯、八代亜紀、My Hair is Bad、宴会部長増子直純のよりぬき(略)、麗蘭、松山千春、奇妙礼太郎、BABYMETAL、人間椅子、Ykiki Beatあたり。かぶりまくっているので何かはあきらめなきゃではありますがひとまず。

仕事はそのあと
  

Posted by いのうえさきこ at 12:41常なる日々

2016年07月02日

意味はないけど夢がある

今年4月1日から来年3月31日まで365日、
webコバルトで毎日更新中のひめくりさきこ
無事(なのかどうかはわからない。ひょっとしたら大事故を起こしているのかもしれない。でもそんなことはどうでもいい)3か月を超えました。

友人のサッカーファンに
「サッカーでいうと前半23分過ぎぐらいだね」
と知った風に説明したとき、ふと


まあ替わりはいるんだろうけど。

そして


と考えてしまって(少しだけ)絶望的な気持ちになりました。

ちなみにフルマラソンだと10キロ地点。
大変なのはきっと30キロ超えてから。

見守ってやって下さい。
  

Posted by いのうえさきこ at 12:10常なる日々

2015年07月23日

髪は女の

先日、友人主宰のスナックイベントがあり、ホステスとしてお手伝いさせてもらいました。

で、せっかくなのでプロの銀座ホステスさん御用達の着物レンタル店で、ヘアメイク込み込みで上から下までチーママ風に着付けてもらったのですが、そのとき思ったこと。

中年の和髪は日本家屋の瓦屋根のようであれ。

庇はがっつり出せ→人生の風雪避けになる。
黒々と艶を出せ→本体の経年劣化をごまかせる。
とにかく高く盛れ→それなりに風格が出る。

どんなものにも意味はあるんですねえ。





  

Posted by いのうえさきこ at 18:17常なる日々

2015年04月09日

四月になれば彼女は

お腹の半分側がやたらピリピリ痛むので、そうじゃないかなーと思って近所の皮膚科に行ったら案の定、帯状疱疹という診断がくだりました。

まー帯状疱疹っていったらあれよね、やっぱ疲れがたまってたのよね、日本人だもの、お花見シーズンはいろいろいろいろ桜を堪能しなきゃいけなかったからね、今年の花は今年のうちに、っていうじゃない、仕方ないよだってそこに花があるんだから、やっぱりこんなときは疲労回復をはかるべくゆっくりおいしい

先生「お酒は飲まないでくださいね」

なんでバレた。



当分お酒はそこそこにして全力で免疫力をつけ、乗り切りたいと思います。
  

Posted by いのうえさきこ at 19:14常なる日々

2015年02月20日

ちょっと考えてみたんだもんじゃー

先日、あさって22日にスタートする新しいスーパー戦隊シリーズ「手裏剣戦隊ニンニンジャー」の製作発表に行ってきました(詳細は『TVぴあ』連載中「TVの細道」にて)。

「忍者」モチーフだから「ニンニンジャー」。

それ、ありなんだ!

というわけで考えてみました。
名付けて「月島戦隊モンモンジャー」。

まずはテッパンの一番人気


もち明太チーズのアカモンジャー


資金力が大人の魅力


かき味噌のチャモンジャー


いつだって子どもたちの味方さ


カレー味のキモンジャー


通におすすめ


釜揚げ桜えびのモモンジャー


表情のわかりにくさがミステリアス


イカスミゲソのクロモンジャー

必殺技は「肩甲骨はがし」と5人のフォーメーションで決める「熱々テッパン土手決壊攻め」。


食べ物関係なだけに、「アオモンジャー」が考えつかず、モチーフがもんじゃゆえ形での差別化が厳しかったのですが、ブラッシュアップの余地はまだありそうです。
もんじゃ関係者の方々、よければお使いください。

もんじゃとビール奢ってくだされば、著作権フリーです。




  

Posted by いのうえさきこ at 13:57常なる日々

2015年02月07日

ちょうせい豆乳くんと整え中

今月22日、「ふかやシティハーフマラソン2015」を走るつもりなのですが。
同日開催の東京マラソンの抽選に落ちたから、というわけでは決してなく。

日本豆乳協会公式マスコットキャラにして、カルトな人気を誇るゆるキャラ、
「ちょうせい豆乳くん」に伴走するという栄誉にあずかったからなのです。

画像無断借用

この機に豆乳周辺情報を改めて勉強しなおしてみて

調製豆乳は「調
無調整豆乳は「無調

と書き分けることを学びました。

じゃなくて。

まずはちゃんとトレーニングしなきゃなのです!
なんせもうかれこれ2か月はランニングをサボっているのです。
一方「ちょうせい豆乳くん」は、空気抵抗ありまくりのボディではありますが、
毎日豆乳飲んで元気ハツラツイソフラボーンなのです!!
平静を装ってはおりますが、正直、あせりまくっているのです!!!

ちなみにちょうせい豆乳くんとのハーフマラソン顛末、
うちで描いてもいいよとおっしゃる媒体がおありでしたら、ぜひご連絡ください。


  

Posted by いのうえさきこ at 15:36常なる日々

2015年01月28日

ブツブツ物欲

物の管理がきちんとできない性分もあって、買い物を控えていた昨今ですが、久々に欲しい物ができました。

卓球台としても使えるワークテーブル。


卓球台メーカー「三栄」×オフィス家具メーカー「プラス」ブランド「ガラージ」コラボ。

(↑一応リンクははりましたが、成功報酬とかはありません)

このテーブルを仕事場においた状態をいろいろ妄想中です。
中央をネットで区切り、片面で御飯を食べ、片面で仕事をすれば、メリハリもできていいんじゃない?

とか。

お値段もなかなかのものですが、それ以上の問題は、
いざ卓球をしたくなったとき、テーブルにのせた荷物を片付けるのに、仕事以上の労力を使うであろうこと。

都会で暮らす上でのなによりのぜいたくは、物がない空間なのだということをひしひしと感じるのです。  

Posted by いのうえさきこ at 12:45常なる日々

2014年12月15日

「深夜食堂 3」

現在じんわり放映中、深夜の危険な食欲増進ドラマ『深夜食堂 3』に、いち通行人として一瞬だけチラ映りします(たぶん)。

放送はTBSで明日火曜深夜1時11分放送ぶん、第九話「レバにらとにらレバ」回(いま気づきましたが、関西は先行放送で7日に放送済みだった…)。

一見ただ歩いているだけですが、「人生の深い哀愁を背負った中年女」という私の練り込んだ役づくりを読み取ってください。
映るのは1秒ぐらいなので、きっと集中力がものを言います。



そして明日からわたしのことを「小林薫と共演した女」と呼んでください。


……ええ、本当にすみません。  

Posted by いのうえさきこ at 17:15常なる日々

2014年06月22日

落書きカフェで帰らざる日々を思う

期間限定GINZA RAKUGAKI Café&Bar by Pentelで落書きしてきました。

店内コンセプトと他のお客さんのセンスあふれる落書き具合は、リンク先のインスタグラムを拝見していただくとして。


当日ごいっしょした面々。


合作「富士と鷹となす」。


大阪ストラット。

私が描くとオシャレ感皆無なのではありますが、いや楽しかったです。
ペン先がつぶれるほどに力をこめ、ぐりぐり書きなぐる感触。
壁に床に柱の隙間にテーブルに窓に、ありとあらゆる隙間をねらって、どうでもいい絵を描く快感たるや。

最後、おのおの理想のカレシ絵を描こうという女子っぽい試みをしてみた結果。

タッチはそれぞれではあるのですが、「絵の中のカレシ」は、なぜかみな「普通」を絵に描いたような顔をしています(いや、絵に描いてるんだけど)。

ご婦人方も熟成し、経験を重ねると、たどり着くところはここなのかもしれません。


  

Posted by いのうえさきこ at 23:59常なる日々

2014年06月12日

時間がないんですよ

仕事をしていたら隣のベランダから、突如ギターの弾き語りが始まりました。


久々の晴れ間だもの。歌いたくなる気持ちはわかるわ。


で、そのラインナップが「あなた」「恋のバカンス」「亜麻色の髪の乙女」。

ベランダで(悩みを打ち明け合ったり、感情をぶつけあったりしながら)アコギをかきならし、皆で歌を歌う。
というムーブメントが巻き起こったのが70年代ということを考えると、非常に状況にマッチした曲セレクトではあります。
挨拶ぐらいしかしたことのないお隣さんと、思わず心でハモった瞬間なのでした。


そしてその流れで、同じく劇中、屋根で歌っていた『時間ですよ』(あぶない)とか、物干し台で歌っていた『寺内貫太郎一家』(あのときジュリーは美しかった)とかが次々思い出されてきて、結果現在、両作の脚本を担当していた向田邦子の文庫本を読み返しております。

お隣さんはとんでもない時間を盗んでいきました。  

Posted by いのうえさきこ at 16:24常なる日々

2014年04月10日

今週の「花子とアン」

今週の連続テレビ小説「花子とアン」。

英語教師のスコット先生が、消灯後に夜な夜な歌っている歌は、
スコットランド民謡の「The water is wide」なのですが。



これ、昔、尼崎競艇のTVCMに使われていた曲で、関西にいるときはけっこう日常で聴いてました。
歌の途中でseaとかboatとか出てきてるし、競艇のCMだし、CMバージョンはアレンジがややアップテンポだったこともあり、てっきり水面をすべるボートの爽快さを歌っているものと思っていたのですが。

本日検索してびっくり。
失った恋人を思う歌だったのです。

目の前に広い水が立ちはだかって
私には飛びこえる翼もない。
私にボートをください。
そうしたら恋人と二人漕いでゆくのに。
(テキトー翻訳)


最初はこんな切ない歌をなんで競艇場のCMソングに。
と思っていましたが。

「広い水」をのっぴきならない状況。
「私」を鉄火場にいるおっちゃん。
「恋人」を競艇選手。
「ボート」を舟券と考えると。



歌詞の後半は、「私」がかなわぬ愛に打ちのめされる展開となっております。
ご興味のあるかたは検索なさってみてください。

ちなみに邦題は「悲しみの水辺」。
選曲した人のセンスにうち震える昨今です。
  

Posted by いのうえさきこ at 12:31常なる日々

2014年01月13日

武道館で怒髪天30周年

バンド結成30年目にして初の武道館。
怒髪天のライブに行ってきました。



2階席の天井近くまでびっしり埋め尽くされた、満員御礼の観客(兄ィも言ってましたが、1万人ってちょっとした村ですし)を前に、増子兄ィは感極まって終始号泣しっぱなし。
うん、わかっていたよ。わかっていたけれど。

嬉しくて流す涙って本当にいいなあ、と改めて思いました。

正確に言うと30年きっちりバンドやってたわけではなく、途中3年間活動休止していた時期もあるんですよね。
あまりに真っ正直にバンド活動してきたゆえの、悩みまくった末での結論だったと想像します。
でも彼らは戻って来た。
そして武道館に立った。
自分を支えてくれたバンドメンバーに、スタッフに、家族に、友人に、そしてファンに、
ありがとうを言うために。


ちなみに怒髪天、
全国47都道府県を回る全国ツアー「全国47都道府県ツアー 怒髪天、おかげさまで30周年。47都道府県勝手にお礼参りツアー “いやぁ、なんも、おかえしだって。”」を開催することが決定しております。

メンバーの30年分のお礼の言葉を聞きながら、
私の立場なら、どういう場でどういうふうにまわりの人にお礼が言えるかなあ。
と、ふと考えたりしておりました。

とりあえず本日分のプチお礼。
ライブ中、ふりあげた拳で何度も隣の友人をどついてしまいました。

笑って許してくれてありがとうWやん。  

Posted by いのうえさきこ at 15:30常なる日々

2014年01月08日

一年の計は簡単になり

仕事始めは世間一般にならって6日からだったのですが、今年はお正月から少々プレッシャーのかかる出来事がありました。

帰省前、兄からの突然の電話。

「○○(兄の娘。つまり私の姪)の同級生の女の子が、漫画とかイラストとか描く仕事したいらしいんやけど、おまえのこと○○から聞いてて興味ある言うてるから、なんか話したってくれへん?」




わからんけど。
漫画の仕事の話とか? 収入の話とか?



兄はバリバリ理系のくせに、門外漢の話については大変ざっくり。
収入って何ですか。「進撃の巨人」が何千万部売れてるとかそういう話でしょうか。

と一瞬やさぐれてみたりして。

売れてる漫画家さんなら大なり小なり頼まれるであろう類いの話でしょうが、私レベルではめったにない出来事。
しかも真っ白なキャンパス状態の中一女子にうっかりしたことを言って、有望な若人の道行きをゆがめてはならじ!
と、かなり緊張して当日を迎えたわけですが。

最近のお若い方はしっかりしてます。
当日現れたのはボキャブラリーも豊富だし、気遣いもあるし、話してて大変気持ちのいいお嬢さん。
いやーしっかりした子だわー。息子がいたらお嫁さんに来て欲しいわー。

などと、地元銘菓たねやのマドレーヌをつまみながら、絵を仕事にすることへの自分なりのアドバイスなどを織り交ぜつつおだやかに歓談。
話の流れで、同じく絵(まあいわゆる漫画なわけだが)の好きな彼女のクラスメートの話になり。
その中一女子がニコニコ笑いながら言うのです。

「クラスの漫画好きはみんな中二病だから」

かつてまごうことなき中二病だった私は一瞬沈黙。

ここで同席していた兄が私に


そりゃお兄ちゃんは知らないだろう。
小中高と常に成績優秀でサッカー部でFWで、最終的に誰が聞いても知ってるいい大学出て、あげく一流企業に就職して、エリートにありがちな社会に出てつまづくパターンもなく、なぜか常に格上年上に好かれて引き立てられる存在のリア充で。ってきっとリア充とかも知らない真のリア充。


っていやいや、こんないもづる堂々巡りをやりたいわけではなく!

個人によっていろいろ解釈はあると思いますが、私が罹患した中二病のざっくりした諸症状は以下の感じで

大人は信用できない。


自分は特別である。


やればできる。


…この病はすでに寛解したと思っていたが、ちょっと自信がなくなってきた。

ちなみに、アングラ芝居と京大西部講堂ライブにどっぷりのめりこんでいた20代の暗黒時代
「あけましておめでとうございます。
○○様のご健康とご多幸をお祈りしております」
みたいな文面も「ひねりがない!」とかのたまって、わざわざあいさつ抜きの年賀状とか出したりしてました。

中年になった今は思います。
たとえ定型文だろうが、中二病をこじらせた人間にも健康と幸せを願ってくれるって、なんてありがたいの。


最後まで読んでくださったやさしい皆様のご健康とご多幸を祈って。
本年もよろしくお願いします。  

Posted by いのうえさきこ at 17:59常なる日々

2013年10月31日

雑草男の世界一

おめでとう!上原。

  

Posted by いのうえさきこ at 18:20常なる日々

2013年10月17日

はじめてのALS○K

我が家には飲むための酒しかおいてません。
当然と言えば当然ですが、つまるところ、料理酒というカテゴリーがないのです。

なので料理には、うちにある酒のなかでも手頃なお値段のものをちょこちょこ使用していたのですが、先日サバ味噌を作ろうといたしまして。



いや、酒はもちろんあるんですが、私の経済力レベルで、料理用に使っていいと思えるほどの価格帯の日本酒がすべて切れていたのです。

信奉する小林カツ代先生レシピのサバ味噌は、サバ1尾に酒を1カップ使用するので、吟醸や純米酒などあまりにもったいなさすぎる。


写真ゼロでイラストもちびっとしか載ってないですが、どれを作ってもはずれなし、の名著。
嫁入り道具にもおすすめ。

1尾298円で買ったサバにわざわざワンカップを買いに行くのもいかがなものか。
というわけで一口飲んで放置していた芋焼酎を代用することに。




カツ代先生のサバ味噌レシピは下ゆでがポイントなのね。


鍋を火にかけ煮汁が沸騰し、いざサバを投入、という段で。

ビーッ、ビーッ
ビーッ、ビーッ
ビーッ、ビーッ
ビーッ、ビーッ

ガスが漏れています。
ガスが漏れています。
ガスが漏れています。
ガスが漏れています。


部屋中にとどろきわたる警告音。
窓を全開にしても、換気扇最強にしても止まらない。
5分後、アルソックのお兄さんにインターホンを押されていました。




みりんと焼酎のアルコールに、探知機が反応したという顛末です。

とりあえず、うちのマンションの警報機とアルソックはいい仕事している。
久々に守られてる感を覚えた秋の夜長なのでした。

あ、サバ味噌は無事おいしくいただきました。
  

Posted by いのうえさきこ at 16:23常なる日々

2013年09月25日

潮騒のメモリー回収回

本日は「あま絵」を描く人続出だとは思いますが、
潮騒のメモリー〜鈴鹿ひろ美ver.を記念して。



朝から顔面ぐしゃぐしゃです。
フルコーラスありがとう!
ここにきての若春子の成仏と、歌詞の回収にも涙が止まりません。
「火=ストーブ」、「水=ミズタク」の回収はあるのでしょうか。
月末はほんと、どうしようもないほど仕事がどん詰まりなのですが、ちょっと元気でました。

さて、仕事に戻ります。

  

Posted by いのうえさきこ at 08:56常なる日々