2018年04月23日

世界はダジャレでできている

年金生活。
ではなく
粘菌生活。



それがこれ。
『粘菌生活のススメ』(新井文彦著 川上新一監修 誠文堂新光社)



私のような菌類ビギナーにもわかる粘菌入門本です。

この毒々しく美しいものが、植物でも動物でも菌類でもない不思議な生物・粘菌!


「美しくて、かわいくて、不思議で、ちょっと気持ち悪くて、だけどものすごく魅力的な生きもの」(まえがきより引用)である粘菌の写真と愛で方がたっぷりで、



と静かに興奮しながらページを繰っています。

老後に不安はいっぱいですが、粘菌生活は安泰に送れそうです。

  

Posted by いのうえさきこ at 23:01常なる日々美しきものたち

2018年04月22日

おっさんずラブ

土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日 毎週土曜夜11時15分〜)

尊敬する上司(吉田鋼太郎)とドS後輩(林遣都)に同時に慕われる不動産会社営業マンの主人公・春田33歳(田中圭)。
というタイトル通りのドラマ「おっさんずラブ」ががめちゃめちゃ面白いです。
田中圭の動きがいちいち楽しくてかわいくて、そりゃモテるよなあ(男にだけど)と。
地上波でこういう設定のドラマを、しかも芸達者で実力派の俳優さんをキャスティングして観ることができるとは、いい時代になったものです。

描かれているのは男同士の恋愛模様ですが、人を愛おしいと思う気持ちには性別も年齢も立場にも垣根がないことを教えてくれる、あんがい正統派の恋愛ドラマです。
そして垣根はないものの、好きでもなんでもない相手に好かれてしまったら、そこはやっぱり性別も年齢も立場も関係なく、ただただ困惑するしかないという現実。

愛する人のことを知りたい、大切にしたい、特別あつかいしたい、つくしたい。
でも相手を受け入れられなければ、その愛情表現はただただつらい。逃げたい。
やさしくなんかできない。

つくづく、恋愛は人を差別するってことなんだよなあと思うのです。


  

Posted by いのうえさきこ at 16:37常なる日々美しきものたち

2018年04月20日

戦いすんで日が暮れて

俺たけのこ!春のキングは俺様!

とぐいぐい主張しまくる、米との分量バランスがおかしいたけのこご飯になってしまった。
けど香りがすごくさわやかで、めちゃくちゃおいしいです。


  

Posted by いのうえさきこ at 23:15常なる日々

2018年04月19日

避けられない戦いがここにある

たけのこのことだけに。



  

Posted by いのうえさきこ at 14:32常なる日々

2018年04月18日

偉人さんにつられて言っちゃった

小学生のお子さんを持つ母二人と話していて、教科書がタブレット化するかもという話題で私がまっさきに心配したことは、

偉人写真に落書きできないじゃないか。



そして今のところそれ以外のデメリットが浮かびません。

  

Posted by いのうえさきこ at 22:58常なる日々

2018年04月17日

ごまかさない焼き胡麻豆腐

人生最高の胡麻豆腐に出会ってしまった。



舌触りはやわやわとろとろ。
香ばしく焼き色をつけた胡麻豆腐は、箸で持ち上げようとするとしどけなく崩れ落ち、そこへ濃厚な胡麻だれとすり胡麻が次から次へとからまりあい
これはもうこれはもう

金胡麻のトリプルアクセルやあ〜

モデルは浅田真央選手です。

お店は打ち上げ兼打ち合わせでごちそうになった、神楽坂の割烹料理店

誠実な仕事は裏切らない。
そう思わせてくれる味でした。
  

Posted by いのうえさきこ at 22:25常なる日々お仕事

2018年04月15日

HG愛

実家から送って来た滋賀のお米「みずかがみ」。



炊きたてももちろん好きなのですが、冷めてもたいへんおいしい。
最近はもっぱらお茶碗によそって、あえて冷まして食べてます。

「冷やめし」を食べる、だとなんとなく別の意味を持ってしまうので
わたくし、「冷やご飯」を愛するスタンスをここに小さく宣言します。



  

Posted by いのうえさきこ at 22:47常なる日々

2018年04月10日

上原炎上

ネームを先延ばしにしてやってきた今年の初ドームは対DeNA戦。



生上原も拝むことができましたが、瞬時で炎上。
黒星がついてしまいました。



うん、全然大丈夫。
ペナントレースはまだあと133試合もありますし。



少々のことでは動じたりしない。
いまこそ自分のなかの老人力が試されるときなのです。

  

Posted by いのうえさきこ at 23:59常なる日々

2018年04月09日

机上の富士山

窓の外には富士山。



色をいじったら昭和の絵葉書みたいな色合いになってしまった。

テーブルの上にも富士山。



ここはやはり山菜。



こごみのぬめぬめがおいしい。

左上の赤身が赤ワインに使われるぶどうの皮を食べて飼育されたというニジマス「甲斐サーモン」のお刺身。



おいしかった。

もう昨日の出来事になってしまいましたが。

いま私は自宅の机にへばりついています。
漫画描きの事件はいつだって机の上で起きているのです。
  

Posted by いのうえさきこ at 23:59常なる日々

2018年04月07日

さめないゆめ

私にとって高畑勲監督は、自分が感性豊かな少女であると信じて疑っていなかった時期に観たTVアニメ『赤毛のアン』。

才能が偉大であるのはもちろんなのですが、年を重ねてもなお、作品作りへのあくなき好奇心をアンのように持ち続けていた。
高畑監督のなにより尊敬する部分です。

ただまあ正直なところを言うと、その後三十代になって観直した『アン』はあれ?と思うほど、騒々しくて空気読めなくてイライラする女の子で、最終的に知性と感性にあふれた大人の女性に成長するのがわかっていながら、ラストまで観続けられなかった記憶があります。
しかしさらにそのずっと後、中年になって人生3回目(正確には2回半目か)に観た『赤毛のアン』は、どういうわけかびっくりするほど愛おしい目線でアン・シャーリーを見つめる自分がいたのです。
あいかわらず妄想癖が暴走している、ちょっとめんどくさい子という認識はあるのに。

これってあれじゃない?

私がマシュウとマリラ目線の年齢になっったってことじゃない?
(どっちかというとマリラ成分多めだが)



『火垂るの墓』における、自分が「親戚の叔母さん」目線になってしまって感想が変わった名作というカテゴリーでしょうか。
あ、これも高畑監督作品でしたね。

『赤毛のアン』はオープニングとエンディング曲もいいんですよね。
大人っぽくて、瑞々しくて。



きれいごとではすまされない年にはなってしまいましたが、まだ描きたい。できれば死ぬ直前まで描いてたい。
高畑監督作品はそう思わせてくれる存在なのです。
  

Posted by いのうえさきこ at 07:43常なる日々

2018年04月06日

四月になれば彼女はPart2

ちょうど三年前の今頃、同じタイトルで帯状疱疹になった日記をアップしているのですが。
本日、タダでいれてもらった奥歯のジルコンのかぶせものに、ただならぬ違和感を覚えている私です。

いつか必ずくるであろうもっと大きなガタが来る前に、今やりたいことをやっておかねば!
と、思う、ヒノキ花粉舞い散る春の日。







というわけで、ここでおいしいもの食べながら、これから始まるお仕事の話をしてきました。
イベリコ豚の皿に添えられた野生のアスパラガスのほろ苦さに、春の芽吹きを感じます。

浮かれたっていいじゃないか。だって春だし。
   

Posted by いのうえさきこ at 21:02常なる日々

2018年04月05日

そば焼酎のそば湯割りだから体にいいはず

体にいいなら飲むしかないはず。


  

Posted by いのうえさきこ at 23:56常なる日々

2018年03月31日

お帰りなさい上原浩治

巨人・上原浩治のロッカーは、ロッカールームの一番奥にあって「コージーコーナー」と呼ばれているらしいです。
で、その隣のロッカーはエース菅野の定位置。

かつて19番をつけていた男が戻って来て、いま19番をつけている男と並んでいます。
この「コージーコーナー」がある限り、巨人ファンに甘い夢を見させてくれるかもしれない、と思ってしまうのです。


  

Posted by いのうえさきこ at 23:10常なる日々

2018年03月30日

酒と米の日々

母から面妖な形状の荷物が届きました。


クロネコさん(画像見たらJPさんでした)が
「重いですよ。絶対持ち上げられないと思いますよ」
と深刻な顔で言うので床に置いてもらいましたが、
予想通りビクともしないので玄関で開封作業。

まずはやはりこの突起部分を…

おおお!


わああ!


一升瓶の緩衝剤に米。

お母さん、なんという富豪っぷり(いや食べるんだけど)。


お米を掘っていくとかわいい紅茶缶出現。
姪のイギリス短期留学土産だそうな。
餞別も渡していない情けない伯母に、優秀な姪がいたものだわ。
ありがとう、おいしくいただくわね。


というわけで


「宗玄 しぼりたて生原酒」は兄から。
実家のお米みずかがみ(ぴかぴかもちもち冷めてもおいしいニューフェイス近江米)は両親から。
紅茶は姪から。

しばらく強く生きていけそうです。
  

Posted by いのうえさきこ at 22:16常なる日々

2018年03月29日

妹尾和夫のパラダイスKYOTO

明日30日(金)『妹尾和夫のパラダイスKYOTO』という番組に
『ヤバい生きもの』(集英社みらい文庫)の著者・小野寺佑紀氏と監修の大西信弘先生が出演し
「ヤバい」系生きものについて30分語りまくるそうです。



関西の方限定になってしまいますが、生きもの愛にあふれたおふたりのマニアックな生きもの電波を、ぜひ受け止めてください!
radikoプレミアム会員の方ならネットのエリアフリーで聴けると思います。

妹尾和夫のパラダイスKYOTO
(毎週金曜10時〜12時/12時30分〜13時55分オンエアー)

出演は午前11時頃かららしいですよ。  

Posted by いのうえさきこ at 20:02常なる日々

2018年03月28日

主役にならなくたっていいじゃないか




  

Posted by いのうえさきこ at 18:24常なる日々

2018年03月27日

キノコ財布効果いきなり

金の詰め物をしていた奥歯が欠けたのでしぶしぶ歯医者に行ったら、
患者に人気でいつもは担当してもらえない大先生が見てくれ
「せっかくなんでジルコニアのクラウンにする?
5年の保証期間内なのでタダで入れるよ」と。



ネットで検索したんですがジルコニアのクラウンって一本10万〜20万が相場らしいですよ!

もちろん私に異存があるわけもなく。
帰り受付で、それまで歯に詰めていた金を持って帰るかどうか聞かれたとき
「そちらで処分しておいてください」
と余裕の笑顔で答えられたのも、すべてこのジルコニアクラウンのおかげ。

自分がわかりやすく現金になった瞬間を目の当たりにしたのでした。
  

Posted by いのうえさきこ at 23:59常なる日々

2018年03月26日

人類は菌類

『ヤバい生きもの』(小野寺佑紀著 集英社みらい文庫)の仕事で
ウシグソヒトヨタケを描いたのですが。

こんなん。

その名の通り牛の糞に生える糞生菌と呼ばれるキノコです。
彼らの人生はウンチから始まりウンチで終わる。
キノコから飛んだ胞子が風にのって草にひっつき、さらにその草を牛が食べ、胃や腸で刺激されることによって芽が出やすくなった胞子が糞と共に外に出た後、この糞生菌がにょきにょき生えてくるというしくみ。
ときにはひとつの糞から何種類ものキノコが生えてくることもあるとか。

菌類がいなければ、多くのうんちはうんちのまま、森の朽ち木や落ち葉もそのまんまになってたまる一方だ。
これらが分解されて、豊かな土地になっているのは、きのこたち、菌類のおかげなんだ。

(『ヤバい生きもの』より)

毎日食べて消化して糞を出し、出たあとは自然に還り肥料となり、またそこから栄養をいただく。
キノコすごいなあ〜という気持ちが高まり、こんな財布を買ってしまいました。


めっちゃかわいい。

今のところ出て行く一方のキノコ財布ですが、
いつかまたここに帰ってきてくれることだけは間違いないのです。
  

Posted by いのうえさきこ at 23:34常なる日々

2018年03月22日

餅論

桜餅を買おうとしてこっちを買ってしまった。
山正製菓の杵つきおもちバー
本拠地は徳島のようです。



アイスキャンディーにしか見えませんが、米粉で作られたおもちです。
ついつい無難な味を選んでしまいましたが、きな粉もあずきもいいあんばいの甘さで
もちろんもちだからもっちもち。

肉を食べるとアグレッシブになりがちですが
もちはどこまでもピースフルな食べ物です。  

Posted by いのうえさきこ at 22:26常なる日々

2018年03月21日

You know me.

「だじゃれはビジネスでやってるだけなんでしょ?」
とたまに言われます。



煮詰まったときはこの↓だじゃれ湯のみでお茶を飲み肩の力を抜くのです。



  

Posted by いのうえさきこ at 23:21常なる日々