2018年10月09日

エアお酌

再放送の『カーネーション』。オノマチが演じる最終回です。
千代さん(麻生祐未)が幽霊善ちゃん(小林薫)にお酌をするシーンは、もう15回ぐらいは確実に観ている気がするのですが、毎回ボロ泣き。もちろんきょうも泣きました。



名台詞も多いドラマですが、このシーンはセリフ皆無で愛し合う夫婦の姿を映し出している、いつまでも眺めていたくなる名画のような美しさ。
脚本家はもちろん、このドラマに出ている全役者、カーネーションの背景をささえる全スタッフ渾身の名場面だったと思っています。
まあ小林薫が演じてるからとってもチャーミングで愛すべき人物になってましたが、善ちゃんが生きてた頃はすぐ怒鳴るわ仕事できないわときどき手は出るわのダメ旦那だったんですけど。
夫婦って、ほんと一筋縄ではいきませんね。

それはそうと本日は巨人のCS進出決定戦でも、いい試合すぎて泣いた。
(かろうじて)Aクラス入りした、というただそれだけなのに、リーグ優勝したかのような盛り上がり。
全員安打に選手の監督への愛を感じたよ。
由伸監督、ありがとう!
  

Posted by いのうえさきこ at 23:59ドラマ