2018年11月16日

贋作・桜の森の満開の下

久々のNODA・MAPで『贋作(にせさく)・桜の森の満開の下』@東京芸術劇場。
言わずと知れた野田秀樹の大傑作。
初見は勘九郎と七之助のコクーン歌舞伎バージョンだったかと思います。



隠喩と暗喩と言葉遊びにまみれた安定の野田秀樹ワールドが炸裂しまくった2時間ちょい。
野田さんの言葉のひっかけが、作品のすみずみにまで巧妙にはりめぐらされていて、最初くだらない(ほめてます)セリフに失笑していても、あとで壮大なテーマのリターンがどかんときて、聞き漏らせない感じ。
そこがちょっとしんどいときもあるのだけど、今回は壮大な舞台演出と熱い演者の存在感に有無をいわさず圧倒されました。

作品のキーワードにもなっているのですが、
「いやあ、まいった、まいった」

Kindle版のシナリオが324円という破格のお値段で売っていたので思わず買ってしまった。
実際声に出してみると、目で読むだけではわからない台詞回しの妙が感じられて二度おいしい。

おっそろしいほどに美しいあまみん、純粋で繊細な耳男の妻夫木聡、皆とてもよかったけれど、怖くて可憐な夜長姫を演じた深津絵里の死に方が、泣けるほどきれいだった。こういう舞台に出られたら役者は幸せだろうし、この瞬間に立ち会えるのがやっぱり最高なんだな。  

Posted by いのうえさきこ at 23:59常なる日々舞台ライブ

2018年09月06日

ありがとうございました

中川明紀×いのうえさきこ「料理で旅して、世界と出会う」
『ソウルフード探訪』(平凡社)&『東京世界メシ紀行』(芸術新聞社)刊行記念トークショー。
無事終了しました!
お越しいただいた方々、本当に本当にありがとうとうざいました。
何喋ったのかは正直全然覚えてないのですが、来ていただいた方々のあたたかーいリアクションがあったからこそ、2時間を乗り越えられたと思っています。いやまじで!

さらにさらにMCを勤めていただいた小林さん、平凡社の方々、芸術新聞社の方々、今回のイベントを企画して下さった方々すべてに。


中川さんもとっても気さくで素敵な女性で楽しかったわー
(もちろん左が中川さんで右がわたし)。

お客さん方がいい雰囲気を作ってくださったおかげで、終了後の私たち、いい笑顔じゃない?

バックに写る本屋B&Bのロゴがまるで


と言ってるようじゃない?(終了直後で興奮しています。許して下さい)

そして終了後のサイン会では、プレゼントの数々が。

これはシウマイをあてに酒を飲み、太ったぶん走って流れる汗をタオルとリストバンドでぬぐい、そのあと仕事をしながら甘い物で糖分補給をしろということですね。
なんと皆さん、わかってらっしゃるセレクト。
大切にすべて我が身で消費いたします。
お手紙を入れてくださった方も、ありがとうございます。宝物にします。

ここ数年、理由もなく落ち込む事が増え、人と会うのがおっくうになることが多々ありました。
けれどやはりこうして読者の方に実際にお会いできると、ものすごいエネルギーをもらえるもんなんだな、といまさらですが感じてます。
漫画を描ける。読んで下さる人がいる。

漫画を描いてて本当によかった。

地元の関西が、大好きな北海道が、一刻も早く日常に戻りますように。
これからも私にできることを、積み重ねていきたいと思っています。

  

Posted by いのうえさきこ at 23:59常なる日々お仕事ライブ

2018年09月05日

中川明紀×いのうえさきこ「料理で旅して、世界と出会う」

6日(木)20時から下北沢の本屋B&Bでトークショーします。


中川明紀×いのうえさきこ「料理で旅して、世界と出会う」
『ソウルフード探訪』(平凡社)&『東京世界メシ紀行』(芸術新聞社)刊行記念トークショー。




当日券もございます。
ゆるっとした雰囲気なので、もし当日お時間あれば、お気軽にビール飲みがてらのぞきにいらしてください。
私いのうえ、せいいっぱい勤めさせていただきます。

お申込みは→こちら

ご来場のかたには、ささやかながら『東京世界メシ紀行』特製しおりをプレゼントします。
いや、どうかもらってください。お願いします。


  

Posted by いのうえさきこ at 23:59常なる日々お仕事ライブ

2018年08月14日

9月6日トークイベントに出ます。

突然ですがトークイベントに出ます。

中川明紀×いのうえさきこ
「料理で旅して、世界と出会う」
『ソウルフード探訪』(平凡社)&『東京世界メシ紀行』(芸術新聞社)刊行記念




上のリンク先に詳細はのっていますが、トークのお相手は「ナショナルジオグラフィック日本版」で「世界魂食紀行」を連載、この春『ソウルフード探訪』を上梓された中川明紀さん。
世界60カ国の郷土料理を食べ歩いた胃袋と筆力の持ち主で、今さらいのうえの顔なんか見に行っても…と思っている方にも興味深いイベントになることうけあいです。

開催は9月6日(木)20時から。
場所は下北沢の本屋B&B。
ワンドリンク付き2000円です。

「9月6日の松崎しげるの日にB&Bで」と覚えて下さい(しげる氏は出ません)。



チケットはこちらからご購入できます。
来たいやつだけ来ればいい。いや嘘です。どうか来て下さい。お願いします。




Amazon↑のリンクを貼ってますが、入荷が遅れ気味のようです。
都内なら実際の本屋さんに置いていただいている確率が高めです。
漫画コーナーではなく「旅行」「紀行文」などのコーナーにありがちかも。

  

Posted by いのうえさきこ at 15:28常なる日々お仕事ライブ

2018年04月21日

岡崎体育ワンマンツアー2018

「ウォール・オブ・デス」と呼ばれているモッシュの一種をご存知でしょうか。

多くはデスメタル系やハードコア系のライブが主流のようですが、ごくたまに野外フェスなどでも近いものをやってたり。

まずは観客が十戒のように左右にわかれ人の「壁」を作り



ステージ上の曲の合図でこの数十人、さらには数百人規模の観客で作った壁同士が一斉に中央に向かって突進する。



その後は想像通りというか、同じアーティストのファン同士なのになんでこんなことになっているのかっつう、非常におっとろしくも危険きわまりない阿鼻叫喚の「死の壁」モッシュなのです。

一方、岡崎体育のライブで観客がするのは「ウォーク・オブ・デス」。
左右に分かれて壁になるまでは同じですが、その後は音楽を愛する熱い心を持って中央に向かってただゆるゆると「歩く」。それが「ウォーク・オブ・デス」。




さながら壮大な「はないちもんめ」。
こうして説明していると「なんじゃこりゃ」と思う「ウォーク・オブ・デス」なのですが、これが岡崎体育の音楽を愛するファンの、ばかばかしくも美しいライブの様式美なのです。

岡崎体育ワンマンツアー「密着!謎のメンタリストRYOMAを追え!」
下は小学生女子から上は還暦すぎの男性ファンが、北は北海道、南は九州沖縄から、歌って踊って楽しむために、このZEPP TOKYO集まってきた。
2020年にさいたまスーパーアリーナ公演を実現させるため(マジ)、
どこまでもWALKしたい夜なのDEATH。

  

Posted by いのうえさきこ at 23:59ライブ

2018年03月24日

闇鍋音楽祭2018

ソウル・フラワー・ユニオンが毎年3月にゲストバンドを呼んで開催されるライブイベント「闇鍋音楽祭」。



今年のゲストは怒髪天ということで、めいっぱい踊らされてきました。

聴くと踊らされるのだけど、ソウル・フラワー・ユニオンのVo.中川敬という男は徹頭徹尾
「力を持つ人間の都合のいいほうに踊らされるんじゃないよ」
としゃがれ声で歌い続けるソウルシンガーでありパンクロッカー。
ニューエスト・モデル時代に中川の声と歌詞の力に打ちのめされて以来30年、彼のやっぱり変わらないスタンスを確認したライブでした。

怒髪天のVo.増子兄ィ曰く

「音楽がやりたくて音楽をしてる人間は多いけど
中川君は言いたいことがあって音楽をしている人」


どちらがいいとか悪いとかではなく、この両者にはロックミュージックをやる上で大きな違いがあるんだなあ。

私のゼッケンナンバーをぜひ中川に捧げたい!



と思った夜でした。

  

Posted by いのうえさきこ at 23:59ライブ