2016年01月28日

さよなら『TVぴあ』

『TVぴあ』最終号、絶賛発売中です。



創刊から28年。
私が関西版で初めて仕事をさせてもらってから数えても、実に20年近く。
寂しい、なんて言葉ではとうてい言い表せないほど数々の思い出を作ってもらった雑誌でした。

かつてTVがパワフルだった時代。
雑多で下世話で妙にエロくて、それゆえおっそろしく魅力的でキラキラしていた時代に、TV誌という紙の媒体でがっつり仕事としてかかわらせてもらえてたことは本当に幸せでした。
今後紙の雑誌もTVも、主流の座からは退いていくのでしょうが、過去を振り返って懐かしむだけの老人にもなりたくありません。
私の「紙雑誌」好きや「紙本」愛やTVラバースタンスはこれからも熱く継続していきます。

でも、ここがひとまずの区切りです。

そんなわけで今号の、そして最後の『TVぴあ』ボツネタを↓
(あ、最終号にはちゃんとしたほうのネタが掲載されてますよ)



追記

『TVぴあ』休刊号の肝心の中身について書き忘れてました!
28年間のプレイバックとして記事やグラビアや表紙をピックアップした構成で、TVやエンタメの潮流を一望できる保存版としてかなりおすすめ。
嵐やSMAP関連は単独特集にもなってますよ。
  

Posted by いのうえさきこ at 18:15お仕事

2015年03月16日

今月のボツ原稿



清見、せとか、はるみ、デコポン、土佐文旦…
この時期みかんがうますぎてうますぎてたまらんとです。
お歳暮にいただいた「紅まどんな」も、目の覚めるぷりぷり加減とジューシィさでした。

しかしながら私の根幹にあるみかんは、庭にみかんの木を植えていたご近所さんから毎年分けてもらっていた、無骨で皮がかたくて顔がくしゃくしゃになるほどすっぱかった、でも大好きだったふつうのみかん。
商品にはならなくても、流通はしなくても、愛されることはできるはず。

と、ボツ原稿を毎月堂々とさらす言い訳はここまでにしといたるわあー。  

Posted by いのうえさきこ at 15:20お仕事

2015年02月15日

今月のボツネタ

「手裏剣戦隊ニンニンジャー」(テレビ朝日)のことを書こうと思っていたのですが、今年から2月22日が「ニンニンニン」の「忍者の日」ということで、急遽放送予定が22日(日)になったので、久々のボツネタです。



まあすべて先クールの連ドラなので、なにがなんだかって感じではありますが。

ちなみに世界三大アニキの一人・水木一郎様の生歌と生「ゼーッッッッッット!」を初めて聴いたのは池袋のライブハウス、『TVぴあ』の取材ででした。
次号の25日発売号、リニューアルです。
  

Posted by いのうえさきこ at 17:08お仕事

2014年10月29日

「セカオカ SEKAI NO OKAWARI」

本日「TVの細道」(『TVぴあ』連載中)取材で、スピリチュアル芸人・はやぶさゆか氏に霊視をしてもらったところ、

「あなたはアピール下手! 
もっとやり手キャバ嬢のように営業すべき」


と、ものすごく思い当たることを言われたので、宣伝いたします。

『クーリエ・ジャポン』(講談社)で新連載始まります。


こういう表紙です。

漫画のタイトルは「セカオカ  SEKAI NO OKAWARI」

タイトルがどこかの人気バンドとかぶっているような気がするのは、気のせいです。



志と頑丈な胃袋を持ちつつも、脳みそと資金の追いつかない若き主人公・知世ちゃんが、夢実現のために都内近郊の世界各国料理を食べまくる漫画です。
4Pですがフルカラー。
初回は町田のカンボジア料理「アンコール・トム」で食べてます。

カンボジアには別の雑誌取材で一度だけ訪れたことがあるのですが、当時どの食堂に行っても感じていた「匂い」の正体が、今回の取材で判明したことも、大いなる発見でございました。

ちなみに『クーリエ・ジャポン』12月号の第一特集
「その悩みの答えは『プロフェッショナル』が知っている」。
タイトル通り、各界の第一人者がお悩みに答えているのですが、
そのなかの「プーチン悩み相談室」がめちゃめちゃ面白いです。

ロシアには「プーチン・ホットライン」なる人気TV番組があるらしいのですが、なんとこれプーチン大統領本人がスタジオ出演し、約4時間、ロシア国民からの質問にかたっぱしから答えまくるという、超画期的なプログラムなのです。

Q 北方領土をどうするおつもりですか?

というサハリン大学生のシビアな問いから

Q いつになったらファーストレディにお目にかかれるのですか?

というプライベートに踏み込みまくった下世話な問いまで、
どんな質問にも毅然と答えるプーチンのゆらがない姿勢には、思わず笑

…いや、尊敬せずにはいられないのです。

まあ北方領土は日本のもんですけどね。



おそロシア。


はやぶさゆか氏に霊視していただいた顛末は、11月19日発売の『TVぴあ』連載中「TVの細道」にて。

  

Posted by いのうえさきこ at 23:50お仕事

2014年07月12日

辞書のほん

大修館書店が無料配布している辞書のPR誌『辞書のほん』14号に、萩尾望都さんと穂村弘さんの対談が掲載されてます。





相変わらず神々しいご尊顔。
対談の冒頭でも、穂村氏が萩尾先生のことを「神様仏様っぽさ」があるという表現をされてます。



一部作品をのぞき、すべてのストーリーは連載開始時から全体像が見えているそうで
「物語ができあがる前に重要事項が浮かんでくる感覚があるんです」
とおっしゃってます。

それって
「萩尾さんの中でタイムスリップが起きているようなものですね。作品が完成した時点から、今描いている自分に『ここに伏線を入れよ』という指令が来る。」(穂村)
ということで。

面白い漫画を描ける作家の感覚って、やっぱりすごいんだなあ。

ほかにも『11人いる!』の続編構想のネタバレがあったり。
非常に読み応えのある対談です。
能楽師・安田登氏のが語る「大漢和辞典」も面白い。

さらにさらに。

なんと私の漫画が巻末に連載されてます。

今回のテーマはセミと高校野球です。

この充実度でなんと無料。
書店に足を運べば手に入るので、個人情報を抜かれることすらありません。
ああすばらしい。

配布書店はこちら

今回の日記書いててふと思いましたが、本当に言いたいこと後出し、前書きが長い作家って果たしてどうなんでしょう。

  

Posted by いのうえさきこ at 14:09お仕事

2014年05月04日

今月のボツ原稿



「あの歌」の「♪アンアンアン」の「アン」は、もちろんあの「アン」ではないはず。

ちなみにこのボツ原稿の元である『TVぴあ』占いページ、いつもの巻末からちょっこし移動しております。
現在絶賛発売中ジャニーズWESTが表紙の『TVぴあ』では、乙女座絶好調なGWです。

  

Posted by いのうえさきこ at 22:39お仕事

2014年04月07日

飽きない商い

2回目をまだ描いていない、と書いてから灼3か月。

現在発売中『週刊漫画ゴラク』4月18日号に
「ことだま放浪記」掲載されてます。



今号の注目はなんといっても「男塾」三部作の最終章『極!!男塾』の新連載でしょう。
今度の塾生たちの相手は、なんと太陽系外の惑星からやってきた「スサノヲ」なる異星人。
宮下あきら先生のペンの突っ走りっぷり、まったく衰えておりません。
いやもうめちゃめちゃ面白いです。

で、私の漫画ですが。


思い出したように唐突に、ページ数も増えたり減ったりしながら、ぼちぼちと6回目。
「男塾」にひっかきまわされた脳みその、箸休めにもおすすめです。


さらにこちらも現在発売中『コミックフラッパー』5月号。
かわいい新妻スイちゃんが表紙です。



そして非常に悲しいお知らせですが、我が連載
「私のご飯がまずいのはお前が隣にいるからだ」
ついに最終回です。

苦しみつつも連載中本当に楽しかった、大好きな作品です。
そして執筆中は、その時々のテーマであるメニューを食べまくり、確実に体重を増やした連載でもありました。

浅田真央選手が先日の世界選手権で
「悔しさもうれしさもいままでいろいろあったけれど、あらためてフィギュアスケートっていいなと思いました」
という言葉を残していましたが。

並列で語るにはおこがましいのですが、読者の立場でも書き手として仕事する立場でも、あらためて
「漫画っていいな」
とか思っている今日この頃です。

あ、私はもちろん描かせてもらえる限り、現役は続行していきますが。

どうか読んでやってください。


  

Posted by いのうえさきこ at 09:40お仕事

2014年04月06日

本日のボツ原稿



今となってはなぜこの4コマが採用されると思っていたのか。
まあ誰しも自分のことが一番わからないものなのでしょう。

春まっただなか、私も昨日は「ら行」で浮かれながら桜を愛でておりました。
ピンクの花の下にいると、みんな幸せそうでなによりです。  

Posted by いのうえさきこ at 13:18お仕事

2014年01月10日

週刊漫画ゴラク

本日発売の『週刊漫画ゴラク』にゲストで3P描いてます。
タイトルは「ことだま放浪記」。
私は旅人のキャラで登場してます。



タイトル上欄に堂々と「第一回」のアオリが入っておりますが、
「第二回」はまだ描いておりません。
しかしもちろん、描きたいという熱い気持ちは持っております。

よろしくお願いします。  

Posted by いのうえさきこ at 17:09お仕事