2018年05月24日

いのうえの赤備え

数年前からどんなに走っても、じわりじわり体重が増えてってます。



いまさらやせたいとは思わないのですが、体が重いと走るのが楽しくなくなるので、できればもうちょっと体重は落としたい。
そんなときの私の強い味方がこれ。



私は滋賀県生まれなので、この赤い永源寺こんにゃくがデフォルト。
織田信長の派手好みに合わせてこんにゃくも赤くしたって話ですが、見た目だけでなく、弾力ある独特の食感がなかなかなのです。
ごま油と塩につけて食べれば、禁断の生レバーを食しているかのような気分も味わえたりして。

いや、それにつけてもごはんの欲しさよ。

  

Posted by いのうえさきこ at 23:59常なる日々

2018年05月23日

愛加那

二階堂ふみの演じる愛加那はまっこつ愛らしかー。



  

Posted by いのうえさきこ at 23:59常なる日々美しきものたち

2018年05月22日

ああせい校正

監修の先生と担当編集さんと校正さんには、
ただもう感謝しかありもはん!




  

Posted by いのうえさきこ at 23:55お仕事

2018年05月21日

棒ノ折山

久々の山。



969mと低山ですが、沢登りあり鎖場ありと起伏に富んでて下山まで飽きることのない楽しい山でした。
正直、山に言ってる場合ではないタイミングではありましたが、行ってしまえばなんとかなる。
なんとかする気力を出すためにこそ山に行く。
これが私の働き方改革(ということにしておこう)。




  

Posted by いのうえさきこ at 23:59常なる日々

2018年05月20日

大相撲夏場所中日

ポーカーフェイスと言われる鶴竜ですが、毎日毎日15日間見続けているとやはりそれなりに変化があるのがわかるもので。

いつもの鶴竜↓



やや気合いの入った鶴竜↓




そしてあえて言うと、いつもの鶴竜のほうが調子がよかったりする傾向もあり。
平常心でいることがいかに大事か、私は鶴竜の相撲で学んでます。

  

Posted by いのうえさきこ at 22:34常なる日々

2018年05月19日

ハングマン



『ハングマン』@世田谷パブリックシアター。
マーティン・マクドナー脚本×長塚圭史演出

イギリスでかつて「二番目」に腕利きだった絞首刑執行人(hangman)のハリーが経営するパブで、家族やなじみの客を巻き込んで繰り広げられる、ブラックコメディ。
とにかくセリフ量が膨大で、マクドナーの書く、いかにも英国人が使いそうなシニカルな言葉の海におぼれまくった3時間弱でした。

新感線や「おっさんずラブ」の笑いが


なら

こちらの「ハングマン」は

こんな感じ。

こういう静かで皮肉っぽい味わいの芝居にはなかなか出会えないので、好きな人はかなりお好きかと。
長塚圭史のクールな演出も、こういうちょっと斜に構えた脚本だと生きますね。
私はけっこう好き。面白かったです。

家族愛は一応あるんだけど、そこそこクズでちょっと狂気をはらんだ男ハリーを演じるのが田中哲司。
笑えるぐらいキャラにハマってます(褒めてます)。

前職である「ハングマン」の誇りにかけてしでかしてしまうとんでもない事件も、真実には近づかないまま放りっぱなし投げっぱなしな感じのラストへとなだれ込むのですが、人生のありとあらゆる局面も、だいたいはこういう感じで、明確な決着なんかつかないままなんとなく、ただぼんやりと過ぎていくものだよな…
と、そんな厭世的なことを感じてしまうお芝居でした。
  

Posted by いのうえさきこ at 23:59常なる日々舞台

2018年05月18日

はじめてのTwitter

一年前にアカウントをとって以来放置していたTwitterで、本日初めてつぶやきました。

https://twitter.com/shiroinu1704

ブログと同様、たいしたことは書いてませんが、お気軽にフォローしてやってください。





もともとのプロフィールには
「中年からはじめたマラソンでサブ4目指してます。」
などと、漫画家としてどこへ行こうとしているんだかわからんことを書いていたのですが、
そこはやはり、わかりやすく既刊本の紹介に変えてみたりもして。

使い方がさっぱりわかっていないのでさすがにアワアワしてますが、

いくつになっても初めてのことはわくわくするものです。

  

Posted by いのうえさきこ at 21:34常なる日々

2018年05月17日

ブルースカイ ブルー

『ちびまる子ちゃん』の姉である「さくらさきこ」は、猛烈なヒデキファンで、
私も新御三家のなかではヒデキ派だったので、名前が同じ「さきこ」ということもあり、この二人には勝手にシンパシーを抱いていたのですが。
アニメの声を担当した水谷優子さんも西城秀樹もあまりにも早く逝ってしまった。



当時は小学生で意味は全然わかってなかったけど好きな歌だったなー。



ヒデキの輝きはまさに「スタァ」でした。
  

Posted by いのうえさきこ at 22:55常なる日々

2018年05月16日

続々ことばっておもしろい

新聞連載コラム『ことばっておもしろい』(神永暁)続々と掲載紙が増えているとのお知らせを担当さんからいただきました。
いや嬉しいではないですか。
ちなみに現在は

河北新報
山形新聞
岩手日報
福島民報
福島民友
上毛新聞
東京新聞
信濃毎日新聞
新潟日報
岐阜新聞
北國新聞
神戸新聞
山陰中央新報
四国新聞
大分合同新聞
長崎新聞
熊本日日新聞
沖縄タイムス
中国新聞
下野新聞
京都新聞
山陽新聞←new!

以上の、大変見る目があり、センスのいい各紙に掲載されております。
読者の方もきっと素敵な人ばかりに違いないです。
ええ、私が保証いたします。



紙で実物を見ると安心感はんぱない。
我ながらつくづく昭和だなあと思いますが、昭和が大好きなのでそれもまたよし、です。  

Posted by いのうえさきこ at 23:59お仕事

2018年05月15日

ムラムララム焼肉

もう20年近く前、ここで初めてラム焼肉を食べて以来、



という衝動が起こるとついつい足がむいてしまうお店が中目黒のまえだや



もう永遠に食べ続けられるのではないかというぐらい、すっばらしくおいしいラム肩ロースを塩こしょうで。

本日食べたのはザーサイ、ラム肉の煮込み、ラムネギ塩の網焼き、ラム肩ロースときてジンギスカン、肉のおかわりをしてキーマカレーにニラ玉雑炊にビールのフルコース。
メンバーはもう20年以上のつきあいになるナガハマ先生と社長。
炭火より熱く静かに語る夜でした。

  

Posted by いのうえさきこ at 23:59常なる日々

2018年05月14日

ばえるプロテイン

中年になると膝関節も不安ですし、どうせ運動するなら効率よく筋肉をつけ、ケガを予防したいと思うわけです。
それを強固にはばむのが飲酒習慣。
ま、筋肉つけたいからといってお酒をやめるつもりは毛頭ないのですが、そのマイナス習慣をフォローするためにも、運動後のプロテインは欠かせません。

今までは有名メーカーのココア味とかヨーグルト味を飲んでいて、それで特に不満はなかったのですが、どうせならご褒美感のあるプロテインが飲みたい!
これを飲むために運動する!というぐらい強い惹きのあるものが飲みたい!

ということでついに買ってしまいました。
ビーレジェンドプロテイン ペコちゃんポコちゃんセット。



ペコちゃんがミルキー風味。
ポコちゃんがミルキーココア風味。
冷たい牛乳で割れば、不二家パーラーで出してるデザートドリンクと言われても遜色ない味わい。
ああ幸せ。

プロテインはママの味なのです。  

Posted by いのうえさきこ at 23:57常なる日々runabout

2018年05月13日

闘う君の唄を

午後から雨の予報だったので朝いちで近所をジョギングしていたら、
ワンカップで道ばたソロ飲みをしていたおっちゃんから声をかけられました。




あっちの生き方も楽しそうだなあ。
  

Posted by いのうえさきこ at 18:01常なる日々runabout

2018年05月12日

『プリンプリン物語』

緊急速報!『プリンプリン物語』残り一本に!!
(↑NHKのサイトにとびます)

ここ最近、個人的にいちばん嬉しかったニュースです。
テープが一本3300円もした時代に自分だけのビデオデッキを購入し、『プリンプリン物語』専用で録画していたという提供者の後藤さん。
まさにどこに出しても恥ずかしくないオタクの鑑!

花のアナウンサーの声をつボイノリオが担当していて、



とか言ったりするのですね。

嬉しいニュースとか書いときながら、覚えているのがオープニングの歌と花のアナウンサーのセリフだけっていうのもどうかとは思いますが、まあ喜ばしいことだからいいのです。

  

Posted by いのうえさきこ at 23:39常なる日々

2018年05月11日

三日坊主三日目

姿勢を正すどころか、酒写真を撮ることすら忘れて普通にご飯を食べていました。
まあある程度予想してはいたんですけど。



ところで皆さんは「マインドマッスルコネクション」をご存知でしょうか。
なんかかっこ良さげな響きですが、要は「筋肉を意識しながらトレーニングをする」ということですね。
自分は今どこの筋肉に負荷をかけているのか、どこの筋肉がどういう風に動いているのか、ひとつひとつのトレーニングを行う上で
「大胸筋!いい感じ!」とか
「脊柱起立筋!効いてる効いてる!」とか
筋肉に語りかける勢いで脳みそから指令を出すと、より筋トレの成果が上がるというのです(実際には声に出したりはしません。私にもまだ羞恥心はあります)。

……ということを、今さらですが本日ジムのトレーナーさんから聞きました。

つまりはですね、ひとことで言えば
「ながらトレーニングはあまり効果がない」
ということらしいのですね。
まあしないよりははるかにマシなんでしょうが。

私の三日坊主チャレンジは、チャレンジしただけで終了しました。
  

Posted by いのうえさきこ at 23:36常なる日々

2018年05月10日

三日坊主二日目

夜には完全に前日と前々日の日記の内容を忘れ、ソファの背もたれにもたれかかり、体育座りで飲んでいた。
しかも「なんのために背筋のばして飲もうと思ったんだっけ…?」
と自分で自分のブログを読み直すていたらく。



本日のお酒はこないだの飲酒会でもらって帰って来た大吟醸雫酒。
杯は小西陶古の備前焼。
よくある量産品ですが「桟切(さんぎり)」と呼ばれているこの模様は、じっくり見比べて好みのひとつを買った記憶があります。

ひとまずこの三日坊主チャレンジ、忘れていなければ最終日もやってみようと思います。  

Posted by いのうえさきこ at 23:56常なる日々

2018年05月09日

三日坊主初日

意味はないけど姿勢を正して酒を飲む初日。



お酒は不老泉 山廃仕込み木槽天秤しぼり(上原酒造)。
杯は能登に旅行に行った時に求めた輪島塗。

背筋をのばして座っているというだけで(お酒を飲んでいるにもかかわらず)自分を律して生きている感がはんぱない。
そして(お酒を飲んでいるにもかかわらず)くつろげないこと甚だしい。



三日はやはり偉大です。


  

Posted by いのうえさきこ at 23:00常なる日々

2018年05月08日

シックスパックのようなもの

日々コツコツ積み上げることで得られるもののひとつに筋肉があると思うのですが。

わたくし、締まっているとは言いがたいのですが、とくだんお腹が出ているわけでもないごくごく標準的な一般体型だと思っているのですが、友人とお風呂に入ったりすると
「え! いのうえ、腹筋すごいね!」
と言われることがあります。

しかしながらそれは日々の猫背なデスクワークでお腹が圧迫され


何年も何十年にもかけて圧迫され続け


出来上がったお腹の筋。



腹筋ではなく筋。
シックスじゃなくスリーパック。

BMI的にはむしろやせ傾向と思っていましたが、このお腹の筋は、あきらかに筋肉不足で脂肪が多い証。

…というわけで日々の努力として、せめてお酒を飲むときだけでも姿勢を正しておこうと思います。
まずは三日坊主を目指します。

  

Posted by いのうえさきこ at 23:59常なる日々

2018年05月07日

やらない三日坊主よりやる三日坊主

「男子三日会わざれば刮目して見よ」
ということわざがあります。
「人は3日も会わないでいると、その間に鍛錬してひとかどの優れた人物になってたりするので、うかうかしてないで目こすってしっかり見とけよ」
てなかんじの意味でしょうか。

これって逆に言うと、気合い入れて努力すれば3日でもある程度の結果は残せるってことで。
とういことは、世間が休んでいる9連休の間仕事していた(はずの)私は、きっと3日×3倍の成果が残せている(はず)。



きょうの雨は私の涙雨です。
  

Posted by いのうえさきこ at 18:29常なる日々

2018年05月06日

全部、青い。

連休中、すばらしいお天気でした。



そして私は予想通り、自宅で夏休み最終日のような一日を過ごしました。




  

Posted by いのうえさきこ at 21:31常なる日々

2018年05月05日

毎日がおとなの日

4日は「日本酒会2018GW〜サケ☆アソビ〜」と称した、「連休真っ最中に予定のない酒好きが推し酒と肴を持ち寄って新宿で飲もう」という突発イベントに参加してきました。

告知は前日だったので、当日集まった10人あまりの大人たちは



突発のわりに、集まった酒はさすがのラインナップ。



滋賀県民は私ひとりでしたが、なぜか3本の滋賀のお酒が。
滋賀、きてるのか?



左から
大吟醸 半蔵 雫酒(太田酒造 三重)
ninja 特別純米(瀬古酒造 滋賀)
↑伊賀甲賀忍者の里対決
マニアックラヴ -refrain-  純米吟醸 (笑四季酒造 滋賀)
29BY番外編3 三連星 純米吟醸生原酒  (美冨久酒造 滋賀)

大吟醸が多かったのもありましたが、どれもこれもふくよかだったりフルーティだったりスッキリ辛口だったり個性が際立っていて最高においしかった。
なので日記更新はさぼってしまいましたが、後悔はみじんもしていません。



誰かの作った鯉のぼりの落とし物に
「こども時代も素敵だけれど、おとなも案外楽しいよ」
とつぶやいてみたりするこどもの日です。

  

Posted by いのうえさきこ at 14:45常なる日々